上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ガンで著しく高額な治療費が必要になるのは「自由診療・先進医療」を利用した場合であって、基本は一般の疾病と同様、高額療養費制度の対象です。

 「自由診療」とは、国内未承認薬の使用、レーシック、美容整形など、公的保険適用外の医療のことです。この場合、保険適用外医療行為のみならず、その前段階の診察なども含めて公的保険の適用外となり、全額自己負担です。「先進医療」とは、公的保険適用の一歩手前の医療のことです。そのため、先進医療費は全額自己負担ですが、その前段階の診察などでは公的保険が適用されます。

 まず、自由診療について考察します。自由診療は、「進行ガン」や「再発・転移」時に国内未承認薬という形で行われることが多いです。ガンは有効な薬を投与しても、徐々に耐性ができ効かなくなります。そして、次の新しい薬を投与します。これを繰り返した挙句、未承認薬に手を出さざるを得なくなるわけです。また、疾患部位や個人の耐性によっては、当初から未承認薬を使用せざるを得ない場合もあるでしょう。

 ここで問題となるのが、未承認薬全般の「値段」、「主な対象疾病」、「使用頻度」です。「値段」はピンキリですが、一般的に月に十数万~数十万と言われており、長期間続くことを考えると貯蓄で賄うには無理があります。

 「対象疾病」は、厚労省の「治験実施状況及び未承認薬使用状況についての調査 平成21年」(※1)によると、ガンが42%、難治性疾患が37%となっています。仮にガンが10%ならば、残り90%の傷病を差し置いてガンのみに備える必要性は低かったのですが、42%なら備える必要があると言えなくもないです。

 「使用頻度」は明確には分かりませんでした。前述の厚労省調査によると、治験実施機関のうち、治験以外で未承認薬を使用した機関は32%に上るとのことです。その内訳は、病床が100床未満の機関では0%、100~300床未満では6.1%、300床以上では63.3%とあります。100床未満では0%ということから、未承認薬を使用するような場合は少ないと考えられます。

 次に、先進医療の「値段」、「対象疾病」、「使用頻度」について考察します。まず、「値段」と「使用頻度」ですが、300万円前後もするガンに対する重粒子線治療や陽子線治療が年間1000件程行われています(※2)。ガン患者総数は38万人(※3)のため、確率にして0.26%です。「対象疾病」は、先進医療利用者数に占めるガン患者は68%、治療費総額に占めるガン対象治療費は86%(※2)となっているため、ガン特有と言え、ガン保険で保障する必要性も高いです。

 以上のように、自由診療も先進医療も利用確率は低いものの、利用した場合には貯蓄で賄えない程の高額な治療費を要します。しかも、その高額さ故に、利用することが出来ない患者も少なからずいるため、実際の利用率は多少増加するでしょう。しかし一方で、厚労省はドラッグ・ラグ解消を表明しているので未承認薬は減少するでしょうし、いずれ重粒子線治療も公的保険の適用対象になるでしょう。もっとも、高額な先進医療が新たに追加される可能性はあります。

 ガン保険に加入するなら、一時金や入院保障の検討のみで満足せず、自由診療や先進医療にまで考えを及ばせ、一般的なガンに対応できれば十分なのか、むしろ自由診療や先進医療に備えるべきなのか、検討することも重要です。もっとも、先進医療を付加できる保険は多々あるものの、自由診療となるとセコム損保の「メディコム」ぐらいしかなく、検討の余地は少ないですが。

 個人的には、確率は少ないものの、該当した場合に甚大な負担が生じる事態にこそ保険が必要と考えているので、先進医療・自由診療の保障は必要だと思います。

※1 日刊薬業新聞(平成21年1月26日)、同調査の概要
※2 がんナビ(平成19年2月6日)
※3 厚労省 平成20年患者調査
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。管理人様のブログ、いつも拝見させて頂いています。
今回、来月で40歳を迎えるに当たり、保険を見直そうと思い、相談、アドバイスを頂けると嬉しく思います。

家族構成 私(39歳男、来月40歳) 妻(36歳) 長男(6歳) 次男(4歳) 現在、
現状、住宅ローン支払中。


私(39歳男)
共済(総合保障型)5000円/月(返戻金、払込金額の約25%)

 入院事故10000円/日(184日まで)
 入院病気 9000円/日(124日まで)

 交通障害   (1320万円~52.8万円)
 不慮の事故障害(800万円~32万円)

 交通死亡   2000万円
 不慮の事故死亡1600万円
 病気死亡   800万円

 特約 先進医療 150万円 
    入院一時金2万円
    手術   5万 10万 20万
    在宅療養 4万円(入院を20日以上継続し退院したとき)
    疾病障害 100万円 

長割り定期(東京海上日動あんしん生命)

 死亡 350万円 10010円/月 払い込み期間17年(こちらは、長男の学資保険として)6年目

低払い戻し金型定期保険(アクサ生命)

 死亡、高度障害 350万円 10896円/月 払い戻し期間15年 (こちらは、次男の学資保険として)4年目

低払い戻し金型定期保険 
 
 死亡、高度障害 350万円 10896円/月 払い戻し期間15年 (こちらは、私たち夫婦の将来の積立金として)4年目
 
所得補償保険(会社の団体割引)東京海上日動火災

 就業障害を被った時(身体障害を被りいかなる業務にも全く従事できない状態)に60歳まで月額基準内賃金の70%保障(精神障害は3年)

妻(36歳)
 共済(総合保障保険)3000円/月(返戻金、払込金額の約25%)

 入院事故 5000円/日(184日まで)
 入院病気 4500円/日(124日まで)

 交通障害   (660万円~26.4万円)
 不慮の事故障害(400万円~16万円)

 交通死亡   1000万円
 不慮の事故死亡800万円
 病気死亡   400万円

 特約 先進医療 150万円 
    入院一時金2万円
    手術   5万 10万 20万
    在宅療養 4万円(入院を20日以上継続し退院したとき)
    疾病障害 100万円
子供(長男、次男)
 共済  こども保険 1000円/月

個人賠償責任保険は自動車保険にて加入済み

ここで妻がガン家系の為、現在検討中の保険が、SBIの自由診療タイプのガン診断保険金を除いた契約。(自由診療対策の為)1070円/月
それと、チューリッヒ生命保険の終身ガン治療保険プレミアム、主契約と払込み免除付加と先進医療特約のみ。881円/月
また私が、来月40歳になるため、コープ共済の介護保険とコープ共済の教育費用サポート保険、二人分(1210円/月、810円/月)の5つを契約しようと思っています。

その中で、私たち夫婦が共済保険では先進医療が不安なことと入院期間の短さが気になることから、共済からライフネット生命の自分への保険プラスへ変更しようか悩んでいます。
しかし、変更すると死亡保険がなくなるため、共済の支払金額から自分への保険プラスと新しい生命保険が同じ支払金額ほどになる生命保険について悩んでいるところです。
自分でもいろいろ調べたところ、返戻金を考慮するとそのような保険がなく、このまま共済に加入していこうかとも思案中です。
もし、共済以外で何か良い生命保険が見つかると、妻のチューリッヒ生命の先進医療特約は外すつもりでいます。

また最近、老後の貯えもアクサ生命の低払い戻し金型定期保険だけでは心配になり、住友生命の個人年金保険、たのしみワンダフルも検討中です(10000円/月、21年払いで払込み
65歳より返戻率111.8%)これは、年末控除により税制メリットもあることからです。

以上のことを検討中です。しかし、総支払金額が生命保険を共済のままだと、およそ月額19000円ほど上がってしまうことから、悩んでいます。
そこで、共済に代わる生命保険と個人年金保険、それと現状の保険契約内容についてアドバイスを頂けたら嬉しく思います。
宜しくお願い致します。
2016/03/02(Wed) 17:27 | URL  | アラフォーリーマン #-[ 編集]
はじめまして
管理人様より先のコメント失礼します。
yuiと申します。
40代、子供二人、住宅ローンありと似たような環境だったため、コメントさせて頂きました。

主婦目線から見て、奥様が正社員の共働きでないのであれば、子供の年齢を考えると死亡保障が足りないと思いました。(収入や貯蓄額にもよりますが・・)
私ならファインセーブで200万程度の死亡保障+収入保障保険を一本掛けたいです。

個賠や団体の長期所得補償、低解約型定期での学資や老後資金の確保などなど、我が家も同じように加入しております。
是非、コープの介護保険は安いので加入をおすすめします。教育サポート保険も良い保険だと思います。
私も地域にあれば加入したいです。

年金も・・と書かれていますが、保険料が負担にならないか心配です。途中で何かを解約するような事になるともったいないです。
2016/03/04(Fri) 22:21 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

アラフォーリーマン様、コメントありがとうございます。

> 共済に代わる生命保険と個人年金保険、それと現状の保険契約内容についてアドバイスを頂けたら嬉しく思います。

私もyui様と同じく、一般論として死亡保障が薄いので収入保障保険に加入したほうが良いように思います。(共働きなら現状で妥当な保障額とは思います。)

また、先進医療と長期入院保障なら、楽天ロングと最安医療保険(富士生命のものが入院日額2,000円で組めるとコメントがあったので、これが最安かと)の組み合わせも良さそうです。

個人年金保険は賛成です。保険料控除の枠は使いたいところです。
2016/03/05(Sat) 07:45 | URL  | 管理人⇒アラフォーリーマン #-[ 編集]
アラフォーリーマン様
住宅ローンがおありという事ですが、金利が下がってきているので、借り換えもお得になる可能性があります。金利に0.1%上乗せで「ガン診断」でローン半額になったり、、色々ありますので、保険だけでなく、住宅ローンも視野にいれていくと、トータルで支払額が下がり、保障もUPできる可能性もあります。
我が家も現在、借り換えを検討していて、三井住友信託での仮審査待ちです。。

http://www.smtb.jp/personal/loan/house/karikae/
2016/03/05(Sat) 09:13 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
yui様
はじめまして。
気にかけて頂き、とても嬉しく思います。ありがとうございます。
同じような境遇ということで、とても参考になります。

管理人様

管理人様のブログ上で申し訳ございません。

yui様

共済に加入のままの状態でアドバイスを頂けたのですよね?
そこで質問なのですが、なぜファインセーブの200万円の死亡保障をおかけになるのしょうか?
金額が少ないように感じるのですが...収入保障保険をプラスしても、中途半端な金額に思えるのですが...
とても無知なことを言っているのでしたら、申し訳ございません。
それと、もう一つなのですが収入保障保険でおすすめがありましたら、ご教授お願いいたします。
よろしくお願いいたします。
2016/03/05(Sat) 23:19 | URL  | アラフォーリーマン #-[ 編集]
管理人様
管理人様、コメントありがとうございます。

アドバイス頂けて嬉しく思います。

早速、質問なのですが、管理人様のご教授いただいた楽天ロングと富士生命の先進医療は共済の加入継続ののままでのアドバイスですよね?

ライフネット生命の自分への保険プラスへの変更はどうでしょうか?ライフネット生命だと楽天ロングと富士生命は必要がないように感じるのですが...
月額も2508円で収まるのでしたら良いように感じます。
ただ、10年後の保険料は心配です...
もし、共済での死亡保険も考慮しての楽天ロングと富士生命のアドバイスでしたら、すみません。
お忙し中、大変恐縮なのですがよろしくお願いいたします。
2016/03/05(Sat) 23:41 | URL  | アラフォーリーマン #-[ 編集]
アラフォーリーマンさま
>共済に加入のままの状態でアドバイスを頂けたのですよね?
そこで質問なのですが、なぜファインセーブの200万円の死亡保障をおかけになるのしょうか?
金額が少ないように感じるのですが...収入保障保険をプラスしても、中途半端な金額に思えるのですが...

まず、アラフォーリーマンさまが会社員さまなのか、自営業様なのか、共働きなのか専業主婦なのか、十分な収入や貯蓄があるのか、保険料にどのぐらい使えるのか・・などがわからないので難しいのですが、平均年収ぐらいの会社員さまで、奥様が専業主婦と仮定したとして・・・

200万のファインセーブと申しましたのは、葬儀代程度と思ってのことです。40代の今から、終身保険を掛けるには保険料が高いですし、掛け捨てで、なおかつ、90歳満期がある保険ですので、男性の平均寿命を超えて持てますしいいかなと思いました。ただし、90歳以上生きて長生きした場合は全部無駄になるので、その辺りの割り切りは必要ですが・・・
これを一本持っておくと、現在掛けておられる低解約型定期は全解約して老後資金に使えますしね。
葬式代は現金で用意されているのであれば、ファインセーブはいらないと思います。200万という額は、最低保険額だったと思いますので、とりあえず安く加入しておいても良いかなと思いました。育児費がかかる間は、保険料を抑える為、60歳満期で加入しておいて、育児費が落ち着いた頃に差額を支払い、90歳満期に変更もできます。
共済ですが、我が家は民間の保険に上乗せ保障として、1000円型を掛けています。
なので、1000円型に減額されても良いのではないかと思います。他で医療保険などを加入されますと、保険料の負担が大きいと思うのですが・・・。

収入保障保険は私はオリックスのkeepが好みです。
途中で病気などになった場合、他の種類の保険に無告知で変換できるコンバージョン制度があるからです。
そして、掛けかえる保険の中で、オリックスは掛け捨てで長期保障のファインセーブを持っているからです。
終身保険などは高いので、掛けかえるにも費用が負担になりますので・・・。
こんなページを読んでみてください。↓
http://profile.ne.jp/w/c-67142/

ただし、Keepは月額10万からなので、5万程度で良いのであれば、他社になりますね。。

所詮、素人のコメントですので、どうぞ一度プロにご相談されてみてくだい。
2016/03/06(Sun) 21:02 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
yui様
住宅ローンの借り換え、私も思案しているところです。
現状、全期間固定32年1.7%(3大疾病特約、高度障がい特約込み)にて住宅ローンを借りています。
諸経費込でよりお得な住宅ローンを探しているところです。
三井住友信託の住宅ローン、とても魅力に感じます。
早速、検討させていただきます。ありがとうございます。
それと、yui様にご教授いただいた死亡保険200万円なのですが、葬式代だけでも・・・ということですよね。
管理人様のブログを読み返し、理解することができました。
子供の手のかかる時期に収入保障保険でまかない、その後の死亡に関しての保障ですね。
ただ、保険料がファインセーブ200万円の死亡保障(90歳まで)+収入保障保険(10万円、65歳まで)で
試算したところ5924円でした。それに、ライフネット生命の自分への保険プラス(2508円/月)で8500円/月
ほどになり、気になっているところです。この金額は妥当なところなのでしょうか・・・
家族全員でおよそ4.8万円/月くらいになります。(年金保険は入れていません悩みどころです。
しかし、yui様にいろいろ教えて頂き、保険の契約の先が見えてきました。とても感謝しています。
もし、yui様もブログを開設していらっしゃるなら、拝見させていただきたいです。
2016/03/08(Tue) 00:26 | URL  | アラフォーリーマン #-[ 編集]
アラフォーリーマンさま
全期間固定で1.7%は安いとは思います。
全期間固定の安心感ありますしね。
でも私なら借り換え検討します。
下の子が4歳なので、20年固定ぐらいにしたとして、
三井住友信託であれば3月の金利は1.1%です。我が家は10年固定0.5%を申し込み中です。(ただ、4月以降はどうなるかわかりません。)
残高にもより諸費用は変わりますが、上乗せして借りて組み直しても、支払総額はかなり節約できる可能性がありますね。
借り換えて安くなった分を繰り上げ返済していけば、お得だと思います。

諸費用額は各銀行によって違いますので、色々とシュミレーションしてみてくださいね。
(申し込みしてから仮審査や本審査に日数がかかりますので、今!と思った時期がきたなら、仮審査だけでも申し込まれた方が良いかと思います。後でキャンセルもできますし)

収入保障ですが、下のお子さまが4歳ですし、60歳もしくは20年でも良いのではないでしょうか?
支払保証期間を1年にしても、保険料は下がりますし、
他社で、月5万ぐらいを見積もってもらうのも良いかもしれません。月5万を契約しておくだけも、今よりはだいぶ保障はUPします。

金額が妥当かどうかは人それぞれの価値観によっても違いますし、ご自分が徹底的に比較してみて、これならと思うものでご加入ください。

自分への保険プラスというのは私はよく存じませんが、更新型なら好みではありません。
10年後、もう50歳です。
色々と体にもガタが出てくる頃・・・新たに終身医療一本欲しいと思っても加入出来ない可能性もあります。

ほんとは、余裕があるのであればですが、ファインセーブは500万ぐらい掛けたいですね。(我が家は夫500万、私700万です。)
掛け捨てにした保険分を死亡保険で取り戻すためです。夫婦で加入しておくことでお互い受け取れる確率は上がります。。

ファインセーブを上げ、収保を少な目に、医療保険は先進医療だけの為に管理人さまが書かれてた日額2000円~組めるものなどで安く組まれて、あとは医療貯金をしておく・・・っていう持ち方もあります。

私はまったく分野が違うHPを出してましたが、今は閉鎖しました。。飽きちゃって(笑)

追記
全期間固定ということですが、もしフラットならフラットでの借り換えも検討してみてくださいね。

http://isolf.com/kaisetu/kiso/flat35-2/947-flat35karikaeson

(注)↑上記のサイトは楽天銀行をおススメしていますが、団信料が別途かかるようなので注意が必要です。
色々な銀行で比較してみてくださいね。
2016/03/08(Tue) 08:02 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
yui様
いろいろ教えて頂き、ありがとうございます。
管理人様のブログ上で、こんなにも親切に顔も見たことのない他人の為に、ここまで親身に親切に教えて頂き、よい感謝の言葉も見当たりません...本当にありがとうございます。

保険というのは、とても奥が深く勉強していて楽しくなってきます。そして、より安くよりお得な保険を探し選択することが楽しみになってきます。
もう少し、早い年齢から真面目に考えていたらよかったと、後悔もしています。

さて、収入保障保険を月額5万円に設定し、死亡保険を別にする方法、私の現状考えている理想にとても近い金額になりそうです。
ただ先日なのですが、会社の組合の共済にて65歳まで、4000円/月で死亡、重度障害2500万円という安い共済がありました。(詳しい資料がないため、中身まではわかりませんん)今、資料を請求しているところなのですが、医療保険も含めて再検討してみたいと思います。(詳しい詳細がわかりましたら、報告させていただきます)yui様のおっしゃる通り、50歳にて4500円程の医療保険を更新することにはちょっと勇気が必要です。(妥当な金額なのかもしれませんが...)
やはり、私は医療保険のない事が不安でして、貯金をできる限り住宅ローンの繰り上げ返済にまわしたいと考えています。
yui様のアドバイス通り、私も三井住友信託とフラット35をSBIにて申し込みたいと思います。(私は労働金庫にて住宅ローンを組んでいます。)

yui様、管理人様にいろいろアドバイスを頂き、我が家は安心して暮らせる日々が送れると思います。本当にありがとうございます。
yui様、もし何かしらのブログを開設する事がございましたら、お知らせ頂けるととても嬉しく思います。

管理人様
管理人様のブログ、とても勉強になり自分の知識の幅を広げることができました。ありがとうございます。これからもブログの更新、継続、大変な事ですがよろしくお願いいたします。

2016/03/11(Fri) 14:33 | URL  | アラフォーリーマン #-[ 編集]
アラフォーリーマンさま
お返事ありがとうございます。

保険や住宅ローンは、何が正解というものはありませんが、管理人さまや私の書いたコメントで、アラフォーリーマンさまが少しでも深く考えるきっかけになったのであれば嬉しく思います。
なんとなく言われたままの保険に入り、住宅ローンも借りたままの方は意外と多いのです。

出来るだけ繰り上げ返済をしたいとの事ですが、貯蓄とのバランスには気を付けてくださいね。(気を付けておられるかと思いますがスミマセン)
今は超低金利ですし、そんなに急いで繰り上げに励まなくてもいいかなって思います。
返済しながら、万が一の貯金をして(特にお子様がまだ小さいので)10年とか15年固定が終わる時や金利上昇時に一気に繰り上げても良いと思います。

色々な考え方がありますが、お互い、無事に住宅ローンを返済し、子育て終えれるよう頑張りましょうね☆

2016/03/11(Fri) 23:17 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: 管理人様
管理人です。

アラフォーリーマン様、再度のコメントありがとうございます。

一定の結論に至っているようで、私も支持しますが、ご質問のあった部分にはきちんと答えておきたいと思います。

> 早速、質問なのですが、管理人様のご教授いただいた楽天ロングと富士生命の先進医療は共済の加入継続ののままでのアドバイスですよね?

言葉不足で申し訳ございませんでした。共済は解約前提でお話し致しました。収入保障保険とロング&富士生命に加入すれば、もはや共済に魅力的なものは残っていないやに感じます。


> ライフネット生命の自分への保険プラスへの変更はどうでしょうか?ライフネット生命だと楽天ロングと富士生命は必要がないように感じるのですが...

ライフネットに関しましては、「子育て期間に限って加入する」などの時限的な利用であれば大変優れていると思います。一方で、もし「老後の入院や先進医療も不安が。。。」とのお考えが強いのであれば、現時点でライフネットに加入してしまうと、将来的には終身型への乗り換えハードルが高くなってしまうので、その場合の選択肢の一つとして終身型のロングと富士生命のプランをご提示致しました。

何から何まで言葉足りずで申し訳ございませんでした。
追伸。ブログの更新頑張ります!!ただ、ネタ欠乏中ですので、ご容赦下さい。。。
2016/03/12(Sat) 07:43 | URL  | 管理人⇒アラフォーリーマン様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。