苦情の多い保険会社はどこだろう、と疑問に思ったので調べてみました。それでは早速、発表しましょう。

 ランキングは、10万件の保有保険契約数当たり何件の苦情があるのかを調べ、ワースト順に並べました。第1位は最も苦情の多い保険会社、最下位は最も苦情の少ない保険会社です。

第1位  9.1件  ネクスティア生命
第2位  7.2件  三井生命
第3位  6.4件  ジブラルタ生命
第4位  6.1件  メットライフアリコ生命
第5位  4.4件  NKSJひまわり生命
第6位  4.1件  日本生命
第7位  4.0件  アフラック
第8位  4.0件  住友生命
第9位  3.9件  富国生命
第10位  3.8件  プルデンシャル生命
第11位  3.5件  アクサ生命

↑↑↑平均以上の苦情件数↑↑↑
     全社平均  3.4件
↓↓↓平均以下の苦情件数↓↓↓

第12位  3.3件  東京海上日動あんしん生命
第13位  2.9件  大同生命
第14位  2.7件  かんぽ生命
第15位  2.5件  メディケア生命
第16位  2.4件  第一生命
第17位  2.2件  マニュライフ生命
第18位  2.2件  明治安田生命
第19位  2.1件  ソニー生命
第20位  1.8件  ライフネット生命
第21位  1.6件  オリックス生命
第22位  1.5件  富士生命
第23位  1.4件  三井住友海上あいおい生命
第24位  1.2件  アイエヌジー生命
第25位  1.1件  朝日生命
第26位  0.7件  太陽生命
第27位  0.3件  アイリオ生命


 こんな具合になっています。ご自分の契約している、契約しようとしている保険会社は何位でしたか。仮にワースト1位のネクスティア生命に加入していても、そう悲観することもないと思います。

 下半期も来年もワースト1位の座を保っていれば問題かもしれませんが、上半期がワースト1位でも下半期は分かりません。上半期にサーバーダウンなどの突発的な“何か”が起きただけかもしれません。

 それに、出典元の注意事項によれば、「苦情情報を積極的に収集するため、苦情受付窓口を増やし、苦情受付件数が多くなる傾向にある。」ともあります。したがって、善意に捉えれば、苦情が多い保険会社は向上心のある保険会社です。

 逆に、最も苦情の少ないアイリオ生命や太陽生命も、それはそれで「何でこんなに苦情が少ないの? 何かウラがあるのでは…」と逆に不安になりますし。

 いずれにせよ、全社に共通して言えますが、一時期のランキングを見たところで何も確たることは分かりません。くれぐれも悲観し過ぎないで下さい。過去のランキングも示せれば良かったのですが、資料が見当たりませんでした。


出典:平成24年度第1~第2四半期 生命保険各社、生保協会に寄せられた生命保険各社の苦情件数(社団法人 生命保険協会)

調査対象:出典を基に、個人保険と個人年金保険の保有契約件数の合計が50万件を超える保険会社を対象に調査。ただし、ネクスティア生命(5万件)、メディケア生命(8万件)、ライフネット生命(14万件)は、関心が強そうなので調査対象に含めた。なお、全社平均は、保有契約件数に関わらず全社を対象にして算出。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
持病がある場合の医療保険について
はじめまして。
最近、保険の見直しをしており、こちらのブログにたどり着き、参考にさせていただいております。相談に乗っていただけたらうれしいです。
相談に乗っていただく上で私たちの背景を申しますと、子供はおらず、二人暮らしで、おそらくこの先もそうなると思います。また、貯金については持ち家ではなく、賃貸マンション暮らしということと、30代後半の年齢であること、子供がいないこともあり、それなりにたまってはいます。

まず、医療保険についてですが、私も加入するなら長期入院に対応するべきとの考えで、主人(36歳)の医療保険はアリコ(730日型・終身・5000円・先進医療特約付)に加入しました。

問題は私(38歳)ですが、持病があり、おそらく今後新規保険に加入するには条件付きであったり、値段が高くなったりするのではないかと思われます。現在加入している保険は、ソニー生命(低解約返戻金特則付(死亡保障100万)、120日型・60日払済・1万円)で、年間85000円ほど支払っております。
120日型というのもあり、とても無駄に思えます。5千円にすれば、支払額も半分ですが、1入院60万の保障のために加入する必要があるのかと思ってしまいます。解約してその分貯金した方がいいのではと思ったり…。ただ、持病があるため、人よりは入院のリスクがあるのではないかと思われるため、解約して無保険になってしまうこともなんとなく恐いような気がします。

次に、収入保障保険について、あいおい生命の収入保障保険を検討しておりましたが、こちらのブログを読んで、総合収入保障保険のほうが要介護状態等にも対応できるので、生きて障害がある場合のリスクにも対応できるのでいいと思いました。収入保障保険との差が、どれくらいあるかにもよりますが…。今度、代理店に見積もりを出してもらおうと思っております。

医療保険・収入保障保険についてご意見いただけますでしょうか。
2013/04/29(Mon) 17:34 | URL  | パテ #mQop/nM.[ 編集]
Re: 持病がある場合の医療保険について
パテ様、コメントありがとうございます。

まず、医療保険については、難しいですね。普通の医療保険ならば、持病の有無に関わらず。長期入院対応型に乗り換えたほうがよい、解約したほうがよい、と言うところですが、パテ様の場合、貯蓄型の保険で、しかも低解約返戻金期間でしょうから、解約はハードルが高いですね。可能性の著しく低い長期入院に備える為に、目先の十数万円?を捨てることもないのでは、と思うところです。正直、答えに窮しますが、解約して貯金したほうが良い気がします。

収入保障保険に関しては、お尋ねの理由の通り「総合」収入保障保険のほうがよいと思います。しかしながら、そもそもDINKS世帯には死亡保障が要らないと思っておりますので、死亡保障に保険料を支払わないで済む定期介護保険に加入したほうがよい気もします。
2013/05/02(Thu) 14:48 | URL  | 管理人⇒パテ様 #-[ 編集]
管理人様

ご意見ありがとうございます。
管理人様がおっしゃるとおり、現在解約すると1円も戻ってきません。60歳以降は解約すると100万戻ります。
やはり、持病があっても解約した方が得とのお考えですか。
参考にさせていただき、もう少し考えようと思います。

DINKS世帯には死亡保障はいらないとのこと、なるほどと思いながらも、もしもの時に不安なので、総合収入保険も見積もりしてもらおうと思います。
定期介護保険についてはまったく初めて聞きましたので、調べてみたいと思いました。

丁寧にありがとうございました。
2013/05/04(Sat) 01:11 | URL  | パテ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック