上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 終身死亡保険や年金保険、養老保険といった貯蓄型保険の検討に当たって、最も重視すべきは返戻率でしょう。

 返戻率は、加入契約時点の市場金利に大きく左右されます。

 例えば、終身死亡保障200万円を買うのに必要な保険料は、平成28年に加入した30歳男性で177万円です。一方、平成25年に加入した50歳男性で147万円です。

 驚くべき事実です。加入年齢が30歳か50歳かということなんかより、たかだか3年程の金利変化のほうが遥かに重要なのですから。

 それなのに、保険会社は過去の保険料を教えてはくれません。今が加入時なのか否かは私達加入者が判断しなければならないのにも関わらず、です。判断材料すら提供してくれないとは最悪です。

 仕方がないので、今が加入時なのか否かの判断材料を保険会社の昔の「お知らせ」から拾い集めました。


◆保険会社は、保険料と返戻率の歴史的推移を示せ

 保険会社は加入時期によって返戻率がどれほど変わるのか過去の情報を明らかにしません。そんな投資商品おかしいでしょう。過去の国債金利や株価収益率は誰でもアクセスできます。

 保険会社は「銀行に預けておくより有利ですよ」と言います。そんなことは聞いていないのです。いつ加入しても預貯金金利より有利なのですから、無意味な情報です。

 「預貯金より国債のほうがいいよ」と言われているのと同じです。そんなことは周知の事実であり、問題の所在は今が加入時なのかどうかです。

 貯蓄型保険の検討に当たって私達に必要な情報は、「金利見直し前後の保険料と返戻率の歴史的推移」です。

 この情報さえあれば「今は割に合わないな」、「もう少し待ってみるか」といった判断を自信をもって下せるのです。

 仮に今、3年前より返戻率が30%ダウンしているなら、3年後に30%アップしている可能性だってあるのです。

 同じだけの保障が30%も安く買えるなら、私は3年でも10年でも待ちます。30%も安くなるなら、加齢に伴う保険料増加なんて気になりません。解約し難く、当初の金利を超長期間にわたって背負う利殖目的の金融商品にあっては、加入時期が最も重要です。

 それなのに、保険会社が必要な情報、つまり「金利見直し前後の保険料と返戻率の歴史的推移」を示していないせいで、私達は3年前の返戻率と比較することも叶わず、今後金利がどれほど上向くか予想しても過去の保険料が分からないために右往左往し、挙句ただただ預貯金より有利かどうか比べるばかりなのです。


◆保険料・返戻率推移を自力で探ろう

 保険会社は、金利や死亡率の変化を受けて保険料を度々改定しています。

 多くの会社では改定のたびにホームページに「お知らせ」を掲載して、どれだけ値上げ・値下げするのか公開します。

 しかし、残念ながら改定履歴を一覧で掲載するような良心的な会社は見当たりません。仕方ないので「お知らせ」を集めて繋げるしかありません。

 「お知らせ」収集を始めると、また壁にぶつかります。「お知らせ」の条件が年によって異なるのです。

 ある年は30歳男性の60歳払済のケースで保険料がどれだけ改定されるか公開しておきながら、またある年は40歳男性の終身払ケースで公開する、こんな風に比較困難な状態で「お知らせ」する会社ばかりなのです。

 それでも、同一条件で「お知らせ」を出している良心的な会社はありました。諦めてはなりませんね。そこで、私が拾い集めて繋げた情報を公開します。


◆月払終身死亡保険の保険料推移

保険会社:アフラック
商品名:未来の自分が決める保険 WAYS
保険料払込期間:60歳払込満了
保障内容:死亡時200万円
総払込保険料推移:以下のとおり

【30歳男性】
 H25. 3 129万円(予定利率1.85%)
 H25. 4 152万円(1.25%)
 H27. 4 132万円(1.4%)
 H28.11 177万円(0.65%)

【40歳男性】
 H25. 3 139万円(1.85%)
 H25. 4 161万円(1.25%)
 H27. 4 142万円(1.4%)
 H28.11 200万円(0.65%)

【50歳男性】
 H25. 3 147万円(1.85%)
 H25. 4 167万円(1.25%)
 H28.11 211万円(0.65%)


 同じ保障を買うのに、加入時期によってこんなにも支払う保険料が異なるのです。

 超低金利なH28.11に加入した30歳男性よりも、H25.3に加入した30歳男性のほうが48万円もお得に200万円の保障が買えるのです。

 しかし、もっと注目すべき箇所があります。記事冒頭で紹介したように、超低金利なH28.11に加入した30歳男性よりも、H25.3に加入した50歳男性のほうが30万円もお得なのです。

 終身型の貯蓄型保険にあっては、加入年齢が30歳か50歳かということなんかより、たかだか3年半の金利変化のほうが遥かに重要なのです。

 このことから導き出される結論は明らかです。

 昨今の超低金利下に貯蓄型保険に加入する意義はない、そんなところでしょう。もっとも、「今後半世紀ほどは今の金利を超えることはない」と考える人がもしもいるのであれば、加入時は今です。

 さて、現在の30歳男性が取るべき勝率の高い戦略とは何でしょうか。

 それは、マイナス金利政策という非常事態の最中に終身死亡保険に加入するよりは、貯蓄型保険への加入自体を我慢するか、定期保険に10年でも加入して金利が上向くのを虎視眈々と伺う戦略でしょう。少なくとも私はそう思います。

 なおWAYSについては、H25.3とH27.4の保険料について、予定利率の差のわりには保険料に差がないので、保障内容面での改悪(または加入時告知を大変厳しくして想定死亡率を引き下げたり、社員の給料を減らして事務コストを劇的に削減したり)があったものと推察されます。


◆一時払終身生命保険の保険料・返戻率推移

保険会社:日本生命
商品名:一時払終身保険
加入者:50歳男性
保障期間:終身
保障内容:死亡時に500万円
一時払保険料推移:以下のとおり
 H25. 3 366万円(返戻率137%、予定利率1.4%)
 H25. 4 408万円(123%、1.0%)
 H27. 2 414万円(121%、0.95%)
 H27. 4 425万円(118%、0.85%)
 H27. 7 437万円(114%、0.75%)
 H28. 4 469万円(107%、0.5%)
 H28.10 496万円(101%、0.25%)
備考:少なくともH20.8月~H25.3まで予定利率1.4%。

 次は一時払保険ですね。やはり保障期間が終身にわたるような保険は、加入時点の金利状況で支払う保険料が大きく変わります。

 この推移を見たら、H28に加入するという判断はおよそ正当化できません。

 なお、ここでいう「返戻率」は「死亡保障/総払込保険料」のことであって、解約返戻金の返戻率ではありません。


◆一時払養老保険の保険料・返戻率推移

保険会社:日本生命
商品名:養老保険EX(H24.7から養老保険)
加入者:50歳男性
保障期間:10年満期
保障内容:死亡か満期時に500万円
一時払保険料推移:以下のとおり
 H20. 8 462万円(返戻率108%、予定利率1.3%)
 H21. 1 466万円(107%、1.2%)
 H21. 2 471万円(106%、1.1%)
 H22. 8 476万円(105%、1.0%)
 H22. 9 480万円(104%、0.9%)
 H22.11 489万円(102%、0.7%)
 H23. 4 471万円(106%、1.1%)
 H23. 7 476万円(105%、1.0%)
 H23.10 482万円(104%、0.85%)
 H24. 7 489万円(102%、0.7%)
 H25. 1 494万円(101%、0.6%)
 H29. 4 販売休止中

 保障期間が10年間しかないため、金利状況は保険料にそれほど大きな影響を与えません。


◆一時払年金保険の保険料・返戻率推移

保険会社:日本生命
商品名:年金名人EX(H24.7から年金保険)
加入者:50歳男性
年金支給:60歳支給開始
保障内容:60万円×10年の確定年金
一時払保険料推移:以下のとおり
 H20. 8 535万円(返戻率112%、予定利率1.3%)
 H21. 1 540万円(111%、1.2%)
 H21. 2 545万円(110%、1.1%)
 H22. 8 550万円(109%、1.0%)
 H22. 9 556万円(108%、0.9%)
 H22.11 566万円(106%、0.7%)
 H23. 4 545万円(110%、1.1%)
 H23. 7 550万円(109%、1.0%)
 H23.10 558万円(107%、0.85%)
 H24. 7 566万円(106%、0.7%)
 H25. 1 572万円(105%、0.6%)
 H29. 4 販売休止中

 保障期間が10年間と年金支払期間が10年あるため、養老保険よりも金利状況が保険料に影響を与えます。


◆それでは、いざ検討開始!!

 金利の行く末なんて誰にも分かりません。しかし、だからといって貯蓄型保険への加入どきが「入りたいと思った今その瞬間」なんてことは暴論です。

 加入検討者自らの良識に加えて、過去の保険料・返戻率の推移があれば、必ずや納得できる結論を下せると私は信じています。


出典:「一部貯蓄性商品の料率改定および販売停止について」(平成28年年10月14日)、「保険料率の改定について」(2013年1月28日 、アフラック)、「一時払年金保険・一時払養老保険の保険料率の改定について」(平成20年7月10日、日本生命)から「一時払終身保険の保険料率の改定について」(平成28年9月13日、日本生命)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今が底なら、変額養老を年齢をMAXまで延ばして加入するのも手だと思いますがどうでしょうか?。子どもの名義を借りるのもいいし。養老も年金も代理店に入るのは微々たる手数料だけ。かなりの部分が運用に回されると思うのですが。
2017/04/20(Thu) 10:06 | URL  | るー #57JCgJLU[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

るー様、コメントありがとうございます。変額や利率変動保険のことは次の記事で書こうと考えているところですが、やはり今の時代での加入には消極的です。

変額保険については、私が過去情報との比較が可能なのは2013年6月に記事にしたソニー生命のバリアブルライフだけですが、今では保険料が30%もアップしています。解約返戻金の返戻率も大幅に下がっており、今の設計ではなかなか加入したいとは思えないところです。
http://hokenno3704.blog60.fc2.com/blog-entry-113.html
2017/04/20(Thu) 22:02 | URL  | 管理人⇒るー様 #-[ 編集]
最近、利率変動型の年金保険を買い始めました。
経済状況に応じて利率が変わるのは合理的だと思いました。
いつでも銀行預金より利率が良いのであれば、それでOKというスタンスです。
2017/04/22(Sat) 19:07 | URL  | AKI #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。私も最低保証利率のない利率変動型個人年金保険に加入しておりますので、所得控除も含めるとメリット大きいですよね。
2017/04/22(Sat) 21:36 | URL  | 管理人⇒AKI様 #-[ 編集]
こんにちは^ ^
3年半の金利の変化、驚きです。
データをまとめてくださりありがとうございました。

私はここのコメント欄で保険の加入についてご相談に乗っていただきました。
ちょうど3年半前のことです。
当時は夫婦2人でしたが、今は子どもが生まれ3人家族になりました。
妊娠前でしたので学資として(も)使える続けトク終身に
プランナーの提示した1/4の額で加入し、結果払い続けることが出来ています。
勧められるがままの設計だったら家計を圧迫、最悪破綻し解約していたように思います。
今後もし2人目に恵まれるようなことがあっても、学資も終身保険もせず貯蓄に励むと思います。
低金利を逆手に取ってマイホームに挑戦するかな?笑

ちなみに葬式代と思って加入したキュアエスでは、
出産時の帝王切開で思わぬ保険金がおり、
お守り代わりが本当にお守りになりました。
これは入っていてラッキーでした。

何があるか分からない先のこと。
心配を埋めようと保険(だけ)にすがるのは
新たな心配ごとになりかねませんね。
保険も貯蓄も投資もバランスよく分散して視野を広く、
なおかつ遠近両用で光らせておかないと
この厳しい世の中渡って行けないなと感じています。

長くなりましたが、我が家のライフプランに
ぴよすけ様がご協力してくださったおかげで
今の安心につながっています。
本当にありがとうございました、ということが言いたくてコメントしました ^ ^
2017/04/27(Thu) 14:19 | URL  | emi #-[ 編集]
Re: こんにちは^ ^
管理人です。

emi様、お久しぶりです。ご出産おめどうございます!!帝王切開でお辛かったことと存じます。しかしながら、保険金が下りた点は負担軽減になって良かったですね。医療給付金を貰えて「本当に良かった、助かった」ではなく「ラッキーだった」と捉えることができるのは医療保険と適切な距離感を持って付き合っている証拠に思えますので、何だか嬉しく思います。

いやはや、もう3年半ですか、保険貧乏を回避できたようで本当に良かったです。しかも3年半前の保険ならこの超超低金利下ではかなり有利な保険ですね。まだまだ金融緩和は続きそうですし、まだまだ有利に運用できますね。


> 何があるか分からない先のこと。
> 心配を埋めようと保険(だけ)にすがるのは
> 新たな心配ごとになりかねませんね。
> 保険も貯蓄も投資もバランスよく分散して視野を広く、
> なおかつ遠近両用で光らせておかないと
> この厳しい世の中渡って行けないなと感じています。

素晴らしいお考えです。私も全く同意見です。

有利なお金の使い方というのを常に探求していきたいですね。かと言って利殖ばかりを追い求めると、何かとお金のかかる子育て期にキャッシュの不安を抱えることになりかねませんし、本当にバランスが大事だと思います。

お陰様で初心にかえった思いです。ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
2017/04/28(Fri) 22:17 | URL  | 管理人⇒emi様 #-[ 編集]
はじめまして。
医療保険や生命保険のセールスや勧誘にたくさんあい、どれが必要でどれが不要かを検討していた所、大変感銘をうけるブログにたどり着きました。目から鱗です。
そんな信頼感あるブログの管理人さまに私どもの家計の保険を精査していただくコメントいたしました。
2017/05/08(Mon) 15:31 | URL  | みずお #Ib1YYPVg[ 編集]
夫 37歳 国家公務員 共済加入手取り25万
妻 29歳 専業主婦
預貯金500万
新婚でまだ子供いませんが、妻35歳までに2~3人の子に恵まれたらと思っています。
▼夫 保険各種
●企業年金保険 月15,000、ボーナス時40,000(返戻率が銀行の利率より格段に良いので貯金と思って)
●ひまわり生命の無配当無解約返戻金型収入保障保険 4,811
保険期間70歳、基準年金月額8万円、3,736円
特定疾病病収入保障特約特定疾病年金5万
、1,075
払い込み期間70歳を定年65に変更し、8万を10万にあげ、特約を解約したほうがよいのか?素人ながらに、、
ひまわりが健康優良割引や非喫煙者で安かったので加入しました。
●ひまわり生命の新健康のお守り 5,371円
医療保険 2014B型 手術I型60日1日7,000円 2,835円
医療用がん入院特約305円
医療用がん診断給付特約371円
医療用がん外来治療給付特約588円
医療用三大疾病入院一時金特約684円
医療用新先進医療特約98円
七大生活習慣病追加給付特約231円
三大疾病支払い日数無制限特約259円
勧められるままの特約付加でこのようになりましたが、医療保険は不要、もしくは長期入院と先進医療、がんに重きを置き備えたいです。
ご指導よろしくお願いします。
2017/05/08(Mon) 18:41 | URL  | みずお #Ib1YYPVg[ 編集]
みずお
▼妻 保険各種
●アフラック医療保険Everharf2005
入院給付金日額5000 支払い限度日数60
通算支払い限度日数1095
満65歳以降保険金半額特則
総合先進医療特約(10年満期、満期日平成35年4月30日迄)
女性疾病特約 給付金日額5,000、形成治療給金10万
体が弱く平成19年加入以降3度の入院(30日未満2回、45日1回)、婦人科系の持病が今年に入って発覚し経過観察(子宮内症、チョコレート嚢腫)一番最後の入院が26年なので新たに保険加入難しい状態です。
解約するか、特約の見直し又はこのまま継続か…
●メットライフ生命ガードエックス2546円
(内訳)
主契約1,190
終身がん通院サポート給付特約455円
終身ホルモン剤治療給付特約220円
終身がん診断給付特約681
いらない特約解約または、新たに保険入りなおすことを検討しています。チューリッヒか富士火災のものです。または、アフラックの医療保険にがん特約付加が可能なら一本にしようかなどなど
●ソニー生命 生前給付保険終身型98が51,520円
死亡350万円 19歳で契約し55歳までの払い込み終身
母が結婚前から加入していたものを結婚を機に受取人や引き落とし先を変更し継続
高度障害やかんと診断されたとき、心筋梗塞所定状態、脳卒中所定状態350万
いずれも350を生前か死後かに1度受け取ったら終了
●アクサ 低払戻金型定期保険
これも結婚前に母が100万で買った保険らしく、契約から15年たち解約すれば元本割れしない。16年目~1296000~での払戻可能なので子供が出来たらの学資がわりに必要になったら解約しようま思っています。

いざというときは、現金で対応したいので保険貧乏なりたくない。
先進医療、長期入院、がんに備えられたらOK(妻は病気がちなので短期も検討?
御手数ではございますが、ご指導いただけたらと思っています。





2017/05/08(Mon) 19:28 | URL  |  #Ib1YYPVg[ 編集]
Re: みずお
管理人です。

みずお様、コメントありがとうございます。保険の検討を始めると不慣れなため情報の取捨選択が出来ずに大変苦労しますよね。お役に立てているようで嬉しい限りです。

では、ご回答いたします。

> ▼夫 保険各種
> ●企業年金保険

これは継続でよいと考えます。


> ●ひまわり生命の無配当無解約返戻金型収入保障保険

保障期間と額の変更は、死後のキャッシュフロー表を作って判断するしかありませんので、それに沿った保障変更がベストだと考えます。

特約につきましては、個人的には好みではありません。軽重を問わずに単にがん診断だけを条件としていたり、就業不能状態は精神疾患が多いのに脳や心疾患だけしか保障しない設計のものに私は好意を持ちません。


> ●ひまわり生命の新健康のお守り 5,371円

私は不要だと思います。短期入院に多くの保険料を割く一般的な医療保険に価値は見い出せないと感がえます。

私が有望だと思う医療ないしガン保険は、左の「保険商品診断」カテゴリにあるとおり、チューリッヒであったり楽天生命のものです。


> ▼妻 保険各種
> ●アフラック医療保険Everharf2005

同様に不要だと思います。しかしながら、引受緩和型でない医療保険加入後に体が弱いことが発覚した方にまで安直に不要だとは思いません。

過去の入院が偶然とは考え難く遺伝的・体質的なものだと考えられるのであれば、今後も入院する可能性大なので、これは加入継続を前向きに検討できると思います。


> ●メットライフ生命ガードエックス2546円

個人的には、「保険商品診断」カテゴリにあるとおり、ガードエックスも悪くはない設計だとは思いますが、コスパの面からすればやはりチューリッヒだろうとは思います。


> ●ソニー生命 生前給付保険終身型98

難しいですね。一度契約してしまった貯蓄型保険の見直しは難儀です。今の超低金利下では有利な契約でしょうから継続で良さそうですが、しかし保険料負担が大きいならば払済保険への移行も選択肢としてはあり得るかと思います。


> ●アクサ 低払戻金型定期保険

学費保険としての利用に賛成です。


以上、ご参考になれば幸いです。
2017/05/10(Wed) 21:59 | URL  | 管理人⇒みずお様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。