上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 生命保険で一番重要なものが保障額の設定です。「死亡後収入」から「死亡後支出」を引いて算出される赤字が必要保障額になります。きちんと計算すると意外に「生命保険は不要」となる方も居ますので、個別に算出してみましょう。
○死亡後収入
・遺族年金
 詳しくは「生命保険は必要(遺族年金)」でお願いします。なお、遺族年金が支給される場合、児童扶養手当は支給されません。

・勤労収入
 遺族が働く場合…と言いますか、働ける期間は働くことを前提に想定収入を計算しないと大変な額が必要になります。

・子ども手当(児童手当)
 不透明ですが、中学校卒業まで月額1万円ですかね。

・死亡退職金

・現在の貯蓄
○死亡後支出
・遺族生活費
 一般的には今の生活費の7割です。子ども独立後も同様に減額していきます。

・遺族住居費
 賃貸の場合は、「平均余命までの賃料」が一般的ですが、「安い中古住宅・マンションの購入額+維持管理費」としたほうが長い目で見て安心でしょう。ただし、実家に戻れるのであれば戻ったほうが良いです。
 住宅ローンの場合は、金融機関との契約上、団体信用生命保険に当然加入しているハズなので固定資産税等の維持管理費のみです。

・子どもの教育費
 子ども一人当たり、オール公立で1000万円(塾代等込み)、オール私立で2200万(同)が相場です。参考に、あんしん生命のHPを紹介しておきます。他にも「教育費 平均」等で検索すれば多々ヒットしますので参考にして下さい。万が一の場合を想定するのですから、奨学金の活用を前提とするのも良いでしょう。

・公的保険
 国民年金(約1.5万円)、国民健康保険料の支払い。

・死亡整理資金
 墓なし250万円、墓あり500万円程度が相場です。しかし、個人の死亡観に左右されますので、葬儀の方法と墓について少し検討して下さい。また、死亡整理資金専用保険として別途終身保険などに入る方法もあります。
 個人的には、葬儀については、儀礼的で嫌いなので直葬(死亡即火葬)、最高でも家族葬が希望で、墓についても、あんな暗所に閉じ込めないで海へ散骨してほしいと考えており、100万円もあれば足りそうなので計上する必要はないかなと思っています。
 以上の項目を埋めることで、保障額が算出されたと思います。しかし、その保障額で10年定期型保険などに契約することは無駄が多いので止めてください。先ほどの計算で算出された保障額は現時点のものです。1年後に死亡した場合は、死亡後支出が1年分不要になりますので、その分保障額は低くなります。ついては、保障額が右肩下がりの保険に契約することが合理的なので、「生命保険は必要(逓減定期と収入保障保険)」で詳述します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
生命保険の選びわけについて
ぴよすけさん いつも勉強させていただいてます。最近、私と姉、妹が立て続けに結婚、出産を迎え、改めて生命保険の入り方を考えていまして、「ローコストで最低限の保障」として以下のように選び分けを考えているのですが、考え方として大丈夫かどうか、落とし穴がないかどうか、よろしければご意見いただけないでしょうか。お願いいたします。

~~~

★定期保険の考え方 (なるべくローコストで備えたい共働き世帯向け)

第一子が生まれたタイミングで加入。子どもが小さいうちは妻が働けないので10年定期で1000万円保障とする(30才男性で約1000円)。貯蓄や死亡退職金、遺族年金を合わせても夫の死後約5~6年、小学校入学頃までは生活できる。その間に妻も働くメドを立てる。

10年たったら(第一子が10才)、この時期は妻も働きやすくなるので今度は500万円の10年定期で更新(40才男性で約1000円)。夫が亡くなったら学費は奨学金制度を活用。第一子が成人したら家計をともに支えてもらう。

※更新の際、二人目以降の子どもがいるなら保障額は500万円でなく1000万円で更新(40才男性で約1700円)。生活費や学費に不安があるなら保障額を上乗せして考える。

★終身保険の考え方 (掛け捨てしたくない!貯蓄に余裕のある世帯向け)

毎月の保険料支払いの上限を1万円とすると、60才払済で保障額は500万円程度しか得られない。よって必然的に夫の死後数年ぶんの保障しか得られず、妻は夫の死後、早めに仕事に就いて世帯収入を支える必要がある。学費は奨学金制度を活用。

掛け捨てでないかわり中途解約リスクを抱えることになる。貯蓄性は期待せずあくまで「死亡保障が欲しいけど掛け捨てはどうしても嫌」という人向け。なるべく若いうちに低解約返戻金型に加入して月々の保険料負担を抑える。

※こちらも共働き世帯向け。ただし子どもが幼いうちに夫が亡くなった場合の保障額が少ないこと(500万円)と中途解約リスクがあるので、ある程度貯蓄に余裕のある世帯向け。

★収入保障保険の考え方 (専業主婦で子どもの成人まで長めに生活を保障したい世帯向け)

妻が専業主婦で夫の死後から数年以内に家計を支えることに不安があるなら、第一子の成人までの生活保障を目安に、定期保険よりも効率良く保障できる収入保障保険で備える。

遺族年金もふまえて年金月額10万円を最低限の基準とする。第一子出産の妻の上限年齢を35才、第一子が20才になるまで給付を受けることと考え、保障期間は夫婦の年齢差を基準に以下のように選び分ける(夫が30才で加入するとして計算)。

妻が年上or同い年のケース→保障は夫55才まで(月額約1800円)
妻が5才年下→保障は夫60才まで(月額約2400円)。
妻が10才年下→保障は夫65才まで(月額約3000円)。

保険加入は結婚と同時になるべく早い時期に。基本は子一人なら月額10万円で備え、第二子、第三子の予定がある、あるいは生活費や学費がさらに必要と感じるなら15万円、20万円に上乗せして考える。

~~

いずれのプランを選ぶにしろ、厚生年金に加入しているかどうか、持ち家があるかどうかで必要保障額は変わるのでこの2点も踏まえて考える。

以上です。ご検討いただければ幸いです。
2014/10/27(Mon) 17:32 | URL  | どんきほーて #-[ 編集]
Re: 生命保険の選びわけについて
管理人です。

どんきほーて様、お久しぶりでス。コメントありがとうございます。

いずれも素晴らしい考え方だと思います。特に、保険だけで生きていこうとしない自助努力が前提なことに大変共感します。

その上で思ったことを述べさせていただくと、あまり大した指摘ではございませんが、気になったのは保険加入のタイミングです。

どんきほーて様は第一子誕生時点と考えておられるようですが、私は最悪でも妊娠が判明した段階、可能であれば子作り活動期に入った段階で加入したほうがよいと考えます。

他にも、定額定期に加入するぐらいなら収入保障保険に加入して保険金を一括受取したほうが有利ではないのか、とも思いましたが、この点はまだ考えに確信が持てませんので、気付きの点として申し添えるだけに致します。
2014/10/30(Thu) 22:34 | URL  | 管理人⇒どんきほーて様 #-[ 編集]
ぴよすけさん、評価いただきありがとうございます。

>保険だけで生きていこうとしない自助努力が前提なことに大変共感します。

そうですね。姉、妹がもともと専門職だったことや、妻を老後まで保障するならばかなりの額を掛け捨てすること、60才までの死亡率が1割未満であることを踏まえると、基本的には60才以上生きられるほうに「ベット」して、もし万が一のことがあっても「最低限、生活を立て直せる保障」をなるべくローコストで備えるほうが合理的と見て考察しました。

今後も引き続き勉強させていただきます。よろしくお願いします(^^)
2014/11/02(Sun) 17:00 | URL  | どんきほーて #-[ 編集]
「つづけトク終身」と「&LIFE~」の比較
ぴよすけさん、お世話になっております。

「低解約返戻金型」で「積立利率変動型」の2商品「つづけトク終身」と「&LIFE積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型)」の比較評価についてご意見伺えますでしょうか。

それぞれの最低保証利率は「&LIFE」が年1.25% 「つづけトク終身」年1.5%

「つづけトク終身」は死亡保障金は固定で解約返戻金のみが変動。「&LIFE~」は両方が変動。

利率の見直しは「つづけトク終身」は10年ごと、「&LIFE~」は一ヶ月ごとになされる。

インフレリスクへの対応を重視した場合には、最低保障利率こそ高いものの利率が10年に一度しか見直されず死亡保障金も固定の「つづけトク終身」は「&LIFE~」に劣るのではないかと思えたのですが、いかがでしょうか。

ご意見いただければ幸いです。
2014/12/09(Tue) 02:05 | URL  | どんきほーて #-[ 編集]
Re: 「つづけトク終身」と「&LIFE~」の比較
管理人です。

どんきほーて様、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

私もどんきほーて様と同じ考えです。今の日銀の対応を見る限り、この低金利が続くとは考え難いですし。

少なくとも、この低金利を10年間固定させる時点で「つづけトク終身」のほうが分が悪いように思います。

また、インフレリスクという面においても「&LIFE~」のほうが良いですよね。
2014/12/09(Tue) 19:50 | URL  | 管理人⇒どんきほーて様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。