野中氏のブログ(国内保険編)にて、野中氏が加入している医療保険の保障内容が公開されています。また、生命保険格付協会のHPにも保険の達人が契約する医療保険の保障内容が公開されています。この内容を巡って私のブログに来て下さる方が多いようなので、少し考察したいと思います。

 野中氏の保障内容は、記事の度に入院日額や月額保険料が変更されており、どれが正しいのか、どれも正しくないのか分かりませんが、「2011/3/25(金)午後2:59」の記事によると、次のとおりです。

被保険者:32歳・男性
契約年:1995年(平成7年)
入院日額:15,000円
1入院支払限度日数:730日
通算支払日数:730日
手術給付金:日額の10倍~40倍
死亡保険金:日額の100倍(解約返戻金のほうが多い場合は、解約返戻金額)
保険料月額:12,000円
保険料払込期間:60歳まで
保険期間:終身
60歳時総払込保険料:403万円
60歳時解約返戻金:330万円
70歳時解約返戻金:430万円
80歳時解約返戻金:480万円
85歳時解約返戻金:520万円
90歳時解約保険金:570万円

 「協会」の公開している保障内容は、現時点で契約可能なものか分かりませんが、概ね上記と同じ形態なので、おそらく同じ時期の同じ契約を基盤としたものなので割愛します。

 さて、まず第一に、この保険に現在加入することは出来ません。なぜならば、当時の生保の予定利率は3.75%程、一方不況の現在は1.75%程だからです。生保は予定利率での運用を約束して私達と契約するため、利率が高いほど保険料が安くなり、解約返戻金も多く貯まります。

 つまり、現在の予定利率で払込総額を超える医療保険契約は不可能なのです。野中氏も「2011/1/13(木)午後1:33」の記事で「新規の契約はできません」と明言しています。

 それはそうと、過去の話をしていても始まらないので、上記と似た医療保険が現在あるのかということですが、ソニー生命の「総合医療保険」が挙げられます。保障は次のとおりです。

被保険者:35歳・男性
入院日額:5,000円
1入院支払限度日数:730日
通算支払日数:1,000日
手術給付金:日額の10倍~40倍
死亡保険金:日額の100倍(解約返戻金のほうが多い場合は、解約返戻金額)
保険料月額:6,910円
保険料払込期間:60歳まで
保険期間:終身
60歳時総払込保険料:207万円
55歳時解約返戻金:122万円
65歳時解約返戻金:163万円(ほぼピーク。以降は減少していく。)
75歳時解約返戻金:162万円

 残念ながら返戻率は8割弱で、100歳頃には50%程にまで落ちてしまいます。ただ、通常の掛捨終身医療保険のように全額損する可能性がないのは魅力的です。他にも損しない医療保険はありますので、「医療保険に入るなら(損しない終身医療保険)」で紹介します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
あぁ・・・
カナダの保険を代理店として大々的にアピールしてた野中幸市か。。。懐かしい笑
2011/11/12(Sat) 00:08 | URL  | rt #K47MgfVQ[ 編集]
戻りがある=損はしないという考え方が根本的に間違ってる
2012/10/04(Thu) 17:49 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
保険には多様な考え方があるため、「根本的に間違っている」と断言できないと考えます。
2012/10/19(Fri) 22:24 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
カナダの保険の戻り率を教えてください
カナダの保険の戻り率、今現在はいかがですか?
2012/10/28(Sun) 15:21 | URL  | 絶対もうかるカナダの学資保険 #-[ 編集]
Re: カナダの保険の戻り率を教えてください
> カナダの保険の戻り率、今現在はいかがですか?

この答えを私は存じ上げません。野中氏ご本人にお伺い下さい。
2012/11/19(Mon) 21:19 | URL  | 管理人⇒絶対もうかるカナダの学資保険様 #-[ 編集]
見直しを機に保険は掛け捨てないタイプの商品でと考えになり、色々悩んだ結果、医療保険は不要と考える者です。(貯蓄で備える)
ただ必要と感じる死亡保障・3大疾病保障(ガン目的)は返戻率が高い貯蓄性のあるもので検討中です。
先進医療特約の必要性も感じており、医療保険に加入し特約をつける方法しかないですよね?結果ソニーの総合医療保障にたどり着きました。
主人:男性36歳60日5000円60歳払い込みで検討しておりましたが、60日では少ないですか?「1入院支払限度日数:730日」にした方が良いのでしょうか?
2013/02/18(Mon) 14:26 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

まず、入院日数については、もちろん730日のほうが良いです。貯蓄で賄える60日に備える必要性は低いと思います。

また、先進医療目的ですと、セゾンのクレカに付けられますが、100万までの保障なのであまり魅力がないです。むしろ、最低保障で医療保険に加入したほうが良いと思います。ソニーも日額3000円にはできると思いますので、医療保険が不要でしたら5000円も加入する必要はないと思います。
2013/02/18(Mon) 22:44 | URL  | 管理人⇒名無し様 #-[ 編集]
Yahoo!のブログを読ませていただき、こちらにたどり着きました。(なぜならYahoo!ブログにコメントが出来なかったからです。)
コメントをしたかった理由は【誤字脱字】があまりにも多かったからです。投稿前に1度確認されたほうがいいと思いますよ。
2014/06/04(Wed) 11:16 | URL  | きゃしー #-[ 編集]
野中幸市さんのブログ拝見したところ、日本語が苦手な方のように思えました。保険について偉そうなことを語るより、まずは日本人として基礎的な日本語を学ばれた方が良い気がします!
本人様が日本人でなければ別ですが。
2015/07/16(Thu) 00:01 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック