上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 『メディカルkit R』最大のデメリットを暴くにおいて、『メディカルkit R』に加入しても、一般的な医療保険に加入しても、平均的な損益に大差はない、ということを明らかにしました。

 しかし、このままでは『メディカルkit R』が、積極的に選ぶべき保険なのか、選ばないべき保険なのか結論が出ていません。そこで、健康な人が病弱な人を支えるという『医療保険』の性格を思い返すことで第二のデメリットを説明し、結論を出そうと思います。

 まず、『メディカルkit R』最大のデメリットとは、『 70歳までに入院・手術した場合に、70歳で受け取れる還付金が減額されること 』でした。そのため、『メディカルkit R』はこの最大のデメリットの性格上、70歳までに給付金を受け取れば受け取るほど還付金の額が減っていき、老後の保険料負担が増えていく仕組みになっています。

 入院すればするほど困窮していく家計を給付金で助けてくれるものを『医療保険』と呼ぶならば、『メディカルkit R』は『医療保険』と呼べるのでしょうか。

 例えば、最大のデメリットが完全に発揮されたこんなケースを想像して下さい。そうですね、30歳で『メディカルkit R』(入院日額5,000円)に加入して、70歳までに運悪く150万円の給付金を受け取ってしまったR氏のケースを想像しましょう。

 この場合、還付金の満額は138万円ですから、病弱なR氏には還付金が1円も支払われません

 R氏は病弱ですから、70歳以降も医療保障を欲しています。しかし、医療保険の乗り換えは、引受緩和型となることは必至ですし、高齢になってからの乗り換えは保険料が高すぎて現実的ではありません。

 残された選択肢は、『メディカルkit R』の継続加入しかありません。70歳以降も保障を続けるには、還付金のない一般的な医療保険に比べて割高な『メディカルkit R』の保険料を払い続けなければなりません。

 また、R氏は、現役時代に多くの入院・手術を経験しているため、健康な同僚に比べて稼ぎや貯蓄が少ないことが想定されます。貯蓄の少ないそんなR氏にとっては、『メディカルkit R』の70歳以降の保険料は、まさにダブルパンチとなるのです。

 このように、医療保険の恩恵を最大限受けるべき病弱な人が不利な扱いを受けて損をして、恩恵を受けないでもよい健康な人に最も利益が出るようにできている設計こそが、『メディカルkit R』第二のデメリットなのです。

 よって、最大のデメリットと第二のデメリットを総合して考えるに、『メディカルkit Rは、積極的に加入すべきではない』と個人的には考える次第です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
70歳までに還付金をすべて使ってしまったらその時点で解約すれはいいですよね?
でもそうすると保険がなくなってしまう。
ので、結局貯金がなければ若いときから掛け捨ての保険に入っておかないと歳をとったとき高い保険料を払うことになりますね?
2014/01/24(Fri) 01:00 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。コメントありがとうございます。

ご質問の趣旨が明らかではございませんが、仰るとおり、老後の医療保障も必要とお考えなら、若いうちから加入したほうが有利だと思います。
2014/01/24(Fri) 22:33 | URL  | 管理人⇒名無し様 #-[ 編集]
だいぶ前の記事へのコメント失礼します。
現在、「所得税控除の恩恵を受けたい」という観点から保険の検討中です。
健康で且つ上記事情の者にとっては、
『恩恵を受けないでもよい健康な人に最も利益が出るようにできている設計こそが、『メディカルkit R』第二のデメリットなのです。』の部分はむしろメリットであると思えるのですがいかがでしょうか。
2014/11/18(Tue) 12:27 | URL  | まこ #S0zqXp.E[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

まこ様、コメントありがとうございます。

> 健康で且つ上記事情の者にとっては、
> 『恩恵を受けないでもよい健康な人に最も利益が出るようにできている設計こそが、『メディカルkit R』第二のデメリットなのです。』の部分はむしろメリットであると思えるのですがいかがでしょうか。

私の書き方に問題がありますが、ここでいう『健康な人』とは『還付金が出る70歳まで結果的に健康で医療保険の恩恵を受けなかった人』であって、現時点で健康な人を指しているわけではございません。

基本的に緩和型でない医療保険に加入できる人は、みんな健康な人です。70歳までに大病を患った場合に損する可能性があるということがデメリットなのです。
2014/11/18(Tue) 21:03 | URL  | 管理人⇒まこ様 #-[ 編集]
ご回答ありがとうございます。また、以下長文失礼します。
おそらく「70歳までに大病を患った場合に損する可能性があるということがデメリットなのです」というのは、他の保険に比べてデメリットということかと推測いたします。
私が現在考えているのは、保険商品の本質としての比較ではなく、資金をどう運用するかを考えて本商品を検討しています。
いくつかの仮定のもとで考えています。本商品の発売会社であるあんしん生命は100%倒産しないと仮定で、毎月(or毎年)の資金を円建定期預金・国債などへ投資(ほぼ投資とは呼べないかもしれませんが)することと、本商品を契約して保険料控除(所得600万/年からの控除、40歳~65歳の間、税制不変、給与不変、働き方不変と仮定)の恩恵を受けることの比較を考えたところ、本商品の方がお得かな、と考えている次第です。
どうでしょうか。
(追記)
さらにぴよすけ様のページで勉強したところ、「医療保険に入るなら(損しない終身医療保険)」というページで今まで知らなかった各種終身医療保険があることを知りました。ぴよすけ様の情報衆力及び分析力には大変感謝いたします。そこで提示の保険で且つ月払い・年払い可能な保険も私の目的に合致しそうな気がしております。特に自分へはリターンがないが遺族へリターンが期待できるオリックスの「CURE・S」(→リリーフダブル)が気になっております。もっとも、保険料控除はざっくりと考えると複利ではなく単利で0.5~1.0%の金利付与と考えられ、それだけのメリットのために20~25年も積み立てていくのが本当に得なのか(もちろん保険・保障という商品の本来の性質を加味したら別ですが)現在頭を悩ませています。
なんだか書き込みながら自己解決(解決してないけど)みたいで申し訳ありません。
まだまだ読んでいない膨大な情報がありますので、もっと勉強いたします。ありがとうございます。
2014/11/19(Wed) 00:43 | URL  | まこ #xRS1q4qQ[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

まこ様、コメントありがとうございます。記事が参考になっているようで嬉しい限りです。

私も控除目的での医療保険の加入はメリットが少ないと感じます。メディカルkitRに関しても、控除対象になるのは保険料全額ではなく、リターン特則保険料を除く医療保障部分だけですし。

リリーフダブルについては、介護医療保険控除の対象になるのか私は存じませんので、ご確認下さればと存じます。

仕組みの似た終身介護保険(要介護か死亡で保険金受領)は、介護医療保険控除ではなく一般生命保険料控除の対象なので、リリーフダブルももしかすると介護医療保険控除の対象外かもしれません。
2014/11/19(Wed) 21:12 | URL  | 管理人⇒まこ様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。