この度、素晴らしい医療保険が発掘されました。これも皆様のコメントのおかげです。

 チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」は、良質な保険です。

 個人的には、新キュアやフレキシィなどの既存の医療保険の良い部分(=一部入院無制限や先進医療保障)は残し、不要な部分(短期入院や手術保障)を切り捨てているため、完全なる上位互換保険だと思っています。

 なお、過去に「終身医療保険プレミアムDXを徹底評価」 にて、「ダメ保険」だと申しましたが、撤回します。少し手を加えれば、大変素晴らしい保険に生まれ変わりるのです。


◆短期入院保障を外せるナイスな仕組み

 私は、「短期入院リスク」は保険で備える性質のものではなく、預貯金で対応すべきリスクだと幾度も発言してきました。

 だからこそ、入院初日から60日間の入院をあえて保障しない楽天生命「ロング」は素晴らしいのです。理由は「良質保険=楽天生命の「ロング」」 にて。

 プレミアムDXは、そんな素晴らしい「ロング」に匹敵、いや凌駕しうる保険です。

 プレミアムDXでは、60日未満の入院を保障外にできることはもちろん、「ロング」では叶えられなかった先進医療保障付加まで可能なのです。


◆プレミアムDXの保障内容

 30歳男性が終身保障、終身払いで契約した場合を見てみましょう。

 【プレミアムDX】
 入院日額保障:5,000円(継続61日目の入院から)
 1入院保障限度日数(7大疾病以外):365日
 通算保障限度日数:1,095日
 1入院保障限度日数(7大疾病):無制限
 保険料:740円/月
 備考:「7大疾病延長入院特約、ストレス性疾病延長入院特約」及び「入院給付金免責日数60日特約」を付加。また、「先進医療特約」を132円/月で付加可能。

 次に、同じく30歳男性が終身保障、終身払いで楽天生命の「ロング」に加入した場合を見てみましょう。

 【ロング】
 入院日額保障:5,000円(継続61日目の入院から)
 1入院保障限度日数:1,095日
 通算保障限度日数:1,095日
 保険料:795円/月


◆「プレミアムDX」対「ロング」 開戦

 ロングの強みは、長期入院の主要因たる精神疾患だろうが何だろうが、どんな傷病でも3年間は保障してくれることです。

 一方、プレミアムDXの強みは、7大疾病以外は1年間しか保障してくれませんが、7大疾病だけは無制限で保障してくれます。そして何より、先進医療保障を付加できるのが嬉しいポイントです。

 全疾病を3年間保障するか、7大疾病のみを無制限保障するか、どちらが優れているかについては、「新CURE(新キュア)は3大疾病の不安を煽りすぎ」 にて、記載したとおり、個人的には「全疾病の3年間保障」が好みです。

 しかし、先進医療保障の必要性は高いと思っているので、同保障が付加できるプレミアムDXも侮れません。

 また、断続的な入院を繰り返した場合にプレミアムDXには強みがあります。ロングでは、文字通り一日たりとも退院せずに「連続」入院して61日目から保障開始です。

 一方のプレミアムDXは、退院から180日以内の入院は通算してくれるので「断続」入院でも保障してくれます。これは入退院を繰り返しやすいガン等に効果的です。

 いずれの保険を選ぶか悩まないで済む方法は、日額3,000円程の最低保障でのダブル加入でしょうが、せっかくなので1つに絞ることを考えてみます。


◆「プレミアムDX」対「ロング」 決着

 仮に私が、どちらかに加入しなければならないなら、プレミアムDXです。

 まず、先進医療保障はけっこう欲しいです。月額100円程で数百万円の保障は、コスパに優れます。

 入院保障に関しては、断続入院も保障してくれるプレミアムDXが少しリードします。

 しかし、長期入院保障の考え方が難しい問題です。前述のとおり「全傷病の3年間保障」のほうが好みではあるものの、「7大疾病のみ無制限」よりも大差で好きというわけでもありません。

 そう考えると、「全傷病1年+7大疾病無制限+先進医療保障」という複数保障であれば、「全傷病3年」よりも多少魅力的に思えるのです。

 また、長期入院保障は、保険会社がキッチリ保障してくれるのか疑問がないわけではないので、長期入院の主要因たる精神疾患のためだけに、「全傷病3年」を声高に主張するつもりもありません。

 長期入院患者の多くは退所先がない等の社会的入院患者ではありません。詳しくは「長期入院の精神疾患患者は『社会的入院』なのか」 にて。

 しかし、保険会社が保障対象とする狭義の「入院」は、主治医のみならず一般医学的に判断されます。

 利益を得る立場の主治医は入院の必要性を当然主張するでしょうが、利害関係なき第三者の医師まで入院に賛同するのか不安です。

 年単位の入院ともなれば保険会社も支払拒否に向けて動き出すでしょうから尚更不安です。

 個人的には、長期入院は備えることがなかなか困難な諦めるリスクであると最近では捉えており、入院保障の免責期間が1年程になったりして保険料が大変安価にならない限り加入することはありません。


◆プレミアムDXの良好設計は一筋縄ではいかない

 さて、こんな素晴らしいプレミアムDXですが、前述の設計は新規加入の段階では作れません。一旦、無駄な保障を付加したまま契約し、その後、その無駄な保障だけを解約することで完成します。

 プレミアムDXに加入すると、基本保障として手術特約が必ずくっついてきます。これが無駄です。手術1回5万円といった貰えても貰えなくても家計の困窮具合に大差ない保障は無駄です。

 また、7大疾病を無制限保障にするとストレス性疾病延長入院特約も漏れなく付いてきます。これも無駄ではありますが、あえて解約する必要はありません。

 この特約は入院が長期に及ぶ精神疾患を365日間保障するためのものですが、基本の入院保障を365日で契約した場合、この特約は無意味と化します。

 ただし、チューリッヒのカスタマーが言うには「基本保障が365日なら、この特約の保険料は0円になる」ので、外したところで得るものはありません。

 なお、前述の30歳男性の加入設計は概算です。同カスタマーが言うには「手術特約を外した場合の保険料は試算できない。実際に加入して外すまで分からない。」とのことです。

 しかし、プレミアムDXの手術保障は基本保障の日額に連動しないため、チューリッヒのHPで入院日額5千円と1万円を比較すれば、手術保障に要する保険料は容易に分かります。

 カスタマーの対応は謎です。手術保障を外すときにサバでも読んで過大請求するつもりでしょうか。


 以上で、記事は終わりますが、プレミアムDXは医療保険の検討に当たって必ず考慮しなければならない逸品だと思います。

 長期入院をリーズナブルに保障したい人はもちろん、先進医療保障や7大疾病無制限を安く付加したい人も選びやすい保険です。

 そして何より、7大疾病無制限を売りにしているような一般的な医療保険よりは、よっぽどメリハリの利いた良質な設計なのですから検討は不可避でしょう。

 なお、プレミアムDXに要望するならば、楽天ロングをも駆逐できるように、1入院の基本保障日数の選択肢に「1095日」も加えてもらいたいです。

 プレミアムDXの366日目以降の7大疾病無制限保障に要する保険料が月額130円と大変安価なので、もう少し上乗せすれば入院保障を1095日に出来るでしょう。ついでに勤労期に限ってでも構わないので全傷病無制限保障なんてのも見てみたいですね。

 こういった尖った設計が可能な保険が今後も発売されることを切に望みます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ついにデラックスが来ましたね。
代理店でしか申し込めないのが手間ですが。後から特約をはずすと代理店に恨まれますので、最初からその設計で行くことを前提に話を進めるか無慈悲に黙って解約するかですね

パターンとしては125日型にして7大無制限、ストレス365日にする方法もありますね。125日の場合7大だけ残してストレス365がはずすこともできます。こちらのほうが基本が少ない分さらに安くなりそうです。

楽天ロングとリンククロス コインズの組み合わせも考えています。
後者が単年更新なので途中でなくなる恐れもありますが、先進医療を付加するお守りとしては元々ロングだけで考えていた人もいるでしょうし、無くなるリスクを考えてもネットで両方いけますので初動の手間がないです
2016/12/22(Thu) 23:12 | URL  | もうしこみ #-[ 編集]
今回、プレミアムDXから手術特約が契約後に外せることが判明し、見事良質保険へと昇格しましたね。

これで自信を持ってプレミアムDXへの加入に踏み切ることが出来そうです。
(最終的に手術特約を外すかどうかは妻が納得すればということになりそうですがw)

なお、今回の記事の中では触れられていませんでしたが、この保険に関して私がロングよりも優れていると思っている部分の1つが「免責60日」の考え方が「継続」ではなく「通算」であるという点です。

管理人様がロングの記事で触れられているように、ロングでは「継続した60日間をこえる入院」でないと入院給付金が支払われませんが、プレミアムDXは以下の記載のとおり「免責60日」についても限度日数と同じ1入院の考え方が適用されており、「通算して60日間をこえる入院」で入院給付金が支払われます。

***************************************
(契約のしおり・約款から抜粋)
『60日間をこえて入院を継続していない場合でも、同一の疾病を直接の原因として、複数回の入院(それぞれの入院の退院日の翌日から次の入院の開始日までの期間が180日以内の場合に限ります。)をされ、通算して60日をこえた場合には、通算して61日目から入院給付金および女性特定疾病入院給付金をお支払いします。』
***************************************

これによって、プレミアムDXでは入退院を繰り返すような場合の長期入院であっても保障を受けることができるので、先進医療特約が付加できることも含めて、個人的にはプレミアムDXの方がロングよりも安心感があります。
2016/12/26(Mon) 17:16 | URL  | URA #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

URA様、コメントありがとうございます。失念しておりました。ロングとプレミアムDXでは「継続入院」の定義が異なっておりましたね。

これは私も意外と気にするポイントですので加筆させていただきます!!

重ね重ね、ありがとうございます。
2016/12/26(Mon) 21:31 | URL  | 管理人⇒URA様 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

もうしこみ様、コメントありがとうございます。お返事が遅くなり申し訳ございません。もうしこみ様のおかげもあって、またひとつ良質な保険を知ることができました。ありがとうございます。


> 後から特約をはずすと代理店に恨まれますので、最初からその設計で行くことを前提に話を進めるか無慈悲に黙って解約するかですね

加入者としては、加入時点で特約を外せる自由な設計にしていないチューリッヒに不満があるにも関わらず、代理店に迷惑がかかるのは困りものですね。予め代理店に断って理解を得たいところですね。


> パターンとしては125日型にして7大無制限、ストレス365日にする方法もありますね。125日の場合7大だけ残してストレス365がはずすこともできます。こちらのほうが基本が少ない分さらに安くなりそうです。

7大無制限と先進医療が特に欲しい方にとってベストな加入方法ですね!


> 楽天ロングとリンククロス コインズの組み合わせも考えています。

それも良いですね。医療制度の変更も相まって変わった保障のものが出て来て選択肢が増えるので、いろいろ悩ましいですが喜ばしいですね。
2016/12/26(Mon) 21:58 | URL  | 管理人⇒もうしこみ様 #-[ 編集]
いつも大変参考にさせていただいております。
代理店でしか申し込みできないとこことで記載がありますが、ネットから申し込み、不要な特約はコールセンターで外す、ということはできないのでしょうか?
2017/01/01(Sun) 14:25 | URL  | 初心者 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

初心者様、お正月からコメントありがとうございます。保険の検討を始めたところでしょうか、当ブログを通して、保険選びが「面倒だけどやらなきゃ」から「意外に楽しいぞ」となって下されば幸いです。

さて、お尋ねの件ですが、私がチューリッヒのカスタマーに問い合わせたところ「60日免責や365日型となると、ネットでは申し込めないので代理店を通して下さいね」と言われました。

そして実際に、ネットではいずれの条件も試算できないと存じます。従いまして、やはり代理店を通さざるを得ないと認識しております。
2017/01/01(Sun) 22:56 | URL  | 管理人⇒初心者様 #-[ 編集]
これは良質保険ですね!

楽天ロングを契約する際に色々あり、かなり不信感を持ちまして、乗り換えたく思い、また、自分も精神疾患などによる長期入院は現状諦めるリスクだと考えるようになっています。
(超長期入院に特化した保険が出れば別ですが…)

楽天ロングにしても、フルで給付金が出たとして、365日型と比べて日額5000円だと330万円の差。これを大きいと見るか小さいと見るか…少なくとも万能ではありません。

概ね不要だと思いつつ、新キュアの日額3000円に加入していますので、七大疾病の無制限特約は自分には不要です。
主契約は手術給付金だけなのでしょうか?それならば、
免責60日特約+365日型で契約出来れば自分にとってはベストです。
2017/01/02(Mon) 17:52 | URL  | かなかな #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

かなかな様、コメントありがとうございます。私とお考えが似ており、大変心強く思います。


> 楽天ロングにしても、フルで給付金が出たとして、365日型と比べて日額5000円だと330万円の差。これを大きいと見るか小さいと見るか…少なくとも万能ではありません。

鋭いご指摘です!! 額は大きいですが是が非でも備えておかねばならない額とも言えず、まこと仰るとおりですね。


> 主契約は手術給付金だけなのでしょうか?それならば、
> 免責60日特約+365日型で契約出来れば自分にとってはベストです。

カスタマーで聞いたところでは、主契約は入院給付金のようです。手術保障は特約にも関わらず、「基本保障」として加入時には漏れなく付いてくるもの、とのことです。

また、ご呈示の保障でも契約できることはカスタマーとの会話の中で確認できております。
2017/01/02(Mon) 22:13 | URL  | 管理人⇒かなかな様 #-[ 編集]
お正月にも関わらず、質問にお答えいただきありがとうございます。いつもこのブログは保険契約の際に参考にさせていただいています。
現在、妻の医療保険、がん保険の契約を改めて考えているところです。そこで、いくつかご質問にお答えいただければ幸いです。
現在の契約状況としましては、
・医療保険 新キュア 日額5000円先進医療特約付加
・がん保険 旧がんベストゴールド 初回400万 2回目以降200万
以上です。
医療保険については、月額の保険料が負担なので、このブログで紹介されている通りプレミアムDXに乗り換えたいと思っています。短期の保障や手術給付金はいらないと思っていますので。
また、がん保険については、旧がんベストはもう契約できないので、解約、減額等はあまり考えておらず、終身がん保険治療プレミアムもしくは3大疾病保険プレミアムを最小限契約したいと思っています。(妻の母ががんを患ったため、子育て期のみ旧がんベストに上乗せしたいためです)
そこでいくつか質問をいたします。
①今回の医療保険の乗り換え、がんの上乗せは間違っていないでしょうか。
②終身がんプレミアムについては、御ブログでも良い保険であると記載していらっしゃると思いますが、3大疾病はいかがでしょうか。基本的に終身がんプレミアムを土台としている保険だと理解していますが少しの上乗せをするだけで3大疾病も保障できるのであれば良いと思いました。
③プレミアムDXにしてもがんプレミアム、3大疾病プレミアムにしても最初は1500円以上の契約が必要だと思いますが、これを減額できるというのは確定していらっしゃいますか。やはり代理店に自分で確認しなくてはならないかと思いますが。
以上、長文でたくさん質問してしまいました。失礼があったら誠に申し訳ございません。もし回答できるところだけでもご回答いただけたら誠に幸いです。
2017/01/03(Tue) 13:54 | URL  | 初心者 #SFo5/nok[ 編集]
管理人様、ありがとうございます。
100%同意することはありませんが、いつも仰ることに共感しています。

それにしても不思議な保険ですね、漏れなくついてくるけど外せる特約…今月中にでも代理店に聞きに行きます。

加入時は必須ということは、最低初月は払わなくてはいけないか、なども気になります。年払いを選んだ場合はそれなりの出費になってしまいます。

実際に契約してみましたら、ご報告させて頂ければと思います。お早い返信、ありがとうございました。
2017/01/03(Tue) 20:46 | URL  | かなかな #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

初心者様、コメントありがとうございます。当ブログがお役に立てているようで幸いです。


> ①今回の医療保険の乗り換え、がんの上乗せは間違っていないでしょうか。

医療保険の乗り換えは賛成です。新キュアよりもプレミアムDXのほうが不要な保障が少ないという点において大変優れており、総合的にプレミアムDXのほうが良質だと思います。

がんの上乗せについては、既に厚い保障があるので不要だとは思いますが、「不安」だと仰るならば精神衛生上の観点から加入に同意します。

ただ、子育て期に限った保障を狙うならば終身型でなく定期型がコスパに優れそうですが、いかがでしょうか。しかし私も良い定期型を存じないので終身型でも致し方ないとは思うところです。


> ②終身がんプレミアムについては、御ブログでも良い保険であると記載していらっしゃると思いますが、3大疾病はいかがでしょうか。基本的に終身がんプレミアムを土台としている保険だと理解していますが少しの上乗せをするだけで3大疾病も保障できるのであれば良いと思いました。

仰るように終身がんプレミアムに色々と付加できる仕組みのようですので、良いと思います。

好みに合わせて付加できるので良いですね。


> ③プレミアムDXにしてもがんプレミアム、3大疾病プレミアムにしても最初は1500円以上の契約が必要だと思いますが、これを減額できるというのは確定していらっしゃいますか。やはり代理店に自分で確認しなくてはならないかと思いますが。

時期によって減額可否が異なる可能性があるため、代理店にて確認して下さいませ。

いずれの保険も記事執筆時点では加入後の減額が可能だと承知しておりますが、どのレベルまで減額を認めるか(月払いか年払いかでも異なるかもしれません)は保険会社の内部基準次第のようですので、同基準が変更されない限りは有効だと存じます。
2017/01/05(Thu) 00:50 | URL  | 管理人⇒初心者様 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

かなかな様、コメントありがとうございます。是々非々のスタンスで是非とも厳しいご意見も下さいませ。


> 加入時は必須ということは、最低初月は払わなくてはいけないか、なども気になります。年払いを選んだ場合はそれなりの出費になってしまいます。

初月は支払わざるを得ないでしょうね。。。年払いであれば要は月払い12回分なので、11回分は返してくれるのが筋ですよね。私が全期前納の保険を解約した際は月単位で反って来ましたし。または、もしかすると月払い契約後に年払いに変更するとかも可能かもしれませんね。
2017/01/05(Thu) 00:56 | URL  | 管理人⇒かなかな様 #-[ 編集]
追記
管理者様

何度もすいません、先ほど投稿させて頂いたryocoです。
今のプルの保険を活かす術がないと諦めていたのですが、管理者様のチューリッヒのプレミアムDXについて書かれていた記事に楽天のロングの名前が挙がっていたので、現在の医療保険にプラスしてみるとどうなるかなと思い、楽天ロングで試算してみた所、

楽天ロング 終身 入院給付金日額5000円、先進医療特約なし、女性42歳の保険料は1245円でした。

今のプルの医療保険の主契約入院給付金日額5000円保険料う2550円と先進医療特約121円、疾病障害払込免除特約44円を残し、
ガン入院特約日額10000円特約料600円、女性特約日額5000円特約料1150円を解約すると、
保険料が2715円に減額されます。

ここに楽天のロングの入院給付金日額5000円の長期保証の1245円をつけると現在のプルの医療保険に不足している長期入院の部分を補えるかなと思うのですが、どうでしょうか?
二つの医療保険をあわせますと、プルと楽天ロングで3960円になります。
現在支払っているより505円安くなります。

問題点としては、がんについてはあまり備えができてないのが気にはなります。

ただ65歳以降はプルの保険料は払込完了で毎月の支払いが2715円減額され、ロングのみの支払いで済むのであれば大いに助かります。
80歳でプルの医療保険は途切れますが、80歳でこれ以上長生きするための先進医療特約、過剰な手術もいらないのかなと思います。
80歳からならむしろ、長期入院のことさえカバー出来たら、良しとするべきですよね?

思わず名案が浮かんだと思い連絡をさせていただきました。
思わぬ名案のため、見落としや勘違いも沢山あるとと思いますので、おかしな点がございましたら、厳しくご指導お願い致します。
2017/01/24(Tue) 10:59 | URL  | ryoco #oUPgpoCM[ 編集]
初めて投稿します
ぴよすけ様

こんばんは。初めまして。
長い間ずっと保険について悩んでおり、いろいろ調べている際こちらのサイトに巡り合い、すべての記事およびコメントを拝見しました。
全ての記事とコメントを拝見した後も毎日何度も何度も見直して勉強させていただいております。
記事自体ももちろん本当に勉強になりますが、あわせてコメント欄も、いろんな方からの様々な質問、
それに対するぴよすけ様や保険に詳しい、もしくはプロの方からの様々なアドバイス、本当にためになります。


私の考えは短期の医療保険は不要、がんは患う可能性を感じており、通院と自由診療に限ったものをと思い
先日保険の窓口で契約をしてまいりました。私は41歳女性です

医療
チューリッヒ 終身医療保険プレミアムDX
終身払い 年払い24092円(手術特約2型を外していない金額)
入院日額保障:5,000円
1入院保障限度日数(7大疾病以外):365日
特約 
「7大疾病延長入院特約、ストレス性疾病延長入院特約」
「入院給付金免責日数60日特約」
「先進医療特約」
手術特約2型は契約後にカスタマーに連絡して外す予定です

ガン
チューリッヒ 終身ガン治療保険プレミアム
終身払い 年払い21545円(のちに診断特約12085円を外して9460円になります)
放射線およびホルモン治療通院 月10万
診断特約 1回につき50万円

ガン
SBIのがん保険(自由診療タイプ)
5年更新 年払い 19390円(40代女性なので高いです)

今回相談させていただきたいことが二つあります。
まず一つ目は上記のチューリッヒの医療及びがん保険、実はともに3大疾病時の払い込み免除付きの金額です。
P免が必要かどうかさんざん悩み、医療とガン両方で年に5千円プラスの支払いであれば、と思いつけてしまいました。ただ契約後に再度色々と計算をして不要だったか。。。失敗だったかと悩んでおります。
私はヘルニアがありチューリッヒの審査中なのでまだ内容の変更が間に合うため
悩んで悩んでどうしようもなくなってしまいこちらに書き込みさせていただきました。
ガンになりそうというのは、特にガン家系ではないのですが、低体温だったりストレスが多かったり病弱だったり
生活習慣が悪かったので今近い将来のガンを心配しています。

保険相談の時の見積もりなのですが
医療 P免あり終身払い 年24092円
   P免なし終身払い 年20928円
   P免あり65歳払い込み 年37264円
   P免なし65歳払い込み 年は不明 月3008円


ガン P免あり終身払い    年21545円
   P免なし終身払い    年19435円

2つ目の質問なのですが、過去のコメント欄の質問でも同じ質問はみておりますが、
終身払いか60、65歳ないし70歳等の払い込みにするかどうかです。
私は終身払いにしてしまったのですがこれもまだ変更可能なので悩んでおります。

上記2点についての相談になります。
お忙しい中こんな長文の内容の質問で本当に申し訳ありません。
お手数をおかけして本当に申し訳ないのですがどうぞよろしくお願いいたします。
2017/01/25(Wed) 19:42 | URL  | ねむ #-[ 編集]
Re: 追記
管理人です。

ryoco様、コメントありがとうございます。また、お褒めの言葉も賜り大変嬉しい限りです。今後も精進してまいります。

それでは早速、ご質問にお答えします。

まず、ロングとプルのダブル加入は賛成です。

しかしながら、私は短期入院保障絶対不要論者ですので、プルを継続する意義はないと思っております。ただ、今まで保険料を払ってきたプルを活かしたいというお気持ちは理解できますし、ロングだけですと先進医療保障がありませんので、そのような前提があっての賛成です。

ですので、80歳以降短期入院保障がなくなることを許容する英断には、大賛成でございます。

また関連して、保険の窓口が勧めているメディフィットAと新医療保険Aプラスには反対です。

無駄に保険料が高い短期入院保障にお金を振り向けるべきではありませんし、治療費が高額になるとは思えない上皮内ガン保障は不要ですし、通院保障云々もチューリッヒのガン保険プレミアムDXのほうがあらゆる点で秀でていますし、これらの大きなデメリットの前では心疾患や脳血管疾患のP免定義メリットで得られる期待利益は些末な問題だと処理せざるを得ないと考えます。

そして、ご夫婦で同じ保険に加入することにつきましては、私は仕方ないと思います。

別々に加入した方が、リスク分散としては好ましいのでしょが、選択肢が限られている以上、リスク分散メリットよりも最も望ましい保険を諦めなければならないデメリットのほうが大きいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。ご質問に的確に答えられていない部分等ございましたら、申し訳ございません。
2017/01/25(Wed) 22:49 | URL  | 管理人⇒ryoco様 #-[ 編集]
Re: 初めて投稿します
管理人です。

ねむ様、コメントありがとうございます。また、ご愛読ありがとうございます。

今回ご選択された保険を見て「私が伝えたいことはきちんと伝わっているんだな」としみじみ思いました。嬉しい限りです。

さてP免と払込期間についてですが、既にご承知かと思いますが私は対外的に説得力のある考えを未だにお示しすることができません。

ちなみに私自身はP免ありの60歳払込を選好します。理由は以下のとおりです。

1.どうせ終身加入するならさっさと払い込みを終わらせたい。

2.60歳払込終了と同時に死亡すれば、保険的には最高に損するが、貯めておいた老後資金を遺族にたくさん残せるので別に構わない。

3.終身払で長生きすれば、保険的には最高に損する。しかも、貯めておいた老後資金も減少していく一方である。これはダブルパンチで困る。

4.しかし一方で、終身払ならば毎年の個人年金控除が受けられる可能性がある。

5.60歳払込の場合、先行して支払った保険料から保険会社が運用益を生み出せるため、平均的に終身払よりも保険料が安い。ただし、終身払であっても自分で運用すれば同じことが言えるので必ずしも60歳払込が有利とは言えない。だがしかし、実際問題として、意識して運用することもないだろうし、3のリスクは嫌だから、もういっそ60歳払込で済ましたい。

6.そこで60歳払込とP免の関係を見ると、P免の仕組み上、60歳までにP免が発動する可能性が極めて低いため保険料が大変安価である。仮に保険加入と同時にP免が発動したならば月額保険料1円当たり1万円の保障が得られる程度の事態なのでコスパは良好である。従って、先進医療保障同様、コスパに優れる保険は付加すべきであると私は考えるので、一先ず保険加入初期はP免を付加し、中期~長期でコスパが低下したと考える然るべきときにP免を外すことになる。(でも恐らく保険料が安価なのと面倒なのでそのまま60歳を迎えてしまう)

今のところ、この程度の認識です。3のダブルパンチを避けたいのが60歳払込を選好する大きな論拠ですが、年金と保険料控除の関係を詰めないとあまり有意義でもないですね。

こう実際に書いてみると、意外に記事に出来そうな気がしてきました。頑張ってみるかもしれません。何はともあれご参考になれば幸いです。
2017/01/25(Wed) 23:42 | URL  | 管理人⇒ねむ様 #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
管理人様

ryocoです。
お忙しい中、早々にご連絡ありがとうございます。

長年加入したプルをすぐに切れない心情にご配慮いただき、また私の浅はかな思い付きでロングとのダブル加入も短期入院を80歳まで終わる部分を許容する前提でご賛同いただきまして、感謝いたします。

そして、保険の窓口ですすめられた保険についてもアドバイスいただきまして、とても助かりました。
これでは現在短期入院のみにお金をかけているプルの二の舞ですよね。やっぱり、PFさんにすすめられた2社は見送りたいと思います。

管理人様、もう少しご意見お聞かせください。

管理人様の
>しかしながら、私は短期入院保障絶対不要論者ですので、プルを継続する意義はないと思っております。

とのご意見いただいたのですが…

プルを継続しない場合、
①管理人様のおすすめの医療保険、保険プランはございますでしょうか?

②また主人の家系ががん家系なのでがんに対する備えも必要かどうか。医療保険でのがんの特約をつけるとかがん保険加入も検討するべきか。

*現在主人の収入は30万前後で、貯蓄は300万円ほどです。

前回は私の思い付きや考えばかりを先行させてしまいまして、シンプルにこれらの点をお聞きしてできておりませんでした。医療保険を再検討するにあたり、
もしよろしければ、ご意見いただけたら幸いです。

お手数をおかけして申し訳ございませんが何卒ご検討のほど宜しくお願い致します。
2017/01/27(Fri) 16:54 | URL  | ryoco #oUPgpoCM[ 編集]
お返事どうもありがとうございました
ぴよすけ様

こんにちは。私の長文の質問に対し、平日にもかかわらず即座にお返事くださいまして本当にどうもありがとうございました。心より感謝申し上げます。
非常に丁寧にお答え下さり、無料で相談させていただいてますのに本当に申し訳ないです。
保険の窓口でも払込期間およびP免有無の相談をしたのですが
ぴよすけ様のような明確なアドバイスは一切もらえず、自分で考えて出直して来いというようなことを言われショックを受けていたところでした。
(保険の窓口ではチューリッヒの医療およびがん保険はあまり成績に響かないのかチューリッヒのみの相談というと他の保険の話も聞けと厳しく言ってきて、
チューリッヒのみでとお願いするとこちらの相談にはその後アドバイスは殆どもらえませんでした)



払込期間とP免の件ですが、チューリッヒのガンのほうは審査がとおってしまい
終身払い、P免ありで変更きかずとなってしまいました。
医療保険のほうは、今日カスタマーに連絡し、2月中であれば代理店経由で変更可能とのことでまだ考えることができます。
もう少しお力を貸していただければと思い書き込みいたしました。
(長文の相談になってしまい本当に申し訳ありません。以前のコメント欄にて
ぴよすけ様への相談はずうずうしいの論議の際のぴよすけ様のお言葉に甘えさせて頂きたいと思います)


前回ぴよすけ様がご提示くださった1~6について何度も読み直し致しました。
そして頂いたアドバイスを参考に再度色々調べ、こちらのブログ、コメント欄も再度何度も読み直して、色々考え、保険料の計算をし、シュミレーションをおこないの繰り返しでまたわからなくなってきてしまいました。




私がはじめ終身払いにしたのは、保険の見直し切り替えをする可能性を考えたためです。
今回チューリッヒ 終身医療保険プレミアムDXで手術給付金を外せるようになり、この保険が良質保険になったように今後ほかの保険の内容が良くなった際見直す機会があることを考えたり、
(終身ガン治療保険プレミアムが自由診療も対象になる、楽天ロングに7大疾病無制限、先進医療がつく、プレミアムDXにロングのような全疾病3年のタイプがでる。。。など色々保険の内容が変わったり他の良質保険がうまれたりの可能性)
又私の年齢的に、私の保険加入期間にさほど大きな変化はないと思いますが、
一応今後の医療技術の進歩等により保険の内容自体が変わってくる可能性も一応考えてです。
ただ私はもう41歳なので今後見直しをした際に不担保疾病がついたり、保険自体加入できない可能性も考えましたが、保険自体加入できないような状態であれば今の保険を解約しないですし
不担保疾病に関しては、私は重篤な長期入院に対する医療保険は必要ですが
短期入院に対する医療保険は不要なので問題ないと思いました。

また保険会社破綻の影響も終身払いのほうが少ないと思いました。



ぴよすけ様が今回アドバイス下さったとおり、
〇3.終身払で長生きすれば、保険的には最高に損する。しかも、貯めておいた老後資金も減少していく一方である。
これはダブルパンチで困る。

が私が一番ひっかかったところです。
私の場合は終身払いで78歳まで払ったところで65歳払い込みと同じくらいの払込金額になるため
78歳以上の長生きで損益となります。(大体70代半ば、80歳前後が損益分岐点のようですね)
78歳以降も保険料を払い続けるならば有期払い。。。となるのでしょうが
ぴよすけ様のブログも拝見し、その年齢ならば保険は不要になり解約の可能性もあるのではと思ったり、
でも今の高齢者医療費1割負担がこのまま続くのか、高額療養費制度も上限の変更や高額療養費制度自体がなくなる
など心配もあるので長生きした場合の医療保険をやめるリスクも考えてしまいます。
(女性の平均寿命の89歳まで終身払いをした際の65歳払い込みとの差額は26万円なので
そこまで大きな金額ではないのでそうなったらそのまま継続しそうですが)


〇4.しかし一方で、終身払ならば毎年の個人年金控除が受けられる可能性がある。

については、私は現在は専業主婦ですが、老後(60歳以降です)は実家の家業を継ぐ可能性があり
個人年金控除ではないのですが、確定申告にて所得税控除および住民税控除で
医療およびがん保険を老後も払い続けると念に3750円税金が戻る計算でした。
ただ仕事も何歳まで続けられるかわからないのでなんとも言えないです。
(私の祖母は91歳で現役ですが私がそんな年齢まで健康に仕事ができるか難しいと思います)



〇6.そこで60歳払込とP免の関係を見ると、P免の仕組み上、60歳までにP免が発動する可能性が極めて低いため
保険料が大変安価である。仮に保険加入と同時にP免が発動したならば月額保険料1円当たり1万円の保障が得られる程度の事態なので
コスパは良好である。従って、先進医療保障同様、コスパに優れる保険は付加すべきであると私は考えるので、
一先ず保険加入初期はP免を付加し、中期~長期でコスパが低下したと考える然るべきときにP免を外すことになる。

についてはP免あり、なしで65歳払い込みと終身払いでの月の差額は49円でした。
P免の保険料が終身払いより有期払いのほうが安価というのが一般的のようですが終身医療保険プレミアムDX では残念なことに差額はあまりありませんでした。。。
また終身医療保険プレミアムDX ではP免を途中で外すことができないことも残念なところです。
有期場合のほうが終身払いよりP免の金額が安かったり、P免を途中で外せればこんなに悩まずに済むのにと本当に残念に思います。



本当に長々と申し訳ありません。
私が今回悩む原因が以上なのですが、読んで頂いてご意見を頂ければ幸いと思っております。
頂いたご意見をもとに最終結論をだしたいと思っております。

毎日寒く、インフルエンザも流行っており、体調を崩しやすい時期ですのに
ぴよすけ様のご負担になることで本当に申し訳ありません。
お手数をおかけしまして本当に申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。




2017/01/27(Fri) 19:04 | URL  | ねむ #Ib5UFj1M[ 編集]
ryoco様
ryoco様
今回新たにされている二つの質問については
管理人様のブログにご質問の答えは全て書かれているかと思います。コメント欄も読むとさらに分かりやすいですよ。ブログを全て読んだ上で質問されるといいかと存じます。
2017/01/27(Fri) 19:52 | URL  |  #-[ 編集]
Re: お返事ありがとうございます。
管理人です。

ryoco様、コメントありがとうございます。考えの整理に役立ったようで幸いです。

> ①管理人様のおすすめの医療保険、保険プランはございますでしょうか?
> ②また主人の家系ががん家系なのでがんに対する備えも必要かどうか。医療保険でのがんの特約をつけるとかがん保険加入も検討するべきか。

他の方からコメントが来ておりますが、①につきましては、当ブログ左側の「保険商品診断」カテゴリにあるとおりです。具体的にはチューリッヒのプレミアムDXや楽天のロングで、プラン設計も記事のとおりです。

ただ、一般論として評価しているため家計状況によっては優れていない可能性がありますのでご注意下さいませ。

②につきましては、遺伝性のガン家系なのであればガン保険加入は確率的に有利なので前向きに考えてよいと思います。

がん保障の契約方法につきましては、まずは自分が欲している保障設計を固めるのが先決です。

当該設計に合致する保障ががん保険で買えるなら問題ないですし、医療保険の特約でしか買えないのであれば特段欲していない医療保険に入ることの損失と当該設計を手に入れる利益を天秤にかけて利益が勝るのであれば加入決定、そのような理解で宜しいかと存じます。
2017/01/27(Fri) 21:45 | URL  | 管理人⇒ryoco様 #-[ 編集]
Re: お返事どうもありがとうございました
管理人です。

ねむ様、コメントありがとうございます。そちらの保険の窓口は最悪ですね。ただ私も振り返ってみれば、保険の窓口では一般的な医療保険やガン保険を勧められて困った記憶があります。

一応は「もしかすると私の知らない角度から、有意義な情報を提供してくれるかも」と期待しているのですが、いつも期待は裏切られます。そして短期入院保障の価値やら何やらの合理的な説明を求めると言葉が返ってこない、そんな感じで乗合代理店を何軒もはしごしていましたね。


> 私がはじめ終身払いにしたのは、保険の見直し切り替えをする可能性を考えたためです。

前回は乗換を考慮しないでコメントしましたが、保険の乗換可能性を見込んでしまうと終身払が魅力的に映りますね。

二兎は追えないわけですので、詰まるところは、いざという時の乗換メリットと長々と述べてきた短期払込メリットの比較になりますが、乗換メリットに分があるように感じます。

確かに今後革新的な保障が出てきたときに乗換が困難な状態にはなっていたくないですからね。旧来型の医療保険に加入していたら先進医療保障とか結構欲しくなるでしょうし、今後「患者申出療養」保障がお安く提供されたらこれも欲しくなるでしょうし。

前回コメントと言っていることが異なりますが、考えが確立していないためご容赦下さい。今の私は終身払優位派に傾いております。


> ぴよすけ様のブログも拝見し、その年齢(78歳)ならば保険は不要になり解約の可能性もあるのではと思ったり、

いえ、終身払であっても78歳まで加入したのであれば生涯加入し続けるべきだと私は思います。

入院リスクが高い時期に医療保険を解約してはなりません。終身医療保険は、若い時にリスクに見合わない割高な保険料を払う一方で、老いた時にリスクに比べ割安な保険料で保障してもらえるのですから、解約はいけないと思います。


> 私は現在は専業主婦ですが、老後(60歳以降です)は実家の家業を継ぐ可能性があり
> 個人年金控除ではないのですが、確定申告にて所得税控除および住民税控除で
> 医療およびがん保険を老後も払い続けると念に3750円税金が戻る計算でした。
> ただ仕事も何歳まで続けられるかわからないのでなんとも言えないです。
> (私の祖母は91歳で現役ですが私がそんな年齢まで健康に仕事ができるか難しいと思います)

念頭にあったのは老齢年金に対しての生命保険料控除だったのですが、よもや生涯現役という方向になるとは思いませんでした。生涯現役、大好きです。91歳でも働くなんて、私も数十年後の必ず見習いたいと思います。

専業主婦となると基本的には老齢基礎年金だけですので、税金還付も多くはなさそうですね。しかしながら、年金と保険慮控除の関係はまだ精査できておらず、あまり深くは語れないところでございます。


> P免あり、なしで65歳払い込みと終身払いでの月の差額は49円でした。
> P免の保険料が終身払いより有期払いのほうが安価というのが一般的のようですが終身医療保険プレミアムDX では残念なことに差額はあまりありませんでした。。。

失礼しました。私も今ネットでプレミアムDXを41歳女性、60歳払込、60日型、日額5千円で試算したところ、P免の保険料は月額165円でした。支払総額が80万円程なので「月額保険料1円当たり1万円」ではなく「月額保険料1円当たり5千円」ですね。65歳払込ですとP免は220円、終身払ですと月額265円でした。ねむ様のご試算と概ね一致していますね。しかもP免を外せないとは再び失礼しました。

私の中のマイルールでは「月額保険料1円当たり1万円」が保険の価値基準なので、最高に得したとしても基準の半分に満たないことは微妙に思います。


これはやはり謝らねばなりません。終身払より短期払込が良いと言っておきながら終身払派に鞍替えし、P免必要といっておきながらP免不要と言い放ち、昨日の今日で言っていることが正反対という愚かさ、大変申し訳ございませんでした。考えがまとまっていない事柄について思いつきでベタベタと打たぬよう留意させていただきます。
2017/01/27(Fri) 22:56 | URL  | 管理人⇒ねむ様 #-[ 編集]
大変失礼いたしました
管理人様

ryocoです。

早々にお返事いただきまして、ありがとうございます。

また不勉強なまま、初歩的な質問をしてしまい、
本当に申し訳ございません。

コメントをいただいた方の仰る通り、管理人様のブログを拝読すると答えがあります。
改めて振り返りますと…愚問だったと、自分でも恥ずかしく思います。

他の方のコメントを拝見するとよくお調べになり、考えられた上で、管理人様に質問されていらっしゃいます。
そこから考えましても、自分が不勉強であった点は明らかです。
深く反省しております。

管理人様がご不快なお気持ちになられたことと思います。
お忙しい中、親身に相談にのって下さる管理人様に対して本当に失礼いたしました。申し訳ございません。

また、コメントをくださいました方にもご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

今後はしっかりと考えて内容のあるコメントをしたいと思います。まだまだ不勉強な身ではありますが、保険についてこれからも勉強していきたいと思っておりますので、
管理人様、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/01/28(Sat) 19:13 | URL  | ryoco #oUPgpoCM[ 編集]
Re: 大変失礼いたしました
管理人です。

ryoco様、コメントありがとうございます。そんなに恐縮なさらないでください。他にも同じ様なコメントは受けますし、私も似たような経験ありますし、誰しもそうです。私が本文記事に色々と記事リンクを貼るなど工夫していないせいでもありますし、私こそ申し訳ないです。

お互いこの経験を活かし、前に進みましょう!!今後とも当ブログを宜しくお願い致します。
2017/01/29(Sun) 15:27 | URL  | 管理人⇒ryoco様 #-[ 編集]
メットライフ新終身医療保険
管理人様

yuzuと申します。
定期的に拝見させていただいております。
初めての投稿失礼いたします。

定期的に保険の見直しをしており、今回は妻の保険を検討しております。

その中でメットライフの新終身医療保障730日型はなかなか良いなと思いました。

契約年齢41歳女性
主契約5000円~保険料2075円
7疾病入院延長特約~保険料25円
手術保障特約~保険料735円 ← 契約後に外せる!
先進医療特約10年更新~保険料107円

730日でこの内容なら検討の価値があるかと思いました。また、加入時には外せない手術特約も加入後に外せるのも良いと思いました。

自分は去年、新キュアの主契約4000円(ガン特約無し)に加入しましたが、メットライフに移ろうかとも考えています。

管理人様のご参考にされば幸いです。
2017/01/31(Tue) 17:24 | URL  | yuzu #-[ 編集]
Re: メットライフ新終身医療保険
管理人です。

yuzu様、コメントありがとうございます。いつもご覧くださり嬉しゅうございます。

情報ありがとうございます。メットライフの終身医療保険ということなので、フレキシィだと思いますが、そうでしたか手術保障が外せるのですね。手術保障がない分、新キュアよりもコスパに優れそうですね!!

多くの保険で手術保障は標準装備されていますが、意外に多くの保険で外せるのかもしれませんね。手術保障については、値段が張る割には小粒な保障しか期待できないため、短期入院保障と並んで必要ない保障の双璧だと思っています。

フレキシィは長期入院保障に加えて短期入院保障も欲しい方には良い選択肢ですね。ありがとうございます。
2017/02/01(Wed) 20:09 | URL  | 管理人⇒yuzu様 #-[ 編集]
チューリッヒのプレミアムDX
ぴよすけ様

こんにちは。以前チューリッヒのプレミアムDXの
払込期間およびP免の付加の有無について質問させていただいたものです。

すぐにお返事いただきましたのにこちらからの返信が
遅くなり大変申し訳ありません。
払込期間についてはすぐに終身払いと決まったのですが、P免について実は昨日までずっと悩んでいて
昨日やっとチューリッヒに返答をしました。

結果はP免は不要と思いながらもつけることにしました。
この後40年間P免の料金を払い続けると
3大疾病にならなかった場合
医療のみで126560円、がん保険(プレミアム)で
84400円、両方で210960円無駄になりますが
もし3大疾病にならなくて21万無駄になっても
健康でいられてよかったと諦められるけれども
万が一そこまでに3大疾病になった場合は、やはり
P免をつけておけばよかったと後悔すると思ったからです。

つけて健康で無駄になった場合よりも
つけなくて3大疾病になった場合のほうが自分は絶対後悔すると天秤にかけました。
(今から50年間、91歳まで生きられた場合、
82、3歳くらいで3大疾病になるとP免の支払額とその後免除される金額が大体同じになるのでそこまでに
ガンになるのでは。。。と思ったのも少しあります)

P免について悩んでいる期間、こちらのブログを何度も読み直したり、インターネットでも色々と調べたりしてまた新たな疑問や不安も出てきてしまいました。

こちらのブログの他の記事のコメント欄でもありましたが
もしガンになった場合、放射線、
ホルモン治療、抗がん剤以外の治療が主流になると
チューリッヒのプレミアムでは意味がない、
ガンの診断給付金がでるような保険も必要か(ガードエックスなど)

また昨日妹の保険見直し(新キュアをやめる予定でチューリッヒの医療およびがん保険、そしてSBIのガン保険加入)に保険の窓口に行ってきたのですが
その際チューリッヒのプレミアムDXで365日型(60日免責付き)にするならば7大疾病無制限は不要といわれたことについても悩んでしまいました。
(こちらのブログの新キュアの記事でも少なからず3大、7大疾病の長期入院患者がいることを拝見していましたし
料金も安いので、昨日は保険の窓口のアドバイスを押し切って
妹の保険に7大疾病無制限をつけて加入してきました)
以上2点の疑問につきまして、ぴよすけ様のお考えを伺えればありがたいと思いますので、お時間のある時にお返事いただければ幸いです。
わがままばかり申しまして本当に申し訳ありません。


今回の保険の見直しは一応は完了しましたが、今後より良い保険が出た場合に
保険の見直しができるように、今後もこちらのブログを拝見し、勉強していきたいと思っております。
ぴよすけ様には本当に本当に感謝しております。

2017/02/10(Fri) 16:46 | URL  | ねむ #-[ 編集]
間違えました
度々申し訳ありません。
上のコメントでがんの新たな治療法が主流になった場合、診断給付金が出るがん保険が必要かとの相談で
ガードエックスと書きましたが
ガードエックスは、診断給付ではなく治療給付なので
間違えました。診断給付のでるがん保険の誤りです。
度々申し訳ありませんでした。
2017/02/10(Fri) 16:55 | URL  | ねむ #-[ 編集]
Re: チューリッヒのプレミアムDX
管理人です。

ねむ様、コメントありがとうございます。P免について悩み抜いた末でのご決断、お疲れさまでした。あまりお役に立てるコメントを行えませんでしたが、少しでも参考になっていれば幸いです。

P免は何かと難しいですよね。今後とも勉強していきたいと存じます。ただでさえ不安な有事の際に後悔までしたくないですね、一方で積極的に付ける理由もなかなか見出せずホント難しいです。


> もしガンになった場合、放射線、
> ホルモン治療、抗がん剤以外の治療が主流になると
> チューリッヒのプレミアムでは意味がない、
> ガンの診断給付金がでるような保険も必要か

抗がん剤治療以上に金銭的負担を要する治療が確立する危険性もあるため、コスパが良ければ必要だと思います。しかしながら、既存の診断給付金型の中に有望なものは見い出せません。初回診断給付金100万円といった一般的な保障が改まらない限り、コスパのよいガン保険は生まれないと考えています。

恐らく理想的な保障方法のひとつは、がんプレミアムの範囲を広げたもの、つまり「ガンに伴う何らかの治療または緩和ケアを行っている月毎に10万円支給」といったものでしょう。

こういった保険ならば軽度ガンに対する保障が少なくコスパが良好になるであろうから必要性が高いと言えると思います。


> チューリッヒのプレミアムDXで365日型(60日免責付き)にするならば7大疾病無制限は不要といわれたことについても悩んでしまいました。

ほけんの窓口側の真意が分からないので言明できませんが、ほけんの窓口側の発言意図は十中八九「7大疾病で365日以上も入院する確率なんて無視できる範囲だから、無制限保障なんて無意味だよ」だと思料されます。ねむ様も同じように受け取ったのだと思います。

もしこのような趣旨での発言だったのであれば、ねむ様のご認識のとおり、7大疾病無制限は付加すべきだと思います。

一方で、もしも仮に万が一ほけんの窓口側がやたら精通している人で、発言意図が「入院365日を超えて7大疾病無制限保障の請求を受けた過去5千事案のうち、保険会社に認められた例は皆無である。これらの事案は全ていわゆる社会的入院であって、入院給付金が支払われる性質のものではなかった。」というものであったなら、私なら一旦家に帰って考え直します。

以上、ご回答いたします。これからも色んな保険が出て来て迷うこともあるでしょうが、ぜひ一緒に答えを探しましょう!
2017/02/10(Fri) 22:12 | URL  | 管理人⇒ねむ様 #-[ 編集]
お返事どうもありがとうございました
ぴよすけ様

こんにちは。
すぐにお返事くださいまして本当にどうもありがとうございます。
いつも大変丁寧にお返事下さり、無料で相談させていただいてますのに
本当に申し訳なく思います。


ガン保険については、既存の診断給付金が出るタイプで入りたい保険がないので
がんプレミアムのみで今回は様子を見たいと思います。
コメントにて、私の不安を取り除いて下さり本当に感謝しております。

現在の治療方法以外ががん治療の主流になった際、
ぴよすけ様がおっしゃったような
「ガンに伴う何らかの治療または緩和ケアを行っている月毎に10万円支給」
というような保険がでれば、その時に私が保険を見直せる健康状態であればぜひそうしたいです。
いつでも柔軟に保険の見直しができるように今後もこちらのブログにお世話になって勉強していきたいと思います。(そうすると保険の払込期間を終身払いにしてよかったです)


7大疾病無制限についてもどうもありがとうございました。
保険の窓口の方の意見は
「7大疾病で365日以上も入院する確率なんて無視できる範囲だから、無制限保障なんて無意味だよ」のほうです。
理由は、各疾病の平均入院日数の資料を見せられ、その際1年以上入院するのは精神疾患のみと言われたこと、
又どうしても7大疾病無制限をつけたいのならば、365日型ではなく、
60日型にして7大疾病無制限をつけたほうがいいと言われたことです。


「入院365日を超えて7大疾病無制限保障の請求を受けた過去5千事案のうち、保険会社に認められた例は皆無である。これらの事案は全ていわゆる社会的入院であって、入院給付金が支払われる性質のものではなかった。」
のほうでは明らかになかったです。

無制限の保証は安心ですが、もし実際そうなった際は保険会社の審査も厳しいだろうし、医学的入院ではなく、社会的入院とされてしまうのではないかも心配です。高齢者なので余計にですが、自分の周囲の長期入院患者をみてもそう思います。



保険の見直し完了と申しましたが、最後にコープの介護保険に入って
本当に完了の予定です。
すっと保険について悩み、眠れない毎日を救ってくださった
こちらのブログ、ぴよすけ様に心から感謝しております。

> これからも色んな保険が出て来て迷うこともあるでしょうが、ぜひ一緒に答えを探しましょう
と書いて下さったのも本当に本当に嬉しかったです。


今後もこちらで勉強させていただきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
今回は本当にどうもありがとうございました!!
2017/02/11(Sat) 13:15 | URL  | ねむ #-[ 編集]
Re: お返事どうもありがとうございました
管理人です。

ねむ様、コメントありがとうございます。お役に立てたようで幸いです。こちらこそねむ様とのやり取りを通じ、大変勉強できました。ありがとうございました。

そうでしたか、ほけんの窓口の担当者はステレオタイプ型でしたか。わずかな希望を抱いていただけに残念です。ただ、不安になるようなことを指摘してくれると結果的に理解が進みますので嬉しいことではありますよね。

色々な保険・特約の評価は私一人の価値観では困難でもありますし、こちらこそ今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!!
2017/02/11(Sat) 19:26 | URL  | 管理人⇒ねむ様 #-[ 編集]
大事な点
先進医療が付加できますが、先進医療は同一保険会社で一契約のみです。
ほとんどの場合、問題になりませんが、この保険会社は良質な終身がんプレミアムを出していますので、がん保険の先進と競合する可能性が出てきてしまいます。

どちらか後に契約する方では他契約の先進を解約しないかぎり先進医療を付加することが出来なくなります。一般的にがん先進より医療保険の先進のほうが範囲が広いためそちらを生かすよう勧められます。

しかし、がん先進を切ってしまうと将来医療保険をやめたくなったときに先進医療がない状態になってしまいます
どちらの先進をいかすのか、よく考える必要があります
2017/03/05(Sun) 17:39 | URL  | もうしこみ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

もうしこみ様、コメントありがとうございます。

まさにご指摘のとおり大事な点ですね。どんな終身保険も陳腐化は避け難いですものね。先進医療保障の単品売りをしてくれないが故に、こんなことに。。。
2017/03/05(Sun) 20:53 | URL  | 管理人⇒もうしこみ様 #-[ 編集]
収入保障保険で備えるパターン2
書き込みは初めていたします。
結婚二年目に入るところですが、まだどの保険にするか決めきれず
こちらのサイトで勉強させていただいております。

質問です。
精神疾患を長期間サポートする保険として
チューリッヒの収入保障保険プレミアムは使えませんか?
ストレス性疾病保障付就業不能保障特約を付加することが出来ます。

あいおいの総合収入保障保険III型に入る予定にしていましたが
精神疾患にも備えられるなら、チューリッヒもいいのではないかと。
ご意見お聞かせください。
2017/04/17(Mon) 08:34 | URL  | りなつん #Z8Kj4qwE[ 編集]
Re: 収入保障保険で備えるパターン2
管理人です。

りなつん様、コメントありがとうございます。こだわるとキリがない保険選びですが頑張っていきましょう。


> 精神疾患を長期間サポートする保険として
> チューリッヒの収入保障保険プレミアムは使えませんか?
> ストレス性疾病保障付就業不能保障特約を付加することが出来ます。

ご指摘の特約の場合、最長でも2年保障だと承知しております。

2年程度の保障があれば十分だとお考えならばチューリッヒでも問題ないと存じます。

しかし、私としては長期入院の態様を見る限りにおいて、2年ではこころもとないため、総合収入保障保険が好みな次第です。
2017/04/17(Mon) 20:12 | URL  | 管理人⇒りなつん様 #-[ 編集]
>管理人様
総合収入保障保険は二級は除かれているので、収入保障保険プレミアムの方が条件が緩そうに見えてよかったんですが
やはり二年が問題と再認識いたしました。
必要な時に途切れてしまっては意味がありませんね。

うかがうことができてよかったです。
総合収入保障保険IIIで決めようと思います。
ありがとうございました。
2017/04/18(Tue) 09:31 | URL  | りなつん #Z8Kj4qwE[ 編集]
Re: >管理人様
管理人です。

りなつん様、コメントありがとうございます。お役に立てたようで幸いです。また何かございましたらコメント下さいませ。
2017/04/20(Thu) 21:46 | URL  | 管理人⇒りなつん様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック