上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 あいおい生命の「&LIFE 新総合収入保障 Ⅲ型」と、ソニー生命の「家族収入保険(生活保障特則14)」のどっちが有利なのか結論を出したいと思います。

 両者は、障害を負った場合の就業不能状態を保障する保険として、ライバル関係にあります。従って、どっちが有利なのかは大変重要な問題です。

 しかし、私はこの問題に答えられませんでした。幾度となく質問コメントを貰ったのに答えられませんでした。その度に無力感に苛まれました。

 だから、頑張って調べました。結果、勝者が判明しました。

 勝者は、ソニー生命の「家族収入保険(生活保障特則14)」です。勝因は、特定障害の保障範囲について、「ソニー」のほうが「あいおい」よりも1.5倍優れているからです。

 今回の結果が、皆様の保険選びに役立つことを願って止みません。

 はてさて困った。私は私で、既に旧型の「総合収入保障保険」に契約しているわけなので、これをどうしたものか。。。


◆あいおい生命の「&LIFE 新総合収入保障 Ⅲ型」概要

 国民年金法における障害(以下「年金障害」という)のうち、1級年金障害が保障される。

 長期入院の主要因である精神疾患が保障される点が魅力である。

 2級年金障害のうち、特定傷病(精神障害や外傷は含まれない)による障害も保障される。

被保険者:35歳男性
保険料:9,200円/月
保険期間:60歳満了
保険料払込期間:同上
保障内容:20万円/月
最低支払保証期間:2年


(備考1) 複数の中程度障害を有する場合における2級年金障害が保障されない。従って、ここに区分される障害者が多いと、計算誤差が大きくなる(あいおいに不利な方向で調整される。ただし、おそらく統計上の傷病分類は「その他」に該当すると考えられるため、無視できる誤差だと考える。)。

(備考2) 2級年金障害のうち、精神障害と外傷を除いてもなお保障されない場合が多いと、計算誤差が大きくなる(あいおいに不利な方向で調整される)。


◆ソニー生命の「家族収入保険(生活保障特則14)」概要

 身体障害者手帳における障害(以下「身体手帳障害」という。)のうち、1~3級身体手帳障害が保障される。

 従って、精神障害は保障されない。

 保険料は「あいおい」と同程度である。

被保険者:35歳男性
保険料:9,100円/月
保険期間以下は同条件


(備考3) 今回の比較において、高度障害保障及び要介護保障については考慮しない。従って、これらに区分される障害者が多いと、計算誤差が大きくなる。なお、高度障害保障の内容は両保険とも同一のようだが、要介護保障の内容が異なる。


◆勤労期に1級年金障害者に該当する確率

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、1級年金障害者に該当する確率は、450人につき1人である。

 また、1級年金障害が精神障害に基づく確率は6.2%である。これは、「あいおい」では保障されるが、「ソニー」では保障されない。


(備考4) 5年間で、30~54歳の男性21,400千人のうち9千人が国民年金か厚生年金の1級年金障害に認定される。

(備考5) 本記事では、「厚生年金」という場合には厚生年金と国民年金の両方を受給する障害者を指し、「国民年金」という場合には厚生年金を受給していないで国民年金のみを受給する障害者を指す。

(備考6) 30~54歳男性の5歳ごとの人口は概ね同じなので、30~34歳の400千人は、54歳~59歳のグループに属するまでの25年の間に、(備考4)に基づき9千人が1級年金障害になると考えられる。

(備考7) 次に障害原因の傷病が知りたいが、性別・年齢ごとの障害傷病名が不明である。しかし、厚生年金と国民年金それぞれの級別障害傷病名だけは分かる。国民年金には生まれながらの障害者を含むため傷病割合の算出には不向きである。一方、厚生年金は就職してから認定される制度なので、厚生年金の傷病割合をもって(備考4)の9千人の傷病割合とする。

(備考8) 厚生年金の1級年金障害者65千人のうち、4千人が精神障害である。従って、精神障害の割合は6.2%である。


◆勤労期に2級年金障害者に該当する確率

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、2級年金障害者に該当する確率は、450人につき6.5人である。

 また、2級年金障害が精神障害に基づく確率は39.0%である。これは、「あいおい」でも「ソニー」でも保障されない。

 また、2級年金障害が外傷に基づく確率は8.0%である。これは、「あいおい」では保障されないが、「ソニー」では保障される可能性がある。

 従って、30~34歳男性が55~59歳になるまでに、2級年金障害(精神疾患及び外傷を除く)に該当する確率は、450人につき3.5人である。


(備考9) 5年間で、30~54歳の男性21,400千人のうち68千人が国民年金か厚生年金の2級年金障害に認定される。

(備考10) 30~54歳男性の5歳ごとの人口は概ね同じなので、30~34歳の400千人は、54歳~59歳のグループに属するまでの25年の間に、(備考9)に基づき68千人が2級年金障害になると考えられる。

(備考11) 厚生年金の2級年金障害者187千人のうち、73千人が精神障害、15千人が外傷である。従って、精神障害の割合は39.0%、外傷の割合は8.0%である。


◆「あいおい」の特定障害に該当する確率

 以上の結果、「あいおい」の保障に該当する確率が分かる。

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、「あいおい」の特定障害保障に該当する確率は、450人につき4.5人である。

 率にして、わずか1%である。


◆障害年金と身体障害者手帳との級調整

 次に「ソニー」を考察する。

 身体障害者手帳所持者を主体とした全国的な調査が見当たらないため、障害年金受給者のうちどれだけの者が手帳を所持しているかで推算していく。

 厚生年金の1級年金障害者のうち93.7%は1~3級身体手帳障害者である。

 厚生年金の2級年金障害者のうち62.4%は1~3級身手帳体障害者である

 厚生年金の3級年金障害者のうち39.5%は1~3級身手帳体障害者である。


(備考12) 今回の推算では、手帳所持者の統計が見当たらないため、1~3級身体手帳障害者であるものの、3級年金障害以上の認定を受けていない者は考慮されていない。従って、ソニーに不利な方向での推算となっている。

(備考13) 身体障害者手帳を持っていない要因の多くは、精神疾患が要因による障害認定のため、代わりに精神障害者保健福祉手帳を持っているためである。また、4級以下の者もいるし、所持か不所持か不明な者も存在する。


◆勤労期に1~3級身体手帳障害者に該当する確率

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、1級年金障害に該当し、かつ、1~3級身体手帳障害者に該当する確率は、450人につき0.9人である。

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、2級年金障害に該当し、かつ、1~3級身体手帳障害者に該当する確率は、450人につき4人である。

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、3級年金障害(相当)に該当し、かつ、1~3級身体手帳障害者に該当する確率は、450人につき2人である。


(備考14) 3級年金障害者数は、厚生年金であれば把握出来るが、国民年金には3級が存在しないため把握出来ない。このままでは自営業者等の国民年金側に属する者が除かれてしまう。よって、調整する。5年間で、30~54歳の男性が年金障害認定された数は、1級年金障害の厚生年金で4千人・国民年金で5千人、2級年金障害の厚生年金で25千人・国民年金で33千人である。3級年金障害の厚生年金受給者は20千人なので、2級年金障害者の比率を利用して、3級年金障害相当の国民年金受給者を26.4千人と仮定する。


◆「ソニー」の特定障害に該当する確率

 以上の結果、「ソニー」の保障に該当する確率が分かる。

 30~34歳男性が55~59歳になるまでに、1~3級身体手帳障害者に該当する確率は、450人につき6.9人である。

 率にして、わずか1.5%である。


◆「あいおい」と「ソニー」のどちらを選ぶべきか

 私が優れていると思うのは「ソニー」である。

 この問いの神髄はこうである。「1級年金障害における精神障害を保障する必要性が、身体障害状態を幅広く保障する必要性に勝るのか否か」

 1級年金障害における精神障害は、最上級の1級であるが故に、介助を要する割合も働けない割合も、2級や3級の年金障害者に比べて高い。そのため、保障しなければならない必要性は高いと言わざるを得ない。

 しかし、1級年金障害者のうち精神障害が占める割合はたったの6%でしかない。もはや精神障害を保障するか否かは誤差の範囲でしかない。しかも、障害が極めて重ければ、高度障害か要介護保障を受けられる可能性もある。

 また、3級年金障害における身体障害を保障する必要性が低いわけではない。これらの障害者のうち30%ほどは、障害や病気、あるいは働ける場がないが故に働けていない。

 以上を踏まえ、私は、精神障害を保障するよりも身体障害状態を幅広く保障したほうが合理的であると考える。


◆割り増し保険料は妥当なのか

 「ソニー」のほうが魅力的だとは思うものの、そもそもの問題として、1%や1.5%といった障害リスクに備えて、通常の収入保障保険よりも多めの保険料を払うことが妥当なのかも知っておきたい。

 「ソニー」の場合、これまで検討してきた障害状態を保障するためには、通常の収入保障保険よりも27.8%も多くの保険料が必要である。「あいおい」の場合は更に多くて、36.9%である。

 一方、35歳男性が60歳までに死亡する確率は6.6%である。

 「ソニー」の場合、保障される確率は、死亡の「6.6%」に特定障害の「1.5%」を加えた「8.1%」となる。これは「6.6%」から22.7%増えたことになる。

 つまり、保障されるリスク範囲が22.7%増えたことに対して、保険料の増加は27.8%である、ということなので、まぁ悪くはない。

 一方の「あいおい」の場合、保障されるリスク範囲が15.2%増えたことに対して、保険料の増加は36.9%である。まことに残念な結果である。

 保険料の妥当性からも「ソニー」を選びたい。


(備考15) 年齢別の死亡リスクと障害リスクが加齢によって同じように増加するとは限らないため、あくまで推算である。

(備考16) 保険料とリスクは切っても切れない関係である。従って、「あいおい」の保険料の増加具合は、腑に落ちない。何か重大な見落としがあるか、要介護保障の要件の差異が影響しているかも知れないが、今の私では答えを出せない。


【参考】「年金制度基礎調査(障害年金受給者実態調査)平成26年、21年度」、「人口推計(平成26年10月1日現在)」、「平成28年簡易生命表(男)」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
はじめまして
管理人様

はじめまして、保険の見直し・加入を検討し、ただ今FPに相談中です。
自分でも色々ネットで調べていてこちらに辿り着きました。

堅実な管理人様のご意見を頂きたく、ご相談させて下さい。

夫(41歳、会社員)と私(35歳、専業主婦) 
子供なし(できれば近い将来一人ほしい)です。

<夫が加入中の保険>
*メディケア生命 メディフィット収入保障。
  保険料2795円、保険金額月10万円。

*ひまわり生命 終身保険 一生のお守り。
 保険料12556円、保険金額400万円。

*メディケア生命 終身医療 メディフィットA。
 保険料6855円、入院日額7000円など。

今回FPから提案されたのは、上記を解約し、
*アフラック ちゃんと応える医療保険EVER
 保険料2602円、
 (基本保障+先進医療特約、三大疾病無制限型長期入院特約)

*あんしん生命 家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン
 保険料12950円、保険期間60歳まで
 死亡で月10万円、就労不能で月10万円、
 5疾病・ 重度介護一時金100万円
 
*アクサ生命 ユニット・リンク保険(有期型)
 保険料 5万円(目安)
 75歳満了、基本保険金額 2450万円

私は持病があるため、割高な医療保険の加入は見送り、がん保険のみ加入を検討しています。
提案されたのは
*チューリッヒ 終身がん治療保険プレミアム
 保険料3880円
 (月額15万円+診断特約100万円、緩和療養特約月10万円、先進医療特約)


管理人様の記事を拝見して、夫の医療保険をチューリッヒのプレミアムDXにしようか、
自分のがん保険も月額10万円にし、診断特約を省いて、保険料を抑えようかと考えています。

夫の終身保険は今解約すると15万円も損してしまうのですが、それでも長い目で見て乗り換えた方が
良いのでしょうか。一人で考えていたら不安になってきました・・・

長くなってしまい申し訳ありません、お時間のある時にお返事頂ければ幸いです。
2017/08/24(Thu) 11:18 | URL  | 鈴 #dPOocJ82[ 編集]
Re: はじめまして
管理人です。

鈴様、コメントありがとうございます。全保険の乗換提案とは、ずいぶん攻撃的なFPですね。個人的には、押さえるべきところは押さえているので乗換なんて一切不要で、むしろ短期入院保障の医療保険を解約してしまってはどうかとすら思います。FPには一銭の収入にもなりませんが。

> 私は持病があるため、割高な医療保険の加入は見送り、がん保険のみ加入を検討しています。
> 提案されたのは
> *チューリッヒ 終身がん治療保険プレミアム
>  保険料3880円
>  (月額15万円+診断特約100万円、緩和療養特約月10万円、先進医療特約)
> 自分のがん保険も月額10万円にし、診断特約を省いて、保険料を抑えようかと考えています。

私も全面的に賛成です。それなりの貯蓄があれば医療保険は不要ですし、同様にコスパを悪化させる診断給付金も不要だと思います。


> 管理人様の記事を拝見して、夫の医療保険をチューリッヒのプレミアムDXにしようか、

医療保険ならチューリッヒの短期入院免責型のほうが優れていると思います。


> 夫の終身保険は今解約すると15万円も損してしまうのですが、それでも長い目で見て乗り換えた方が
> 良いのでしょうか。一人で考えていたら不安になってきました・・・

貯蓄型は一概にどれが良いとは言えません。種類も考え方も豊富すぎて、普遍的に伝えられる回答を持っていません。個人的には、「この低金利下で加入に値するものはない」で落ち着いています。ただ、既に加入してしてしまって引くに引けないと思っているものについては、「金利の先行きなんて分からないんだから、保持しておくしかない」と考えています。

ただ、ユニットリンクに加入するなら、今の状態+積立NISAかIDECOまたは両方を使った場合とどちらが有利かという比較は不可避だと思います。保険運用だと意外に増えない可能性がありますので。
2017/08/24(Thu) 22:32 | URL  | 管理人⇒鈴様 #-[ 編集]
ありがとうございます
管理人様

お返事ありがとうございます。
今の保険で押さえるべきところは押さえているのですね、安心しました。
NISAやIDECOも今まで関心がありませんでしたが、考慮に入れたいと思います。

大変参考になるご意見ありがとうございました!
2017/08/25(Fri) 11:42 | URL  | 鈴 #-[ 編集]
Re: ありがとうございます
管理人です。

鈴様、コメントありがとうございます。貯蓄型保険は、「保障があるのに銀行金利より有利に貯められる」といった考えで加入し易いと思いますが、昨今はいろいろ新たな制度もありますし、是非とも比較して納得して契約していきましょう!!数十年間に及ぶ運用のため、手を抜けませんね。
2017/08/25(Fri) 17:51 | URL  | 管理人⇒鈴様 #-[ 編集]
こんにちわ管理人さん

収入保障保険を検討している30代前半の男です。
以前から拝見させていただいておりまして的確なアドバイスをされておられましたので質問をさせていただきました。

さて、今回はあいおい生命とソニー生命の比較ということですので読ませていただいたのですが、身体障害についてはあいおい生命は身体障害者手帳1~2級まで、ソニー生命は身体障害者手帳1~3級までで掛金が同程度なので3級も保証可能なソニー生命が優れているということですね。

気になることは就労不能系ではあいおい生命の消化器系などの病気による就労不能は自社基準で設定されており障害認定に合致すれば給付の対象になるようですが、ソニー生命にはそういった保証はないのでしょうか。
2017/08/27(Sun) 21:02 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

コメントありがとうございます。今回も的確なアドバイスができるよう努力します。


> 身体障害についてはあいおい生命は身体障害者手帳1~2級まで、ソニー生命は身体障害者手帳1~3級までで掛金が同程度なので3級も保証可能なソニー生命が優れているということですね。

いいえ、違います。ソニーはご指摘のとおりですが、あいおいは障害手帳の等級ではなく障害年金の等級です。ですから、イコールでは考えることができません。記事で分かりやすく書けておらず、申し訳ございません。


> 気になることは就労不能系ではあいおい生命の消化器系などの病気による就労不能は自社基準で設定されており障害認定に合致すれば給付の対象になるようですが、ソニー生命にはそういった保証はないのでしょうか。

私も、ご指摘のとおりだと認識しております。ソニーには自社基準の記述は見当たりません(高度障害、要介護保障では記述アリ)。しかしながら、あいおいの自社基準は障害年金2級の認定基準と同様なので、あまり大きな意味がないと考えています。
2017/08/27(Sun) 21:57 | URL  | 管理人⇒名無し様 #-[ 編集]
管理人さん、回答ありがとうございます。
データから見て身体障害手帳1~3級の方が年金2級より優れているということですね。
もう一点お聞きしたい点がありまして、日立キャピタルの就労不能保険も就労不能を保証しますが、これはあいおい生命とソニー生命の保証範囲とどういった違いがあるかご存知でしょうか。
パンフレットには医師がいかなる就労にも就くことが出来ないと診断されたときとありますが、かなり基準としては厳しいですよね。
2017/09/01(Fri) 13:17 | URL  | 30代前半男 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

30代前半男様、コメントありがとうございます。


> データから見て身体障害手帳1~3級の方が年金2級より優れているということですね。

ご指摘のとおりです。


> もう一点お聞きしたい点がありまして、日立キャピタルの就労不能保険も就労不能を保証しますが、これはあいおい生命とソニー生命の保証範囲とどういった違いがあるかご存知でしょうか。
> パンフレットには医師がいかなる就労にも就くことが出来ないと診断されたときとありますが、かなり基準としては厳しいですよね。

日立キャピタルやライフネットなどの就業不能保険は、入院や自宅療養のために働けない事態を保障するものです。従って、回復すれば保障終了です。http://www.lifenet-seimei.co.jp/faq/detail/2168.html

一方、あいおいやソニーは、入院や自宅療養は関係なく障害や要介護状態であれば保障されるものです。基本的に将来的に治ることのない状態のときに保障されます。

個人的には、入院自体を保障するなら長期入院対応が必須なので、長期入院の主要因が精神疾患であるにも関わらず、これを保障対象外や短期保障にしている時点で、日立キャピタルやライフネットに加入するという選択は考えられません。
2017/09/02(Sat) 17:31 | URL  | 管理人⇒30代前半男様 #-[ 編集]
管理人さんコメントありがとうございます。

就業不能保険は状態が回復してしまったら、そこで支払いは打ち切りなんですね。
勉強になりました。
日立キャピタルの掛金は保証範囲が狭いのと5年更新なこともあり30代前半の場合はかなり安かったです。

備えるならソニー生命か三井住友あいおい生命がいいんですね。
保証範囲の間口の広さからソニー生命に傾きつつありますが、あいおい生命の精神障害と三大疾病診断時払込免除と終身保険に途中で変更可能な事がありまだ迷っています。
どちらに加入するかはもう少し約款等を読み込むなどして検討してみようと思います。
2017/09/03(Sun) 13:29 | URL  | 30代前半男 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

30代前半男様、コメントありがとうございます。お役に立てたようで幸いです。


> 備えるならソニー生命か三井住友あいおい生命がいいんですね。
> 保証範囲の間口の広さからソニー生命に傾きつつありますが、あいおい生命の精神障害と三大疾病診断時払込免除と終身保険に途中で変更可能な事がありまだ迷っています。
> どちらに加入するかはもう少し約款等を読み込むなどして検討してみようと思います。

どこを重視するかで保険の判断は変わってきますよね。そこが保険の面白いところでもあり、面倒なところでもあるわけですが。私の場合は「小さな掛け金、大きな保障」が大前提なので、掛け金を上昇させるものは削ぎたいので、やはりソニーですかね。

また何かございましたら、お気軽にコメント下さいませ。
2017/09/03(Sun) 22:31 | URL  | 管理人⇒30代前半男様 #-[ 編集]
管理人様

先日はお世話になりました。
意気揚々とあいおいⅢ型を申し込んだ後にまたお邪魔しに来たのですが、このような結論を出されていたのですね。
割増保険料の割合という観点までは見ておりませんでした 勉強になります。

とはいえ同リスク同保険料の原則があり、両者に保険料の差がほとんど無いことから
見えないデータが潜んでいることは十分考えられますね。
実際にその状態になってみないと分からないというのが保険の難しいところでもありますが…
2017/09/07(Thu) 19:02 | URL  | 河内ミスズ #/LqLaiUI[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

河内ミスズ様、コメントありがとうございます。そうなのです、調べてみたところ河内ミスズにとっても私にとっても不幸な結果となってしまいました。


> とはいえ同リスク同保険料の原則があり、両者に保険料の差がほとんど無いことから
> 見えないデータが潜んでいることは十分考えられますね。

まさにそのとおりでございます。気付いていないリスクが保障されているやもしれません。引き続き検討していきたいと存じます。
2017/09/07(Thu) 21:07 | URL  | 管理人⇒河内ミスズ様 #-[ 編集]
悩んでいます。
はじめまして。
出産を機に保険の見直しを
行なっているみーと申します。
こちらのサイトは記事だけでなく、
みなさんのコメントも参考にさせて頂いてます。
今回新しく加入する総合収入保障をどちらにするか悩んでおります。
介護状態になってしまった場合に、
あいおいの方が受け取り要件が易しい&払込免除要件が易しいと保険の窓口で説明を聞きました。
しかし今回の記事を読むと、
障害のカバー範囲はソニーの方が広いとあります。
保険料もソニーの方が同じ条件でも300円は安くなりました。
障害ならば障害年金が支給されるので、
介護に備えた方が良いかなと思い、揺れております。
管理人さんはやはりソニーの方に加入すべきだと思われますか?
2017/09/20(Wed) 14:02 | URL  | みー #dvUYBDnY[ 編集]
Re: 悩んでいます。
管理人です。

みー様、コメントありがとうございます。皆様のおかげでコメントも充実していますので、読んで下さって嬉しい限りです。

> 今回新しく加入する総合収入保障をどちらにするか悩んでおります。
> 介護状態になってしまった場合に、
> あいおいの方が受け取り要件が易しい&払込免除要件が易しいと保険の窓口で説明を聞きました。

確かにそのとおりですが、あいおいの場合、40歳以上のサラリーマンは要介護要件が限定されてしまうので、40歳以上のサラリーマンに限ってはソニーのほうが要介護保障範囲が広くなるので、この部分の解釈もまた難しいと思っています。


> しかし今回の記事を読むと、
> 障害のカバー範囲はソニーの方が広いとあります。
> 保険料もソニーの方が同じ条件でも300円は安くなりました。
> 障害ならば障害年金が支給されるので、
> 介護に備えた方が良いかなと思い、揺れております。
> 管理人さんはやはりソニーの方に加入すべきだと思われますか?

はい、私はソニーが良いと思っています。

なぜなら、身体障害者手帳3級には該当しないけれど、要介護2相当の状態であるという事態がなかなかイメージ出来ないからです。

要介護保障によって4級以下障害の一部が保障されるのでしょうが、その不確かな部分を保障するために、今分かっている「あいおいよりもソニーのほうが1.5倍も障害保障範囲が広い」という事実を捨てることが私には出来ません。
2017/09/21(Thu) 20:56 | URL  | 管理人⇒みー様 #-[ 編集]
Re: 初めまして
管理人です。

キューピー様、コメント及びご愛読ありがとうございます。非開示コメントのため、詳細は明かさずご回答いたします。

さて、団信革命と収入保障保険との比較ということですが、私は団信革命のほうが優れていると思います。理由は、安上がりだからです。

死亡保障だけみても、団信革命の保障と同程度の保障額を収入保障保険で備えるとなると、どうしても収入保障保険のほうが割高になりませんか。なお、収入保障保険は条件を揃えるために一括受取で考えています。

そう考えると、収入保障保険よりも割安に死亡以外にも色々と備えられる団信革命のほうが優れていると考えます。収入保障保険に要介護や障害保障等々を付けて、団信革命以上の保障も買えますが、コストパフォーマンスの点で団信革命には及ばないと私は考えます。

また、お願いではありますが、他の方の参考にもなるため、再度コメントを下さる場合には、公開をご検討下されば大変嬉しく存じます。
2017/09/30(Sat) 19:04 | URL  | 管理人⇒キューピー様 #-[ 編集]
契約完了しました!
管理人さん
コメントありがとうございます。
遅くなりましたが、無事に契約完了しました。
記事やコメントがすごく参考になりました。
ありがとうございます!
収入保障はこれで安心なのですが、
まだ他の保険の見直しが残っているので
引き続き参考にさせて頂きますね。

ソニー生命の方と契約時に学資について相談したところ、
バリアブルライフを勧められて加入しました。
しかし、よくよく考えてみると腑に落ちない点があり、クーリング・オフ致しました。
話を聞く際によく考えて、一旦保留する癖をつけないといけないですね…。
2017/10/04(Wed) 09:31 | URL  | みー #mQop/nM.[ 編集]
Re: 契約完了しました!
管理人です。

みー様、コメントありがとうございます。収入保障保険を納得して選べたようで幸いです。

クーリング・オフ出来て良かったですね。流れのまま加入してしてしまうのが保険も含めた金融商品では最も恐ろしいですからね。マイナス金利のせいでバリアブルライフも含めた終身死亡型の保険料がかなり上がってしまっているので、なかなか加入し難い情勢かと思います。一先ずは、来年4月に行われるとされる死亡率の引き下げ改定を見てから考えるのが良いかもしれませんね。
2017/10/04(Wed) 22:08 | URL  | 管理人⇒みー様 #-[ 編集]
管理人様

初めまして、保険について教えて頂きたくコメントしました。
いくつか保険の窓口でも相談しましたが、勧めてもらうのが全部違うもので、投資型の保険や外資で変動型のを勧められてよくわからなくなったので、自分でも調べようと思い探していたところ、管理人様の所に辿りつけました。
保険には無知ですが、少しでも教えて頂けたら幸いです。


私は35歳シングルマザーです。
14歳、8歳、5歳の子供がいます。

私の周りで子宮頸がんや乳がんになる知人が多かったこと、父や親戚達もがんになったこともあり、がん保険や女性特約があるものに入りたいと思っています。
働き手が私だけなので、けがや入院保障がある保険にも入りたいです。

他にもお勧めの保険等ありましたら教えて下さい。

2017/10/05(Thu) 15:42 | URL  | M #zxqG2/RI[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

M様、コメントありがとうございます。お一人で子ども3人を育てているなんて頭が下がります。少しでもお役に立てれば良いのですが。

お勧めの保険については、ブログ左側の「保険商品診断」カテゴリにあるとおりです。ガン保険でも医療保険でもチューリッヒが今のところ優れているとは思います。女性特約は、キュアレディの記事にあるとおり、保障する必要性に懐疑的です。貯蓄型はこの低金利下に入る必要性は大変低いと思いますし、加入するにしても来年4月に行われるとされる死亡率の引下げ改定後まで待つべきだと考えます。
2017/10/05(Thu) 21:24 | URL  | 管理人⇒M様 #-[ 編集]
自営業者の収入保障保険、所得補償保険について
先日妻のフレキシィの保険で手術給付を外すことについて質問させて頂いた者です。
今の状況を書かせて頂いた上で収入保障保険や所得補償保険について相談させて頂きたいと思います。

状況
自分のプロフィール
男 31才 持家(ローンあり。妻とのペアローンの形で借りています)
6才の子供1人(増える予定なし)
貯蓄額:600万円
仕事形態:薬局自営業で家族経営という形で従業員は少なく、今はまだ親が代表取締役なので私は会社員という形ですが、H30の4月に代表取締役を引き継いで自分と妻の2人での経営になる予定(自分と妻は2人とも薬剤師免許を持っています。)
ボーナス、有給休暇、病気休暇制度、退職金などはない
収入:年収500万くらい(手取り30万~35万)
現在持病、通院、入院などはなし
現在加入している保険
医療保険:アフラックのEVER(120日型日額5000円)
がん保険:チューリッヒの終身ガンプレミアム(10万円/月)
死亡保険:アフラックのGIFT(死亡・高度障害の場合10万円/月)
その他:アフラックの三大疾病保障プラン(三大疾病・死亡・高度障害の場合400万給付)

医療保険EVERは今年の12月にメットライフのフレキシィS(730日型日額5000円)かチューリッヒのプレミアムDX(365日型日額5000円)に乗り換える予定。
死亡保険GIFTは今年の12月にあいおいの総合収入保障保険やソニーの家族収入保障保険(生活保障特則14)のような死亡と高度障害以外の就労不能も保障するタイプのものか、もしくはチューリッヒの収入保障保険プレミアムのような死亡と高度障害のみを保障するタイプのものに乗り換える予定。
アフラック三大疾病保障プランは勧めらるがままに入ってしまった保険なのですが、今解約すると解約返戻金が少ないので将来的に元本割れしなくなってから解約する予定。


妻のプロフィール
31才
収入:年収500万くらい(手取り30万~35万)
現在の持病は橋本病で服薬中、入院は今までなし
現在加入している保険
医療保険:メットライフのフレキシィ(730日型日額5000円)
がん保険:チューリッヒの終身ガンプレミアム(10万円/月)
学資保険兼死亡保険:アフラックのDAYS(死亡・高度障害1200万円給付)
その他:アフラックの三大疾病保障プラン(三大疾病・死亡・高度障害の場合300万給付)
三大疾病保障プランは上記と同様で将来的に解約する予定。

あとは薬局を引き継いでからは小規模企業共済に入る予定です。
このような状況で、以下のことについて質問させて頂きます。

1.基本的な質問になってしまうかもしれませんが、「自営業者に必要な3つの保険のコラム」の中で死亡保険と所得補償保険が必要とのことでしたが、この2つを兼ね備えているのは、あいおいの新総合収入保障III型とソニー生命の家族収入保険(生活保障特則14)のことでしょうか?
それとも死亡と高度障害のみを保障する死亡保険を契約し、それとは別で所得補償保険(チューリッヒのくらしプラスなど)に入る必要があるのでしょうか?

2.「自営業者に必要な3つの保険」のコラムでは自営業者の旦那様と専業主婦の奥様の場合、死亡保険、所得補償保険、個人年金保険が必要とのことでしたが、私の家のような共働きの自営業の場合でも同じように所得補償保険は必要でしょうか?(もしどちらかが働けなくなった場合、誰かを臨時で雇うことになると思うので、1人分の収入はなくなりますが、月に1人分の手取り30万~35万は入ると思います。高度障害に一歩及ばない特定障害や要介護状態場合はそれに伴う支出はあると思いますが)

3.ざっくりとした質問になってしまうかもしれませんが、上記の現在加入している保険以外で入った方がよい保険があれば教えて頂けますか?

お忙しいところ申し訳ございませんが、ご回答宜しくお願い致します。
2017/11/18(Sat) 14:42 | URL  | ノリ #-[ 編集]
追記
先日質問をさせて頂いたのですが、記載し忘れていたことがあったので追記させて頂きます。

住宅ローンについてですが、近畿大阪銀行で組んでおり、その際にがん保障特約付団体信用生命保険(がん100%保障)をクレディアグリコル生命保険会社と契約していました。
内容はネットに詳しく書いているのですが、死亡、高度障害、がん(上皮内がんを除く)の状態になった時にローン残高相当額が保険金として支払われるという内容です。
これを自分と妻でそれぞれ契約しています。

そこで先日の質問1~3に追加で4つ目の質問になりますが、こちらのコラムの中のコメントで「団信革命と収入保障保険との比較ということですが、私は団信革命のほうが優れていると思います。」と書かれていたのですが、これはあくまで団信革命が高度障害以外の要介護状態や病気やケガによる16の状態などを保障する保険だから収入保障保険より優れているということで、私が契約しているような団信だと死亡、高度障害、がんしか保障しないのでこの場合は収入保障保険より優れているとは言えないということでしょうか?
そして先日書かせて頂いた私、妻の勤務形態などの状況や現在加入している保険と、この団信があっても、やはり他に所得補償保険は必要でしょうか?

度々の質問で申し訳ございませんが、ご回答宜しくお願い致します。
2017/11/20(Mon) 12:04 | URL  | ノリ #-[ 編集]
Re: 自営業者の収入保障保険、所得補償保険について
管理人です。

ノリ様、長文のコメントありがとうございます。気合を入れて回答いたします。


> 1.基本的な質問になってしまうかもしれませんが、「自営業者に必要な3つの保険のコラム」の中で死亡保険と所得補償保険が必要とのことでしたが、この2つを兼ね備えているのは、あいおいの新総合収入保障III型とソニー生命の家族収入保険(生活保障特則14)のことでしょうか?
> それとも死亡と高度障害のみを保障する死亡保険を契約し、それとは別で所得補償保険(チューリッヒのくらしプラスなど)に入る必要があるのでしょうか?

いずれの方法でも構いません。

方法を問わず、結果的に死亡保障と所得補償が行われていれば、それで構いません。しかしながら、記事執筆当時は、単品死亡保障と単品所得補償保険が念頭にありました。


> 2.「自営業者に必要な3つの保険」のコラムでは自営業者の旦那様と専業主婦の奥様の場合、死亡保険、所得補償保険、個人年金保険が必要とのことでしたが、私の家のような共働きの自営業の場合でも同じように所得補償保険は必要でしょうか?(もしどちらかが働けなくなった場合、誰かを臨時で雇うことになると思うので、1人分の収入はなくなりますが、月に1人分の手取り30万~35万は入ると思います。高度障害に一歩及ばない特定障害や要介護状態場合はそれに伴う支出はあると思いますが)

はい、所得補償保険は必要だと考えます。

ご指摘のような障害状態になった場合に対して私は備えたいと思います。会社員の場合は、障害基礎年金に加えて障害厚生年金が支給されますが、自営業者の場合、これがありません。基礎年金だけでは厳しいと考えられるため、私なら保障が欲しいです。具体的な設計的には、yui様が紹介下さったものですが、東京海上のナイスパートナーの365日免責タイプ(365日目から保障開始)は良いと思いました。ただ、商工会議所に加入していないと加入できないようなので、実質的に良い選択肢がないように感じております。

もっとも、ノリ様の場合は、ダブルインカムかつ十分な預貯金があるため、所得補償保険が絶対必要だと声高に申すつもりはありません。


> 3.ざっくりとした質問になってしまうかもしれませんが、上記の現在加入している保険以外で入った方がよい保険があれば教えて頂けますか?

記載されている見直し方針も賛成ですし、特段追加の保険も不要に思います。やはり収入と貯蓄からしてそこれほど保険に頼る必要はないと考えられますので。


> そこで先日の質問1~3に追加で4つ目の質問になりますが、こちらのコラムの中のコメントで「団信革命と収入保障保険との比較ということですが、私は団信革命のほうが優れていると思います。」と書かれていたのですが、これはあくまで団信革命が高度障害以外の要介護状態や病気やケガによる16の状態などを保障する保険だから収入保障保険より優れているということで、私が契約しているような団信だと死亡、高度障害、がんしか保障しないのでこの場合は収入保障保険より優れているとは言えないということでしょうか?
そして先日書かせて頂いた私、妻の勤務形態などの状況や現在加入している保険と、この団信があっても、やはり他に所得補償保険は必要でしょうか?

団信革命に関しましては、同程度の保険料を払った場合に得られる保障が一般的な収入保障保険よりも団信革命のほうが多いということを述べただけです。一般的な収入保障保険では1,000円の支払いで100万円の死亡保障しか買えないが、団信革命なら1,000円の支払いで110万円の保障とその他保障が付いてくる、といった感じです。

ですから、ノリ様の団信におかれましても、同程度の保険料を払った場合に得られる保障が一般的な収入保障保険よりも優れている限り、それは優れていると言えます。

所得補償保険の必要性については、前問のとおりです。それほど必要性が高いとは言えません。


以上、参考になれば幸いでございます。
2017/11/20(Mon) 22:06 | URL  | 管理人⇒ノリ様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。