個人年金保険は、長生きすることに対する保険ですが、むしろ資産運用の面が前面に出された保険です。そのため、保険としての加入するのは、あまりお勧めしません。

 終身年金の場合、ギネス記録に並ぶ120歳(男性)まで生きたとしても、年金受取総額は払込保険料の3倍程です。100歳なら2倍程です。

 受取見込は保険料の2倍、3倍にもかかわらず、解約や減額で元本割れですし、保険料払込期間中に死亡した場合は無利子で保険料が返還されるだけ、年金受給が開始されても、最低でも平均寿命まで生きなくては大きな元本割れです。しかも年金受取時には雑所得として課税されます。

 確定年金にしても、解約や減額での元本割れ、保険料払込期間中の死亡で無利子保険料返還、年金受取時課税という不利な点は同じです。そして何より、年金は10年間しか貰えないので、長生きリスクには対応できません。

 この程度の保険なら、定期預貯金や日本国債での運用で十分だと思います。不測の事態が生じても元本割れしませんし、保険会社が破綻しようと関係ありません。定期預貯金や国債も歌人年金保険よりは遙かに流動性が高いので、高利率の金融商品が見つかった場合の乗り換えも楽々です。

 こんな大した事ない個人年金保険ですが、保険控除による節税には目を見張るものがあるので、預貯金の一部として利用することには有用なのです。預貯金の一部としてなら、やや必要」で詳しくご説明いたします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック