三井住友海上あいおい生命の 「 総合収入保障保険 」 の約款から、高度障害、特定障害、要介護、それぞれの状態がどのようなものか記された部分を以下に抜き出しました。

≪高度障害≫
◆両眼の視力を全く永久に失ったもの
◆言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
◆中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
◆両上肢とも手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
◆両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
◆1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
◆1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの


≪特定障害≫(公的障害年金の1級相当の障害のこと)
◆両眼の視力の和が0.04以下のもの
◆両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
◆両上肢の機能に著しい障害を有するもの
◆両上肢のすべての指を欠くもの
◆両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
◆両下肢の機能に著しい障害を有するもの
◆体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの
◆前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
◆精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
◆身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの
◆その他、「 一上肢の機能に著しい障害を有するもの 」 + 「 一下肢の機能に著しい障害を有するもの 」などといった複合的なものも認められる。


≪要介護状態≫
◆常時寝たきり状態で、下記のaに該当し、かつ、下記のb~eのうち2項目以上に該当して他人の介護を必要とする状態
a. ベッド周辺の歩行が自分ではできない。
b. 衣服の着脱が自分ではできない。
c. 入浴が自分ではできない。
d. 食物の摂取が自分ではできない。
e. 大小便の排泄後の拭き取り始末が自分ではできない。

◆器質性認知症と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があり、かつ、他人の介護を必要とする状態


 一読して多くの方が持つイメージとしては、 「 高度障害と特定障害に大きな差異がない 」 「、要介護状態の認定が厳しい 」 といったものではないでしょうか。私はそう思いました。そして、これなら、通常の死亡保険に加入して高度障害だけ保障すれば済むのではないか、とも考えました。

 しかしながら、改めて見直すと、やはり高度障害と特定障害の間には差異があり、特定障害時の保障は必要だろうと最終的には考え直しました。

 高度障害と特定障害の差異としては、例えば、両手がマヒした場合を考えたとき、高度障害に該当するには両手を喪失したと同様の状態が必要なので、両手を微動だにできない状態であることが必要です。一方、特定障害状態では、可動範囲が半分で筋力が半分に低下すれば、条件を満たします。

 また、脳卒中で半身マヒになった場合を考えてみても、高度障害では、腕か脚を喪失していなければならないため、認められる余地がありません。一方の特定障害では認められる余地があるのです。なお、脳卒中などの脳血管疾患は若いうちは関係ないだろうと思われるかもしれませんが、脳血管疾患は30代の死亡原因の5位に位置します。命は助かったものの、脳を半分やられて半身マヒ、なんて事態になったときのことを考えてみて下さい。

 以上のようなことを踏まえると、特定障害でも高度障害と遜色ない程に生活や家計に負担がかかるのだから、特定障害の保障はやはり必要だろうと思うわけです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
死亡・高度障害・特定障害・要介護状態に備えられる同じような保険として・・・

ソニー生命保険
家族収入保険+生活保障特則

もあります。
優良体・非喫煙者割引特則により、割引もあります。

細かいところで違いはあると思いますが、比較対象には十分なりうる保険だと思います。
2013/03/19(Tue) 23:50 | URL  | ああああ #bzb2jBZU[ 編集]
Re: タイトルなし
ああああ様、コメントありがとうございます。

ご指摘のとおりソニーもほとんど同じ設計ですが、私が見積もってもらったときは、あいおいよりもソニーのほうが保険料が高くて…。

人によっては、ソニーのほうが有利かもしれませんね。
2013/03/24(Sun) 21:47 | URL  | 管理人⇒ああああ様 #-[ 編集]
確かにソニーの家族収入保険+生活保障特則はあいおいの総合収入保障より保険料が高いですね。

ソニーのホームページより、35歳男性で年金20万円、保険期間・保険料払込期間25年(60歳まで)で月払保険料は・・・

①最低保証期間5年で10,860円
②最低保証期間2年で10,160円

ですが、あいおいの 総合収入保障保険を同じ条件で保険料試算してみると・・・

①最低保証期間5年で9,345円
②最低保証期間2年は取扱なし

です。某ネット生命と某大手生命の10年定期の保険料の差に比べれば驚くほどの差ではありませんが、同じ保障で保険料が違うというのを実感します。

できれば、あいおいで最低保証期間2年の取扱があれば、さらに保険料が安くなるのにな・・・というところですね。
2013/03/30(Sat) 01:12 | URL  | ああああ #bzb2jBZU[ 編集]
Re: タイトルなし
ああああ様、コメントありがとうございます。

仰るとおり!! あいおいで最低保証期間2年の取扱があれば良かったですよね。最低保証期間にかかる頃には、子供も独立しているし、多額の退職金も出ますし、遺族年金の額も多いですし、別に保証してもらう必要性は高くないですよね。

まして、貯蓄額が上ブレて貯まっていけば、保障期間いっぱいまで契約せずに解約も視野に入るので、その場合は最低保証期間に払った保険料は無駄でしかないですからね。
2013/04/02(Tue) 21:58 | URL  | 管理人⇒ああああ様 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/05(Sat) 13:00 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

あお様、コメントありがとうございます。

あんしん生命の家計保障定期保険就業不能保障プランももちろん検討しました。

しかし、家計保障のほうは、5疾病の就業不能という条件が、あいおい生命の総合収入保障保険における特定障害よりも素晴らしいとは感じませんでしたので、加入しませんでした。

総合収入保障保険よりも家計保障定期保険のほうが有利になる場合というのは、5疾病の入院等で61日以上経過したが、総合収入保障保険の定める特定障害という重篤な状態には該当しない場合です。

特定障害未満の状態を保障してくれることもそれなりに価値があろうかとは思いますが、5疾病以外の疾病や事故も保障してくれて、たとえ5疾病であっても特定障害に該当する場合には保障してくれる総合収入保障保険のほうが私にはメリットが多く感じた次第です。

その上、総合収入保障保険のほうが保険料が安かったのですから、総合収入保障保険に加入しました。
2014/04/05(Sat) 21:43 | URL  | 管理人⇒あお様 #-[ 編集]
管理人さま

あおです。早速のご回答ありがとうございます。

>5疾病の入院等で61日以上経過したが、総合収入保障保険の定める特定障害という重篤な状態には該当しない場合です。

確かにそうなんですね。かなり悩ましいです。特定障害未満の状態であっても、就業できておらず、症状がひどいことには変わりないことが想定されるので、収入保障がなければ家計にダメージを与えると思えるのです。

ただ、5大疾病以外で働けなくなった場合は?となると何も保障されないわけで、そう考えると管理人さんの選択肢もかなり有力ですよね…。
2014/04/05(Sat) 22:59 | URL  | あお #-[ 編集]
先ほどのコメントに追加です。

あと、あんしん生命の、就業不能状態を認定する基準ですが、1「5疾病の治療を目的として、入院している状態」、2「職種を問わずすべての業務に従事できない状態」とありますが、2は厳しいですよね。60日以上の入院となれば、5疾病のうち、脳卒中くらいな気もしなくもないですし…。
2014/04/05(Sat) 23:20 | URL  | あお #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

あお様、コメントありがとうございます。

仰るとおり、5疾病で特定障害に1歩及ばない状態というのが、不安になりますよね。同感です。

それに、就業不能状態を認定する基準で、在宅療養時の「職種を問わずすべての業務に従事できない状態」は厳しいと私も思います。

両保険とも一長一短ですが、やはり総合収入保障保険のほうが保険料が安い点、あらゆる疾病と事故が保障される点において有力に思えるところです。
2014/04/06(Sun) 11:25 | URL  | 管理人⇒あお様 #-[ 編集]
管理人さま

お返事ありがとうございます。やはり「すべての業務に従事できない状態」は厳しいと思われますよね…。

お返事をいただいてから更に調べていたのですが、損害保険のリビングエールはいかがでしょうか。生命保険ではないのですが、内容を見てみると、結構良いような気がしてきて・・・。働けない状態全般を補償してくれて、なおかつ保険料が安いと思われます…。

http://www.shotokuhosho.com/pltd/index.html
2014/04/13(Sun) 19:05 | URL  | あお #-[ 編集]
すいません、死亡の場合の補償がないのですね…(^ ^;
この部分を保障が必要な期間にあわせて定期保険にするか…ただ二つにすると割高の可能性高いですね。根本的な観点が抜けていました…。
2014/04/13(Sun) 19:09 | URL  | あお #-[ 編集]
管理人様
以前ご相談させていただきその後もブログにお邪魔勉強になっております。
ありがとうございます。
あいおい生命の総合収入保障保険に入るところなのですが
ご相談させてください。
A型とB型はどちらが良いでうか?
また、要介護4以上が保険がおりるとのことですが、その認識で間違えないでしょうか?

あわせて、コープの介護保障保険も気になりました。
お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いいたします。
2014/09/05(Fri) 18:38 | URL  | buri #-[ 編集]
管理人様
以前ご相談させていただきその後もブログにお邪魔勉強になっております。
あいおい生命の総合収入保障保険に入るところなのですが
ご相談させてください。。
A型とB型はどちらが良いでしょうか?
また、要介護4以上が保険がおりるとのことですが、にん認識で間違えないでしょうか?

あわせて、コープの介護保障保険も気になりました。
お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いいたします。
2014/09/05(Fri) 20:13 | URL  | buri #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

buri様、お久しぶりです。

> A型とB型はどちらが良いでしょうか?

どちらでも結構だと思います。AとBの差額を計算し、貯蓄として旨味があると思えば、無事故給付金が出るタイプを選択すべきだと思います。

個人的には、この低金利下で保険で貯蓄はナンセンスと考えているので、無事故給付金なしのプランで加入しました。

> また、要介護4以上が保険がおりるとのことですが、にん認識で間違えないでしょうか?

総合収入保障保険の要介護判定は、公的介護保険とは連動しておらず、「要介護4以上で保険が下りる」とは断言致しかねます。

私が、『要介護4以上』などと記載していたのであれば、訂正致します。

> あわせて、コープの介護保障保険も気になりました。

この保険は、費用対効果が大変大きいので、私は加入したいと思います。

ただ、この介護保険があるから、総合収入保障保険は必要ないという話ではないと思っています。

介護保険では、要介護状態は保障されても、障害状態は保障されませんので。
2014/09/06(Sat) 00:29 | URL  | 管理人⇒buri様 #-[ 編集]
管理人様
ご回答ありがとうございます。 
給付金なしの方で進めていたのですがお話し伺え
て良かったです。貯蓄は財形を増やす方向で考えようと思います。
介護4以上とは、保険会社の方から聞きました。
でも管理人様のおっしゃるようにどこにも記載されていなかったのでご質問させていただきました。
加入前に再確認してみたいと思います。
介護保険のこともありがとうございます。この機会にあわせて検討してみたいと思います。介護状態と障害状態のこと一緒に考えていました。よく確認してみます。
またご相談させてください。ありがとうございました。
2014/09/06(Sat) 06:08 | URL  | buri #-[ 編集]
中等度の障害に備えるには?
こちらでも質問させてください。
65歳(定年と仮定して)までの「軽い障害で身の回りのことは出来るが働けない状態」を補償する保険を探していますが、良い商品はありますか?
また、あいおいの総合収入保障と日立キャピタルのリビングエールを検討していますが、どちらが有用だとお考えでしょうか?
2014/09/09(Tue) 22:47 | URL  | 考え中 #-[ 編集]
Re: 中等度の障害に備えるには?
管理人です。

考え中様、コメントありがとうございます。

> 65歳(定年と仮定して)までの「軽い障害で身の回りのことは出来るが働けない状態」を補償する保険を探していますが、良い商品はありますか?
> また、あいおいの総合収入保障と日立キャピタルのリビングエールを検討していますが、どちらが有用だとお考えでしょうか?

軽い障害で働けない状態というのが想像し難いですが、保険会社側が『働けない』と認めるのであれば、各種所得補償保険で保障してもらえると思います。

総合収入は支払条件が重障害に限られているので、お尋ねの要望には応えられないでしょう。リビングエールなら精神疾患に保障上限はあるものの良さそうですね。あとはライフネットの働く人への保険もありますが、これは精神疾患が対象外なのであまり有用とは思えません。

なお、別の質問コメントに対する回答は、勝手ながらyui様の回答に代えさせていただきたいと存じます。私の考えどおりの回答でしたので。
2014/09/10(Wed) 07:57 | URL  | 管理人⇒考え中様 #-[ 編集]
Re:中等度の障害に備えるには?
管理人様、早速のコメントありがとうございます。
私が一番心配するのは、要介護2程度(&LIFEや介護保険などの支払い要件)より軽い状態だが就業は不能(勤労期に収入が無くなる)という状態(脳卒中による片麻痺等)です。
全てを補償することは難しいと思うのですが、なるだけ補償範囲の広い商品を、という事で上記2つを上げさせてもらいました。ライフネットも検討してみたいですが、「いかなる職業においても全く就業ができない状態」というのが、あいまいですね。リビングエールにはかなり厳し目に補足されています。掛金で言えば「働く人への保険」なのですが・・・。もう少し悩んでみます。ありがとうございました。
2014/09/10(Wed) 21:34 | URL  | 考え中 #-[ 編集]
ソニーの家族収入保険
管理人様

はじめまして。二人目の子供が産まれることで
保険について真剣に考えるようになり、
こちらのサイトで色々と勉強させて頂いています。

一番怖いのは主人が何かの理由で働けなくなり、かつ介護も必要で
自分も十分に働けないという場合だなと思うようになりました。
保険の窓口のようなところで相談したところ、ソニーさんの
家族収入保険に最近でた生活保障特則14というものをつけたものを
勧められました。
これが出る以前のものはこのコメント欄でも話題にのぼっているようですが、
この新しいものはどうなのでしょうか?
資料を読んでみたところ、支払事由が明確化されて
詳しく書かれているように思いますが、
詳しいが故に制限が多かったりするんでしょうか。。。

2014/11/21(Fri) 15:28 | URL  | きなこ #-[ 編集]
Re: ソニーの家族収入保険
管理人です。

きなこ様、コメントありがとうございます。

生活保障特則14なんてものが発売されていたのですね。知りませんでした。

身体障害では保障が出るようですが、精神障害は対象外なのですかね。しかし、身体障害の保障範囲は、あいおい生命の総合収入保障保険よりも広いですね。

悩ましいですね。身体障害に至る原因、確率が分からないので何とも言えないです。あとは値段も重要ですよね。私も気になりますので、一度見積もりに行ってこようかと思います。

支払事由については、公的保障に連動させているので、制限が多いかどうかはあまり考えなくてよいとも感じます。
2014/11/21(Fri) 22:26 | URL  | 管理人⇒きなこ様 #-[ 編集]
Re: ソニーの家族収入保険
早速お返事ありがとうございます。
このブログで色々と勉強させて頂いたはずなのに
主人が要介護になったらということばかり気にしすぎて、
そういえば精神障害のことはすっかり忘れていました。
確かに、どうなのか気になりますね。。
聞いてみて何か回答が得られればまた書き込みます。
また管理人様もご相談に行かれた上でのおすすめ度など、
差支えなければアップいただけたら参考になります。
ありがとうございます。
2014/11/21(Fri) 22:45 | URL  | きなこ #-[ 編集]
Re: ソニーの家族収入保険
先日こちらでご相談させていただいたものです。
ほけんの窓口に相談に行って確認し、ソニー生命にも
電話をして聞いてみましたが、精神疾患は対象外とのことです。窓口の方も、身体的なものであればソニーさんのほうが
対象が広くて安心ですけどね…ということでした。
値段は若干ソニーのほうが安い感じでした。
あいおいさんの資料も読んでみたのですが、精神的な疾患に関しては障害等級1級にあたるようなものと同程度、
とされていると思うのですが、これがどんなものなのかあまり想像ができず、
かなり厳しい基準なのではないかと思えてしまいました。
管理人様は実際にこちらの保険に入られているということですが、
精神的な疾患に関しては、どういったものを想定してこちらを選ばれたのでしょうか?
あまりにぶしつけな質問でしたら申し訳ありません。
2014/11/26(Wed) 14:32 | URL  | きなこ #-[ 編集]
Re: Re: ソニーの家族収入保険
管理人です。

きなこ様、コメントありがとうございます。

> 精神的な疾患に関しては、どういったものを想定してこちらを選ばれたのでしょうか?

想定したのは、数年単位の長期入院の主要因である『統合失調症』です。数年単位の入院を余儀なくされる傷病が1級障害でなくて何なのであろうか、という稚拙な推測も反映されております。

いずれにせよ、数年単位の入院は、既存の医療保険でうまく備えることが出来ないので、総合収入保障保険で多少は備えたかったのです。

さて、ソニーの収入保障保険の特則ですが、かなり良さそうですね。身体障害者と精神障害者の数を見てみましたが、あいおいよりもソニーのほうが受け取れる確率が高そうでした。

ただ、保険料が同じくらいなら、受け取れる確率も同じ程度であるのが通常なので、何か漏れているかもしれません。

大変気になる保険ですね。
2014/11/26(Wed) 20:25 | URL  | 管理人⇒きなこ様 #-[ 編集]
Re: Re: ソニーの家族収入保険
ご回答ありがとうございます。そうなのですね。
精神的な疾患は、身体的なものほどはっきりしていないので難しいですよね。。。
あいおいさんのカスタマーセンターにも電話して聞いてみたのですが、
病名を申し上げることはできません、あくまでそう
判断された場合です、といわれるばかりでしたので
とても参考になりました。ありがとうございました!
2014/11/26(Wed) 23:21 | URL  | きなこ #-[ 編集]
ソニー生命の生活保障特則14について
管理人様、

はじめまして。現在保険の見直し中で、
こちらのサイトで勉強させて頂いております。

先にきなこ様よりお話しが出ておりますが、
ソニー生命の「家族収入保険+生活保障特則14」を私も検討中です。

先日代理店で話を聞いてみると、2014年10月から内容に変更があったとのこと。
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/OA06.pdf
・特定障害が3級までと幅広くなった
・同時に保険料も若干引き下げ

あいおいの「総合収入保障保険」と同条件で比較してみると、
ソニー生命の方が若干高いものの大きな差はありませんでした。
(どちらも優良体割引を適用)

【条件】
 契約者:30歳男性
 年金月額:10万円
 保障期間・保険料払込期間:60歳まで

【月払保険料】
 ソニー
  最低保証期間5年:3690円
  最低保証期間2年:3490円
 あいおい
  最低保証期間5年:3525円
  最低保証期間2年:取扱なし

幅広く保障してくれて保険料も比較的安価で、
だいぶ前向きに検討しております。
ただ、どこかに落とし穴がある気がして。。。
精神疾患が対象外というお話もありましたし。

お時間ある時で結構です。この保険に関する、
管理人様のご意見を頂ければと思います。
2014/12/02(Tue) 16:33 | URL  | 保険見直し中 #-[ 編集]
ソニー生命の生活保障特則14について(続き)
ちなみに、終身保険や定期保険などの主契約に
「家族収入特約+生活保障特則14」という
特約として付けることもできるんだそうです。

保障内容は「家族収入保険+生活保障特則14」と同じです。特約になる分、若干割安になるそうです。(主契約に引きずられる分、見直ししにくくなりますが)
2014/12/02(Tue) 16:46 | URL  | 保険見直し中 #-[ 編集]
Re: ソニー生命の生活保障特則14について
管理人です。

保険見直し中様、コメントありがとうございます。


> ただ、どこかに落とし穴がある気がして。。。
> 精神疾患が対象外というお話もありましたし。

約款も簡単には目を通しましたが、ご指摘の通り、精神疾患が対象外なこと以外、落とし穴らしき落とし穴が見当たらないのが正直なところです。

あいおいとソニーのどちらを選択するかは、精神疾患保障の必要性と、2級あるいは3級身体障害の保障の必要性をどう判断するかにかかっているのでしょうね。私も判断に迷うところです。
2014/12/03(Wed) 01:13 | URL  | 管理人⇒保険見直し中様 #-[ 編集]
私も見積りを・・・。
ソニー生命の生活保障特則14が話題になっていたので私もソニーの担当者に見積もりを送ってもらいました。
加入している東京海上の家計保障+長期所得補償(ナイスパートナーロング)と比較したくて。

内容が違うので比較は難しいですが、保険料的にはあまり変わらず・・・迷うところです。(しかし、保険料を同程度にしようとすると、長期所得補償の補償額を20万から10万に減額せねばならず、これは譲れないところです。。)

会社員ならどちらでもいい、でも自営業者ならナイスパートナーの方がいい!と感じました。

障害年金が出たとしても初診日から1年半後から。(国民年金加入の自営業者なら障害基礎年金3級はなし、傷病手当もない)
1年半就業不能はキツイ・・・。

しかも認定は年々厳しくなってきていると社労士の方々も実感されている様子。
http://yamashita-nenkin.com/blog/%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%93%E5%8E%B3%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82/


http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140916150001166

一方、ナイスパートナーは、公的認定などは必要なく、医師の治療を受け、契約時に記載した業務に全く就業できない状態であれば保険が下ります。
美容師・理容師・調理師さんなどが利き腕を怪我し、ハサミや包丁を握れなくなって店を数か月閉めた・・・障害認定が下りるほどではない・・場合でも出るわけです。(基本コース加入者)
復職後も障害が残り20%を超える所得喪失があれば補償。
精神障害も補償(ロングコースはなし 新ロングコースは2年補償)
地震・噴火・津波など天災が原因の怪我による就業障害も補償。などなど・・・。
団体でしか契約できない優遇された補償だと思います。

自営業者さまは、基本コース+ロングコース+生協介護保険で備える方が安心かなと思いました。
(加入するにはお近くの商工会議所に事業者登録する必要があります。)
http://www.jcci.or.jp/hoken/pdf/kyugyo_tokyokaijyo.pdf#search='%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B5%B7%E4%B8%8A+%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC'

ちなみに会社員である我が家は今まで通り、収保+ロングコース+生協介護で続けます。
2014/12/07(Sun) 12:18 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
管理人様
皆様

収入保障保険で迷っております。

・あいおいの総合
・ソニーの活保障特則14
・チューリッヒのプレミアム収入保障 ストレス性疾病保障付就業不能保障特約
チューリッヒなら精神疾患もカバーできるかと思うのですが、どうお考えになりますでしょうか
2014/12/08(Mon) 23:51 | URL  | ああああ #-[ 編集]
チューリッヒのストレス性疾病保障付就業不能保障特約で精神疾患をカバーしたとしても1年か2年では?

ソニーかあいおいかは私なら安い方で決めるかなぁ・・
ソニーの方が安い気が・・。
2014/12/09(Tue) 12:51 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

ああああ様、コメントありがとうございます。

私もyui様と同じ考えです。チューリッヒの特約は魅力に乏しいと思います。

ソニーとあいおいでは、判断に迷うところです。私の中で、結論は出ておりません。
2014/12/09(Tue) 19:44 | URL  | 管理人⇒ああああ様 #-[ 編集]
yui様
管理人様

ご回答ありがとうございます。
チューリッヒのストレス性疾病保障付就業不能保障特約確認したところ精神疾患は2年でした 調査不足でした。
ご指摘ありがとうございました。

無料相談のFPから東京海上日動の
家計保障定期保険を提案されました。(あいおいの扱いもあるところです)
重度5疾病・重度介護家計保障特約付で36歳4500円
重度5疾病(がん、心筋梗塞、肝硬変、腎不全)で60日以上就業不能になった場合(実際には30日+α目から)に受け取れるとの事(他社よりも優れているとのこと)

参考までに 36歳男の10万円/月 保険期間60歳まで無事故給付金なし、の保険料は、
あいおい 総合 5年保障 :3,838円(健康体)
ソンー 5年保障:4020円(非喫煙)
東京海上日動 2年保障:4500円

5大疾病での就業不能のみとはいえ30日+α目から出るのは魅力的なように思えますが
いかがでしょうか?
度々で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
2014/12/09(Tue) 22:27 | URL  | ああああ #-[ 編集]
ああああ さま
>5大疾病での就業不能のみとはいえ30日+α目から出るのは魅力的なように思えますが

会社員であれば、傷病手当が1年半出ますので5大疾病のみの保障は魅力とは思いません。
1年半の傷病手当では、それまでより2/3程度に減収しますが、その程度はいざとなれば貯蓄か親族の力を借りてなんとかなると思います。
問題はその後長引いた場合ですので、幅広く補償されているものの方が良いと思います。大げさに言うと、会社員であれば短期から保障してくれるものより、免責1年半あってもいいから格安で幅広く補償してくれる保険があれば最高です。

5大疾病以外でも長引く事は十分あり得ます。
家計定期からは、所定の介護状態でも出ますが、これにあてはまらない場合も多々あるかと思います。

たとえば、両目や両耳に支障が出れば、仕事内容にもよりますが、就業に支障が出て所得も減るかもしれません。しかし、家計定期の所定の介護状態には至らないかもしれません。

家計定期の所定の介護状態を見てみますと、

常時寝たきり状態で、下記のaに該当し、かつ、下記のb~eのうち2項目以上に該当して他人の介護を必要とする状態

a.ベッド周辺の歩行が自分ではできない。
b.衣服の着脱が自分ではできない。
c.入浴が自分ではできない。
d.食物の摂取が自分ではできない。
e.大小便の排泄後の拭き取り始末が自分ではできない

両目の視力や両耳の聴力どちらかが著しく機能低下したとしても、上記の介護状態まではいかないと思います。全く視力や聴力のない方でも一人暮らしされている人もいますし。
しかし、ソニーの保険をもっていれば、
ソニーが定める支払事由に該当すれば下りる可能性があります。

障害や介護は今後益々厳しくなってきて、なかなか認定されるのは難しくなると思われますが、公的保障に連動しているのはわかりやすいと思います。

あいおいの保障内容の詳細がわからないのでソニーとどちらがいいかは私もわかりません。
管理人さまも判断に迷うとの事なので決めるのは難しそうですね。
約款をよく読み比べて、自分はどちらの保障が欲しいかで決めるしかないと思います。(あまり心配しすぎてもキリがないですし、ついてないよりは安心かなって程度の保険なので、公的保障に連動のソニーの方が私は好みですが・・)

最低保障期間、2年にすれば保険料ももっと抑えれるのではないかと思いますが・・・。

参考までに障害等級表をリンクしておきます。

身体障害者障害程度等級表
http://www.crayon-box.jp/seido/tetyou/toukyuuhyo.htm


追記 ソニーの支払い事由について名無しさまからご指摘を頂き、一部修正させて頂きました。
詳細はパンフ等を熟読してください。
誤解を与えてしまい申し訳ございません。
2014/12/10(Wed) 09:20 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

ああああ様、コメントありがとうございます。今回も、またyui様のご回答に賛同致します。

60日以上の就業不能よりも、ほぼ永続的に就業困難な状況が続いた場合のほうが保険が必要な事態です。従って、あんしん生命よりもソニーやあいおいのほうが優れていると思います。
2014/12/10(Wed) 19:04 | URL  | 管理人⇒ああああ様 #-[ 編集]
yui様へ
ソニー生命保険の生活保障特則14での保険金支払事由は公的年金の障害等級3級以上ではなく、身体障害者手帳の等級3級以上です。

そのため、3級とは・・
両目の視力が、矯正しても0.1以下に減じた場合
両耳の聴力が40センチメートル以上では通常の話声を解する事ができない場合

ではなく、
両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの
両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)

になります。
2014/12/10(Wed) 23:15 | URL  | 名無し #-[ 編集]
名無しさま
ご指摘ありがとうございます。勘違いしていたようです。
パンフにもしっかり「身体障害者福祉法」と「国民年金・厚生年金保険法」の違いを説明されていたにもかかわらず・・
もう一度よく読んでみます。

なお、皆様に誤解を与えてはいけませんのでコメントは修正させて頂きました。
ご指摘ありがとうございました。
2014/12/11(Thu) 07:28 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
ソニー生命家族収入保険生活保障特則14、あいおい生命総合収入保障保険について
こんにちは。

まもなく子供が生まれるので、ソニー生命の家族収入保険生活保障特則14付、または、あいおい生命の総合収入保障保険への加入を検討中です。

こちらで皆様がコメントされている内容を拝見し、参考にさせていただいております。
たいへん勉強になり、ありがたいです。
管理人様の医療保険その他に関する考察も とても参考になります。

さて、コメントと、それぞれの約款を読んで気になったことがあるので、ご意見をうかがってもよいでしょうか?

ソニー生命の生活保障特則14では、主契約の約款では、「身体障害者福祉法での1、2、3級」が年金給付の対象と述べていますが、「特定障害状態」の定義について別表6でみると、「国民年金法施行令第4条の7(昭和61年3月28日政令第53号)別表の障害等級1級に定める程度の障害の状態(下表)があり、かつ、その状態が永続的に回復しない状態」とあります。

けれど、主契約の約款の中で、「特定障害状態についての定義」を「別表6」とは書いていないため、関係ないのでしょうか。
もし、「別表6」にも準拠するのであれば、国民年金施行令の場合、精神障害についても記載があるのでまったく対象外にはならないのですが。

一方、あいおい生命の約款で「特定障害状態」をみると、「特定障害状態とは、国民年金法施行令第4条の6別表(平成13年1月6日現在)の障害等級1級に定
める程度の障害の状態(下表)にあり、かつ、その状態が永続的に回復しない状態」とあります。

ソニー生命の別表6「特定障害状態」と比較して、ごくわずかな違い)準拠する法律の年号が違うためか)だけで、ほぼ同じでした。
「特定障害状態」に関しては、どちらの保険でも同じ条件で保険金が給付されるのでは?とも思いますが、いかがでしょうか。
実際には、ソニー生命にきいてみないとわからないことなので、出産後に落ち着いてからきいてみるつもりですが。

保険料では、私の場合はソニー生命の方が安いです。

ただ、認められる障害にやや違いがあるので、年金10万円ずつ両者に加入するのも一手段でしょうか?

例えば、

・ 要介護状態: ソニー生命の方が詳しい、緩い。
・ 視力 あいおい0.04、ソニー0.05(身体障害者3級)、のため、ソニーが緩い。
・ 聴力 あいおい100デシベル以上、ソニー90デシベル以上(身体障害者3級)のため、ソニーが緩い。
・ あいおいの特定症状状態では、「前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度の病状」として、呼吸器疾患、腎疾患、心疾患、肝疾患、血液造血器疾患、悪性腫瘍、高血圧症、精神障害による障害について、詳しく述べている。
 疾患による障害は、あいおいの方が詳しい。
・ 悪性腫瘍、高血圧症、精神疾患について、ソニーでは年金給付の記載なし。
・ ソニーでは、身体障害者福祉法に基づいて、心、腎、呼吸器、膀胱、直腸、小腸、HIV、肝の各疾患で3級までの障害に該当したとき、保険金が給付される。
 例): 心臓 ペースメーカーを入れると1級。
     腎臓 クレアチニン5mg/dlで3級。
     肝臓  Child-Pugh分類で、3カ月以上グレードC。
         他、肝性脳症、腹水、血清アルブミン値、プロトロンビン時間、
         血清総ビリルビン値によって肝臓機能障害の重症度を評価。
      呼吸器 目安として、動脈血酸素分圧60Torrで身体障害者3級。
           常時呼吸器を要する場合1級、他、スパイロメトリーでも評価。
      膀胱、直腸 ストマ1つだと4級が多い。
      小腸 小腸切除のため、中心静脈栄養を使用。
         栄養所要量の30%以上を常時中心静脈栄養法で行う必要のあるもの。
         3級は、残存空・回腸が手術時、75 ㎝以上150 ㎝未満。
         又は、小腸疾患(クローン病、腸管ベーチェット病、非特異性小腸潰瘍、
          特発性仮性腸閉塞症、乳児期難治性下痢症、その他の良性の吸収不良症候)
          により永続的に小腸機能の一部を喪失。

などです。
(身体障害者認定については、目安が欲しかったので、あくまでも参考程度に調べただけで、必ずしもこの通りになるわけではありません。)

それぞれ一長一短ありますので、迷うところです。

ここからは余談になります。

ちなみに、夫に万が一が起きた場合は、すでに年金額がそこそこもらえるため、遺族・障害年金に退職金と生命保険金で、本来の定年までの間を概ね賄えます。
共働きで、特に夫の定年後、主な収入源となるのは私の方なので、生涯賃金から考慮しても、妻の私に収入保障保険をかけるほうが賢明と判断しました。

私の現在の保険は、昔かけた簡易保険特別終身保険500万円、昔掛けたアフラックがん保険があります。

簡保は、産後に払い済みにしてそのままにするつもりです(総払込保険料<死亡保険金となっており、120日しかないにせよ3777円の入院保障がついているので、新しく生命・医療保険に入り直すよりそのまま放置するほうがいいかと思いました)。
払い済みにすると、死亡保険金はおよそ300万円、交通事故等では600万円弱となります。
払込み保険料290万円ほど、解約返戻金250万円ほど、特約のみ解約で115万円払い戻しだそうです。

アフラックは、産後に解約するつもりです。代わりに、チューリッヒの終身がん治療保険プレミアムを考慮するか、何も加入しないか、検討します。

夫は、昔かけた日本生命の終身保険(定期医療保険部分は保険料が高額なため、あえて更新せず、主契約のみになっています)1000万円(死亡保険金>払込み保険料の2倍以上のため、継続中)、県民共済の掛捨て医療保険(65歳満期)です。
県民共済は、産後に解約しようと思っています。
夫は持病があるので、今後保険に入るのは困難かと思いますが、入るならチューリッヒの終身がん治療保険だけ検討しようかと思っています。

長くなりましたが、ご意見よろしくお願いします。
2014/12/17(Wed) 13:42 | URL  | テパパ #bcoZpsEE[ 編集]
Re: ソニー生命家族収入保険生活保障特則14、あいおい生命総合収入保障保険について
管理人です。

テパパ様、コメントありがとうございます。

ソニー生命の特定障害に関しましては、2種類あるようですね。

1つは生活保障特則14等に関するもので、これは「身体障害者福祉法での1、2、3級」が対象となるものです。

もう1つは、長期平準定期保険に関するもので、これはご指摘の「別表6」が対象となるものです。

従って、やはり精神障害等の部分に関しましては、ソニーは対象外になると思われます。

また、半分ずつソニーとあいおいに加入するというのは良い案だと思います。

なお、余談のお話に関しましても、よく考えておられており、特段の意見はございません。

以上、宜しくお願い致します。
2014/12/18(Thu) 07:18 | URL  | 管理人⇒テパパ様 #-[ 編集]
特定障害状態のなぞが解けました。
ご意見ありがとうございます。

> もう1つは、長期平準定期保険に関するもので、これはご指摘の「別表6」が対象となるものです。

その保険に関する「別表」だったのですね。
なぞが解けました。

約款を比較して、今後の保険契約を検討していきたいと思います。
ありがとうございました。
2014/12/18(Thu) 10:53 | URL  | テパパ #bcoZpsEE[ 編集]
管理人さま
いつもお世話になっております。

>半分ずつソニーとあいおいに加入するというのは良い案だと思います。

私もそう思いますが、20万もいらないなって感じです。
ソニーは、10万からしか無理と言われたのですが、あいおいは如何ですか?オリックスのKEEPも最低10万からでした。夫が現在加入している東京海上 家計定期は5万でも組めました。(現在は出来るかわかりませんが)会社によって違いがありますね。あいおいやソニーも5万ぐらいから組めればいいのにな~と思いました。
2014/12/18(Thu) 11:48 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
yui様
いつもコメントを拝見しております。
たいへん参考になり、ありがとうございます。

ソニーは、最初、年金額月10万円で加入しても、5万円まで減らせるとコールセンターでは話していましたが…。
細かい条件についてはきいてないので恐縮ですが…。
あいおいは、これから資料がくるので、それを見て必要なら問い合わせます。

年金額20万円については、私の万が一の時の、遺族・障害年金を計算し、私の今後の推定収入を加味し、さらに夫の将来的な年金額を計算して、仮定しました。
途中、夫の年金受給開始や、貯蓄の具合、子供の成長に合わせて、年金半額解約等検討するつもりでおります。

高齢出産のうえ、夫は更に年上の年の差夫婦のため、子育て中に老後?がきますので、高めの年金設定としました。

でも、確かにyui様のおっしゃるとおり、20万円も必要ないかもしれません。
また検討してみます。
2014/12/20(Sat) 10:25 | URL  | テパパ #bcoZpsEE[ 編集]
テパパさま
いつもコメントを読んで頂いているとの事、ありがとうございます。そして、情報ありがとうございます。

掛けかえる気はないのですが、どうなのかな?と気になってました。

>ソニーは、最初、年金額月10万円で加入しても、5万円まで減らせるとコールセンターでは話していましたが
…。

同じように、終身ガン治療保険プレミアムも5万まで減額できれば加入も検討したいなと思って聞いてみたのですが、最低10万だそうです。5万から契約できれば(後からでも減額できれば)上乗せしやすいのになぁ~と思いました。

20万もいらないとコメントしましたのは、我が家の場合は・・という意味です。
テパパさまは、しっかりご自分の必要なものを把握してらっしゃるので、必要な額を加入されたら良いと思いますよ。

高齢出産で歳の差ご夫婦なのですね。
私の友人宅も、高齢出産で今から2人の子育て、住宅ローンも今から始まる生活なので、保険の組み立て方は難しいと思います。でも、全く保険に興味ないようで、夫婦揃って「なんとかなるかな~先の事まで考えれない」って性格で、傍で見ていて恐ろしいです(笑)

テパパさまはキッチリ人生設計が出来ているようなので、ご主人さまも安心ですね。
2014/12/20(Sat) 12:41 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
yui様
こんにちは。

>終身がん治療保険プレミアム

私も興味があり、夫婦で加入できたらと思いましたが、保険にかける経費を抑えて貯金したく、保留状態です。
以前、がん専門病院に勤務していたため、陽子線治療、生きている限り継続する化学療法、緩和ケアを受ける方を現実に見ていました(患者全体に占める割合は少ない)。。
なので、そうなる確率は低くてもできれば加入したいなぁと感じます。
確かに、年金額が5万円のほうが、入りやすいですよね。
特に、ある程度年齢の高い人が入りやすくなってよいです。


>20万もいらないとコメントしましたのは、我が家の場合は・・という意味です。

なるほど、そうなのですね。
個々の家庭の事情や考え方で変わることですしね。

yui様のご意見から、「多いかな?」と再計算してみました。
すると、遺族年金の計算間違いを発見し(笑)、夫にも保障をつけたくなりました。
夫まで加入すると家計に余裕がなくなるので、もしものときは公的年金だけで頑張ります。


> 全く保険に興味ないようで、夫婦揃って「なんとかなるかな~先の事まで考えれない」って性格で、傍で見ていて恐ろしいです(笑)

本当に人それぞれですね(笑)
でも、保険に興味がない分、その分を貯蓄に回せるのではないでしょうか。
何かが起こる確率の方が、実際には低いわけですし、無駄に保険をかけずに済んで、貯金できるならそれは良いことです。
高齢出産で、これから2人の子育てと住宅ローンが始まるのでは、本当に大変ですね!
我が家も他人事ではないですが、住宅ローンが終っているのが幸いです。


コメントありがとうございました。
2014/12/20(Sat) 21:41 | URL  | テパパ #bcoZpsEE[ 編集]
ソニー生命の生活保障特則14付家族収入保険に加入しました
先日、主題の保険について投稿させていただき、検討した結果、下記の条件で加入しました。

【条件】
 契約者:30歳男性
 年金月額:10万円
 保障期間・保険料払込期間:55歳まで
 最低保証期間:2年
 月払保険料:2710円

管理人様はじめ皆様のご意見を、勝手ながら参考にさせて頂いていたので、ご報告です。はじめて納得して保険に加入できました。ありがとうございます。

ちなみに、ソニーは年金月額5万円から組めるようですよ。その他の条件が上記と同じ場合、月払保険料:1440円 です。

2014/12/20(Sat) 23:28 | URL  | 保険見直し中 #-[ 編集]
保険見直し中さま
納得して加入できて良かったですね♪

>ちなみに、ソニーは年金月額5万円から組めるようですよ。

私が見積もりをとった時には10万からと言われました。
(テパパさまからのコメントで、後から減額は可能のようですが・・。)
ちなみに43歳です。そういえば、60歳まで・最低保証期間2年でとお願いしましたら2年だと年齢的に61歳までになると言われました。最低保障5年にすれば60歳で大丈夫でしたが・・。
年齢なども関係すると思います。
2014/12/21(Sun) 00:36 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
テパパさま
>でも、保険に興味がない分、その分を貯蓄に回せるのではないでしょうか。何かが起こる確率の方が、実際には低いわけですし、無駄に保険をかけずに済んで、貯金できるならそれは良いことです

そうだと良いのですが(苦笑)

>我が家も他人事ではないですが、住宅ローンが終っているのが幸いです。

それは良かったですね~!!友人宅は年金生活になっても住宅ローンが続き、そしてまさかの予定外妊娠です・・
子育てしてきた私はある程度先がみえちゃうので
すごいな~って思っちゃって。背景がわかっているだけに^^;
他人事なので心配する必要ないんですけどね。
2014/12/21(Sun) 00:59 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック