上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 皆様、お久しぶりでございます。最近、記事にすることがなく、更新が滞っておりました。

 そのような折に「管理人の今の金融資産はどのような状況か。資産管理は、保険選択においても重要である。」旨のコメントをいただきまして、まこと仰るとおりなので公開しようと思います。なお、賃貸住まいなのでローン等の借金や土地・建物資産はありません。


◆国内株式【2380万円】
20180114国内株式


 まず、国内株式ですが、前回記事「株の儲けが1,700万円になりまして。」から大きな変更はありません。

 しかし、ジュニアNISAに資金を移行させたり、預貯金から投資資金を引っ張て来たりしたので、元本がどの程度含まれているかは最早分からなくなってしまいました。

 不動産株が大半なので、景気後退に入ると壊滅的被害が出ます。しかし、日銀の金融緩和のサポートが強力なので暫くはこのままいきます。だからこそNISAでも不動産株を買っているわけですし、私の投資スタンスは常に長期投資です。


◆国外株式【400万円】
20180114国外株式


 外国株も買っています。日本に住んでいて、日本円で給料を得ていて、日本株だけ買っているなんて、「日本」にハイパーインフレなど何かあったら一緒に壊滅してしまいます。ですから、外国株です。

 ちなみに私は外国語は全くダメです。しかし、外国語がダメでも、グーグル翻訳と業績数字の開示さえあればどこにだって投資できてしまいます。


◆イデコ【13万円】
20180114イデコ


 さて、イデコです。ここでもやはり外国株推しです。紆余曲折を経て、毎月、新興国株式を7200円、グローバル中小型株式を4800円購入していく設定に落ち着いています。

 その他の少額な投資先は、値動きの参考のために買ってみました。「債券が上がっているからリバランスを考えるか」、「リートが下げすぎでは」などなど、何か気付ければよいなと。


◆民間個人年金保険【62万円】

 節税のために月額5千円で個人年金保険にも加入しています。節税なんて偉そうに言っても、私の所得税率なんて5%ですけれど。掛け金60万円に対して62万円が積み立てられているので、低金利恐るべしです。


◆預貯金【100万円】

 預貯金は常に100万円ほどです。ボーナスを貰えるときなど100万円を超えた場合は、株を買います。なぜなら、現金よりも株のほうが安全だと考えているからです。こう言うと、職場でも友人でも誰からも理解されず変人扱いされますけれど、私はそう信じています。

 この辺りの考え方はうまく伝えられません。うまく伝えられていれば変人扱いされていないでしょうから。それでも頑張って伝えますと、「歴史的に見て、現金よりも株のほうが長期的には大きく成長する」、「株の値下がりは"損失"と見なすのに、株を買っていれば得られた利益を"損失"と認識できない人が多い。(宝くじを買っていれば1等当たっていたかも、とは話が別。宝くじは買った瞬間に50%の税金を持っていかれるので投資ではなくギャンブル)」、この辺りの考えが私には刷り込まれているので株式投資を選好しています。

 
 以上、皆様の資産管理の一助になれば幸いです。資産管理において、株はメイン資産だというお話でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
早速のご回答、ありがとうございました。

今も不動産株をがっちりホールドされているんですね。
私はあっちにふらふら、こっちにふらふらと落ち着きのない投資をしてしまっています。
管理人様を見習いたいと思います!

「現金よりも株のほうが安全」というお言葉は投資をしている私からしても驚き発言ですので、一般人からすれば変人に見えるでしょうね(笑)
言わんとするところは理解できますが、実行するとなるとなかなか難しいです。

詳しいポートフォリオをお教え頂きましたので、私のポートフォリオも書いておきます。年末時点からすでに6銘柄が姿を消しているので参考にならないのですが・・・。
http://growth-stock.blog.jp/archives/52198416.html
2018/01/16(Tue) 21:54 | URL  | AKI #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。お役に立てたようで幸いです。

いえいえ、私はAKI様のように短期で値上がりしそうな銘柄を選別することができないが故の長期投資です。

ポートフォリオ拝見しました。どうやらAKI様は3,000~5,000万円程度を国内株でお持ちなのですね。それでいて、株よりも現金のほうが安全だとお考えなら、、、キャッシュもあって、、、これはもう、紛うことなきリッチですね。私こそAKI様を見習いたいです。

成長株投資ということでどんなPERが飛び出してくるか楽しみにしていましたが、40倍を超えると危険を感じるようなので、バリュー投資派の私は親しみを感じます。これからも健全なリスクを取りつつ、健全なリターンを上げていきましょうね!
2018/01/20(Sat) 10:41 | URL  | 管理人⇒AKI様 #-[ 編集]
私も短期での投資は苦手で、投資期間は割と長めですよ。あまりに上がらない場合は痺れを切らして売ってしまうところもありますが・・・
理想は買った直後からストップ高連発の割高売却ですが、まあそんなことは起こりませんよね(笑)

PERは20倍を超える銘柄は買わないようにしています。
高PERはリスクが高いと思っているので。
最近は欲しい銘柄でPER20倍以下のものが少なくなってきたので、そろそろ投資も潮時かなぁ、とは感じています。

老後資金は、保険より資産運用で備える方が良いように思います。保険は手数料が高すぎてリターンが低すぎます。
2018/01/20(Sat) 21:12 | URL  | AKI #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。仰ることよくわかります。PER20倍も、投資の潮時も、老後資金も、お考えよく分かります。(それでも今年のNISAでPER20倍超えを全力買いしてしまう自分がいて、なかなか判断が難しいです。。。)

私もAKI様を見習って、資産形成に励んで参りたいと存じます。
2018/01/25(Thu) 22:42 | URL  | 管理人⇒AKI様 #-[ 編集]
はじめまして
いま、私のガン保険を検討しています。
ガードエックス
がんべすとゴールド
チューリッヒの管理人さまオススメのもの
で組み合わせても単品でもオススメの保険プラン教えていただけると助かります。
保険屋さんは、チューリッヒのは医療保険効くものは、保険でまかなうべきでないとかチューリッヒは対応が悪いとか言いますが、チューリッヒは取り扱いがない保険屋なのであくまで公平にセールスできない状態です。
よろしくお願いいたします。
2018/02/04(Sun) 14:51 | URL  | みーー #G2f.Jh/s[ 編集]
追加です。
他に良さそうなガン保険ありましたら3つ以外でもお願いいたします。

世帯年収600(私は専業) 貯金500万
車一台
夫40、私30の夫婦です。
子どもはいませんがこれから考えています。
夫の保険もオススメのありましたらお聞きしたいです。
夫が稼ぎ頭なので、なにかあったら貯金切り崩しや傷病手当金しかありません。
一応公務員です。
たくさんの選択肢を知りたいので保険の種類や金額は問いません。
保険屋が強引すぎて全く信用まっきません

2018/02/04(Sun) 14:56 | URL  | みーー #-[ 編集]
Re: はじめまして
管理人です。

みーー様、コメントありがとうございます。

ガン保険なら、やはりチューリッヒだと思います。貯蓄もあるようですし、私ならチューリッヒ一本のみ加入します。

他の保険ということであれば、旦那様に収入保障保険が必要かと思います。具体的には、ソニー生命の収入保障保険に生活保障特則を付加して、死亡と重い障害状態に備えたいと思います。

保険屋さんは残念でしたね。どのような考えと事実に基づく発言か分からないので直ちに批判するものではありませんが、不信感を与える対応はいけませんね。自分の代わりにいろんな保険料を算出してくれる試算屋さんだと割り切ると意外に気持ちが楽になりますよ。
2018/02/05(Mon) 20:16 | URL  | 管理人⇒みーー様 #-[ 編集]
さっそくのご返答ありがとうございます。
チューリッヒ安くて魅力的です!
チューリッヒのガン保険は保険診療の対応のみ自由診療には対応していませんが、それは貯蓄でカバーすべきというのが管理人様の考えでしょうか?
2018/02/06(Tue) 11:44 | URL  | みーー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

みーー様、コメントありがとうございます。自由診療の貯蓄対応は難しいと思います。抗がん剤は高額なので、将来使う予定のないお金で1千万円は必要ではないでしょうか。ですので、自由診療については、私は諦めます。

公的診療で治らなければそれを受け入れます。貯蓄の範囲で多少自由診療に手を出すでしょうが、自由診療で治るとは思えませんので、子への遺産を食い潰してまで生き永らえようとも思いません。

ならばSBIのがん保険で自由診療を保障してはどうか、という話にもなりますが、私の考え方には合いません。ガンになった場合に自由診療を受けられることで得られる便益がそう大きいものだとは思えないからです。

万が一にも若いうちにガンになって、万が一にも自由診療で完治する可能性もありますが、その可能性のために万が一が起きない大多数の場合で有効に使えるキャッシュをSBIの保険料に投じようとは思いません。

しかしながら、終身の自由診療保障だけが月々200円で販売されていれば加入してもよい気がしますので、そんな保険が出てきたらそのときの価値基準に則って判断したいと思います。

なんだかんだ申し上げましたが、終身型ならチューリッヒだと思いますが、子供が小さいうちだけの保障で良いならSBIも十分魅力的だと思います。両方加入も良いですが、それなら他の保険に加入したほうが守備範囲が広がって有益ではないか、とも考えられますので、この辺りは個人の価値観が問われる大変興味深い部分です。
2018/02/07(Wed) 21:52 | URL  | 管理人⇒みーー様 #-[ 編集]
こんばんは。

保険の相談です。24歳女です。

夫24妻24(妊娠中3か月、第一子め)
お互いまだ保険1つもはいってません。
夫は自営業で年収450(月により手取り60だったり15万だったりバラバラです)
貯金は夫婦あわせて50万
妻は保育士で手取り15万~20万程度だったが妊娠発覚~子どもが3歳くらいまでは無職。育児休暇なし手当なし
※※問題※※→旦那が若気の至りでほぼ全身刺青あります。入れる保険会社はありますでしょうか?暴力団などではありません。

刺青&自営業&浪費家である旦那なので、保険で備えたいです。
前途多難すぎて未来に希望が見いだせません。よろしくお願いいたします。
一応自分が考えているのは子どもの学資保険を高額の物にはいる&イデコあたりかなぁと無い頭で考えています。
保険の値段や種類は問いません。
2018/02/08(Thu) 23:19 | URL  | はーちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

はーちゃん様、コメントありがとうございます。また、ご懐妊おめでとうございます。お子様、楽しみですね。

まず刺青についてですが、刺青があると保険に入れないなんて知りませんでした。確かに調べてみますとハードルがあるのですね。死亡保険は必要ですので、やはり代理店で聞いてみるのが一番かと思います。また、後々のことも考えると、担当者が「刺青があっても大丈夫」と言った言わないで問題になる可能性があるので、きちんと書面や電子メールで残すなり録音するなり証拠は必要だと思います。言った言わないで第三者機関に持ち込まれる案件がけっこうあります。

具体的に良いと思える保険は、当ブログ左側の「保険商品診断」カテゴリにて紹介しておりますので、ご参考にして下されば幸いです。

教育資金については、18年間もの猶予があるので、私なら間違いなくNISAで株投資ですが、多くの方は躊躇されるでしょうから超低金利とは言え他の選択肢も特段ないため学資保険も悪くはないと思います。

イデコは老後資金ということで、もちろん大賛成でございます。

それにしても、刺青・自営業・浪費家と言うことで、私と正反対で羨ましいです。刺青を入れるほど自己主張できる力強さ、精神力は素晴らしいですし、自分の能力が直に問われる自営業は私が最も尊敬する職業ですし、守銭奴の如く月々17,000円のお小遣い(平均的には倍程度のようです)で暮らすのも世知辛いものです。あまりのケチっぷりに、妻も日々ため息交じりです。

私も未来に希望を見いだせない側の人間ですが、ひとつ分かります。子どもが出来ると希望が芽生えます。頑張って参りましょう!
2018/02/09(Fri) 22:38 | URL  | 管理人⇒はーちゃん #-[ 編集]
管理人様

お世話になっております。以前一度収入保障保険の事で質問させていただきました。

今は今後の貯金や資産運用をどうして行くか悩み中で、色々と調べているのですが、管理人様の資産状況を大変興味深く拝見させていただきました。

ネット上では投資信託が初心者にはオススメの投資のような情報が溢れていましたので、個人的にも長期貯金には投資信託かと思っていたのですが、管理人様の資産状況を見て株式にも興味が出てまいりました。ただ全くの初心者なので、取っ掛りをどうしたらいいか教えていただければと思います。何か書籍等で勉強するのがいいでしょうか?

それと、管理人様は貯金(投資)の内訳はどのように分配されてますでしょうか?預貯金100万円というのが緊急用の短期貯金かと思うのですが、それ以外は中期貯金か長期貯金かどちらとお考えですか?

また投資信託に関してはどのようにお考えでしょうか?恐縮ですが、ご助言いただけますと幸いです。
2018/03/19(Mon) 20:27 | URL  | YON #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

YON様、コメントありがとうございます。お久しぶりでございます。株のお話ということで、ゾクゾクします。株式投資が心底好きなのです。

> 全くの初心者なので、取っ掛りをどうしたらいいか教えていただければと思います。何か書籍等で勉強するのがいいでしょうか?

お見込みのとおりです。個別株は、国内だけだとしても数千ある株式から数社を選ぶので、書籍での勉強は必須です。答えのない世界ですが、いろいろな投資法に触れて取捨選択するうちに自分の投資スタンスが出来てきます。

具体的な書籍名ですと、有名ですが「ウォール街のランダムウォーカー」はやはり良かったです。資産運用は、現預金で持つべきか、ゴールドか、投信か、個別株か、みたいな話を延々とやっています。私は、この本で「現金危険、株式安全」を学んだので、それ以降、現預金は100万円程度しか持たずに全て株式にしています。おかげさまで本日150万円の損失を被りました。


> それと、管理人様は貯金(投資)の内訳はどのように分配されてますでしょうか?預貯金100万円というのが緊急用の短期貯金かと思うのですが、それ以外は中期貯金か長期貯金かどちらとお考えですか?

預貯金は常に100万円程度しかありません。定期の預貯金ですらなく、何も手を加えていない状態です。私の中では「現金危険」なので、中長期で預貯金を運用しようという発想がありません。短期貯金100万円以外の金融資産がまさに記事のとおりで、ほとんどが株式保有となっています。


> また投資信託に関してはどのようにお考えでしょうか?恐縮ですが、ご助言いただけますと幸いです。

投資信託は、私は「買いたくもない株を買わされる」という点において、最高に嫌いです(イデコは投信ですが、そのデメリットより税制メリットが勝ると考えて渋々参加)。個別株を選び始めると「この株は買いたくない」というものが出てきます。投信にはそんな株も含まれているので買いたくないのです(そういう株こそ上がるのだ、という人も居ますが買いたくないものは買いたくないのです)。他にも、手数料取られたり、つまらないという理由もありますが、一番の避ける理由は「買いたくもない株を買わされる」という、政略結婚みたいな仕組みです。

ただ、投信が向く人も居ると思います。それは「個別株を選ぶ気がない人」です。時間がない人や手間を惜しむ人は投信が良いと思います。端的に申し上げると、やる気のある人は個別株、やる気のない人は投信です。
2018/03/19(Mon) 23:45 | URL  | 管理人⇒YON様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。