上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 結論としては「2,200+α+β円」です。

 まず、「2,200円」は「入院費」です。前回お話したとおり短期入院で試算する意味はないので、長期入院で試算します。医療費は高額療養費制度を踏まえ一般所得者の4.4万円/月、病院食事代は2.3万円/月(260円×3食×30日)です。よって、入院費は月額6.7万円、日額で「2,200円」です。

 次に「+α」は生活支出で、毎月の家族の生活費、学費、ローンや家賃等々です。御自身の家庭事情を考慮して設定して下さい。入院者の食費や被服代が不要になる点、入院から1年半の間は傷病手当金として給料の6.6割が支給される点も考慮して下さい。

 最後に「+β」は不確定要素に備える額で、高額療養費制度の上限が将来アップした場合、差額ベッド代、インフレ等々です。ちなみに、私でしたら「0円」で設定します。差額ベッド代は、差額ベッド代を徴収しない全日本民医連の病院に入院するなり、大部屋への移動を熱望するなどで回避し、医療制度改悪やインフレなどの不確定要素は貯金で対応します。過度な保障額の設定は今の生活を圧迫します。

 なお、老後の入院はあまり気にしないで良いと思います。入院中も年金は支給され続けますし、学費やローン等の重い支出負担も済んでおり、賃貸住まいでなければ過度の負担はないでしょう。次回は、「医療保険に入るなら(先進医療)」です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今日ニュースを見ていて高額療養費制度の見直しの件が出ていたのでやはり来たかというところですが、今後公的な保障にメスが入っていくことを考えると、改めて自分の身を自分で守る事を考えていかないといけないなあと感じました…。
特に自分の世代は「子の教育」と「親の介護」でダブルパンチとなる世代なので保険に限らず、より一層お金を使っていくことにシビアにならないといけないですね。
2013/09/10(Tue) 16:34 | URL  | 不安な20代 #VAXj4RY6[ 編集]
Re: タイトルなし
不安な20代様、コメントありがとうございます。

私も同じ20代ですし、同じように将来が不安です。必要な保障を見極めて、お金を節約していくことが本当に大切になってきますよね。お互い頑張っていきましょう!!
2013/09/14(Sat) 14:22 | URL  | 管理人⇒不安な20代様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。