上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 貯蓄型で円建の学資保険は多々ありますが、大きく分けて2種類です。まず、アフラックやソニー生命が販売する「被保険者が子どものタイプ」と、アクサ生命やあんしん生命が販売する「被保険者が親のタイプ」に分けることが出来ます。結論としては、受取額に大差はないですが、後者が保障的に圧倒的に有利です。

 前者は、親の死亡時には以後の保険料払込が免除され、子どもの死亡時には支払った保険料が戻ってきます。後者は、親の死亡時には死亡保険金を受け取れ(当然、死亡後の保険料払込は無し)、子どもの死亡時には特に何もありません。

 さて、子どもの出生と同時に35歳の父親が契約したとして、ソニー生命の「学資保険スクエア」とアクサ生命の「低払いもどし金型定期保険」で試算してみましょう。

①ソニー生命
月額保険料:14,176円
保険料支払期間:17年
払込保険料総額:289万円
受取学資金:320万円
返戻率:110.6%

②アクサ生命
月額保険料:15,325円
保険料支払期間:15年
払込保険料総額:276万円
解約返戻金:315万円
返戻率:114.4%
死亡保険金:500万円

 いかがですか。払込み期間が2年異なるため月額保険料も異なりますが、返戻率に関してはアクサに軍配が上がります。また、親の死亡保障に大きな差がある点が重要です。親が死亡した際に受け取れる保険金はアクサが500万円、ソニーが320万円です。仮に保障期間中に死亡した場合、ソニー契約者はアクサ契約者に比べ180万円も大損することになります。しかも、ソニーは子供が18歳になるまで学資金が受け取れませんが、アクサは死亡時に保険金がすぐに受け取れます。

 完全にアクサに劣るソニーですが、ソニーが有利な面もあります。中学や高校入学時に学資金の一部を振り分けることができる点(返戻率は低下)、中途解約しても概ね払込保険料と同額返ってくる点です。

 アクサは、低払いもどし期間という中途解約時に大きな損をする期間が設けてあるため、そのような弾力的な設計はできません。しかし、アクサは18年目以降も契約を続けることが可能なので、「解約返戻金の半分を入学金に、もう半分は保障継続」や、他で入学金が賄えた場合に「65歳(上記契約の場合、返戻率は134.7%まで上昇)まで保障継続し、その後は個人年金のように分割して受け取る」といった弾力的な対応は可能です。

 なお、返戻率を上げる払込み方法も、ソニーは年払い、一事払い、アクサは年払い、全期前納払いができるので大差ないです。同じく返戻率を向上させるアフラックのような10年間短期払いは、アクサでも可能なので、この点でも大差はありません。しかも、ソニーの一時払いやアフラックの10年短期払いは、親の死亡時の払込免除による利点を制限するというデメリットを伴いますが、アクサの場合は何らデメリットを生じません。

 以上のように多くの点でソニーより有利なアクサですが、一つ弱点があります。それは、子どもの死亡時の保障がないという点です。しかし、私もそうですが、「仮に子どもが亡くなっても親が現役であれば葬儀費等で短期間厳しいかもしれないが特段の保障は不要」と考える方であれば、必ずしも弱点とは言えません。こんな弱点に比べれば、親の死亡時に180万円も損するソニーの弱点のほうが致命的です。

 まとめると、低解約返戻期間に絶対解約しないという範囲の契約であれば、「被保険者が親のタイプ」で契約することが有利です。次回は、同タイプを掘り下げて「学資保険はやや必要(低解定期と低解終身)」です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ご相談です
管理人様

はじめまして。
保険選びで悩んでいるところ、こちらのブログを拝見しました。参考になる事項ばかりで、勉強させていただいております。

さて、子ども(第一子・7月で2歳)の学資保険を検討しているのですが、相談させてください。

現在の景気回復の流れによって、今後返戻率のアップは期待できるものでしょうか。もし上がるのであれば、それまで待ったほうがよいのではと考えてしまいます。

また、返戻率で商品を選定していましたが、親の生保を兼ねると、この記事で気付かされました。
ちょうど生命保険も検討していたのですが、学資保険とは別物と考えていたため、改めてそれぞれの加入商品に悩んでいます。
そこで、現状も変わらず学資保険はアクサがお薦めでしょうか。あらたにお薦めの商品がありましたらご教示いただけないでしょうか。

男性32歳(既婚)
<候補>
  学資保険:
    ソニー生命「スクエア」
    ※250万を設定予定で、100万程を有期前納したいと考えています

  生命保険:
    メットライフアリコ「スーパー割引けんこう定期保険」
    ※非喫煙優良体(ファーストクラス)で、2000万を20年で設定


ざっくりとした内容で申し訳ありません。
素人のため、判断に不足な情報がありましたらご指摘ください。

尚、今のところ医療保険は入っておらず、SBI損保のがん保険に加入しています。
経済的にあまり余裕がないので、なるべく保険料は抑えたいです。
将来的には子供をもうひとりと考えています。

不躾なお願いで大変恐縮ですが、お知恵をお貸しください。
何卒よろしくお願いいたします。
2013/05/15(Wed) 00:18 | URL  | non #T80B0OTU[ 編集]
Re: ご相談です
non様、コメントありがとうございます。同じ子育て世代、頑張りましょう!!

個人的には、今の状況で学資保険含め、貯蓄型保険に加入するのは得策ではないと思います。金融庁サマが標準利率を引き下げたので、4月から貯蓄型は悲惨です。

そして、個人的にはアベノミクス&インフレターゲットは8割方成功すると思っていますので、今の時点では貯蓄型保険に加入せず、お金を貯めておき、来る将来、その貯蓄を使って数年分まとめて前納して契約したほうが良いと思っています。

ですから、もし今、学資保険に加入するのでしたら、アクサのフェアウィンドではなく利率変動型のほうが良いと思います。低解約返戻金型終身保険というやつです。色んな保険会社で扱っています。アベノミクスなんて失敗すると思われる場合は、フェアウィンドなどの低解約返戻金型定期保険が良いと思います(固定利率なので金利が上昇しても恩恵はない。その代わり、変動型より利率は高め)。

いずれにしても、返戻率が最も高いものを選べば良いと思います。私が見積もってからだいぶ経ちますし、低解定期の分野でアクサが1番かどうかもよく分かりません。

それと、生命保険は収入保障型のほうが有利ではないですか? 先入観かもしれませんが。
2013/05/17(Fri) 20:56 | URL  | 管理人⇒non様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。