上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 私は、自動車保険の人身傷害補償額を『無制限』で契約しています。

 私が仮に年収1億円プレーヤーならば、『無制限』を選択するのは当然です。事故時の所得損失が大きいのですから。しかし、私はただの公務員です。

 ほとんどの人は『3,000~5,000万円』で契約していますが、私は『最低1億円』は必要ではないかと思っています。

 どうして『1億円』なのか考えてみましょう。


◆みんなは何万円で契約しているの?

 まずは、人身傷害契約者が選んだ補償額の割合を見てみましょう。

人傷


 半数の人は『3,000万円』で契約しており、8割もの人が『5,000万円以下』で契約しています。

 多くの人は『5,000万円以下』が妥当だと考えているようですが、どうしてそのような結論に至るのか疑問です。

 交通事故の結果、高校生に3億円の損害が認められたり、59歳の主婦に2億円の損害が認められている中、なぜ『5,000万円以下』で安心できるのでしょうか。


◆数億円の損害を想定しよう

 『交通事故弁護士全国ネットワーク』には、2億円や3億円以上の高額損害事例が多数掲載されています。

 事例のほとんどは、被害者の死亡ではなく、被害者が重い後遺障害状態に至ってしまった場合です。介護料が発生するため、後遺障害の負担は極めて大きなものになります。

 もし、あなたや同乗者が、2億円や3億円に上る損害を被ったとしたら、人身傷害の『3,000万円』で足りるのでしょうか。

 仮にあなたの過失割合が60%の事故で、あなたに3億円の損害が発生した場合、相手方から相手の過失に基づく1.2億円は受け取れるでしょう。しかし、残り1.8億円はあなた側で手当てしなければなりません。

 補償してもらいたい損害が『1.8億円』なのに、あなたの契約している人身傷害補償額が『3,000万円』なのでは、損害をカバーし切れません。


◆後遺障害のための『倍額条項』

 もし、あなたが『3,000万円』で契約していても、ほんの少し安心して下さい。

 なぜなら、重い後遺障害に伴う多大な金銭的負担については、保険会社も把握しており、後遺障害の場合には契約額の2倍を補償してくれる条項、通称『倍額条項』が約款に規定されていることが多いからです。

 倍額条項があれば『3,000万円』で契約していても、『6,000万円』まで補償してくれるのです。倍額条項は、人身傷害の紹介ページに小文字でチョロっと書いてあるかないか程度の扱いですが、保険会社のチョロ文章にしては珍しく加入者に有利なものです。

 あなたの自動車保険に倍額条項はありますか? ないようでしたら倍額条項のあるものに切り替えたほうが良いと思います。参考までに、各保険会社の倍額条項の有無についてNPO法人の『ホクネット』が調査した結果がありますので、リンクを貼っておきます。『3:重度後遺症の倍額条項について(5~8ページ部分です)』


◆保険会社が算出する損害額は裁判所よりも低額

 事故時の損害額の算出に関しては、保険会社が自社の約款に基づいて算出する損害額(=人傷基準)よりも、裁判所で認定される損害額(=訴訟基準)のほうがかなり高額なことが知られています。

 一例を挙げましょう。一家の支柱を失った場合の慰謝料について、例えば大人の自動車保険やソニー損保の約款には『2,000万円』との記載があります。その一方で、訴訟基準は『2,800万円』です。まさかの4割増です。

 従って、交通事故によって大損害を被ったならば、裁判所に訴えることを考えたほうが良いです。

 また、重要な点として、保険会社が訴訟基準による損害額を認めるかどうかといった問題があります。上記のホクネットのリンクで5~8ページだけでなく、1~4ページも見てみて下さい。

 なんと保険会社によっては、訴訟基準を認めないのです。裁判所で『3億円』の損害だと認定されているのに、保険会社が人傷基準を盾に『2億円』だと言い張る危険性を重く受け止め、訴訟基準に対応した自動車保険を選びましょう。

 また、ホクネット資料にあるとおり、人身傷害保険金を受け取るタイミングによっては、人傷基準となったり、訴訟基準となったりと変動する可能性もあるので注意しましょう。

 
◆費用対効果を踏まえて人身傷害『1億円以上』

 保険は費用対効果が重要です。人身傷害補償額を『1億円』にするのに年間保険料が10万円もアップするなら、それは契約すべきか悩ましい問題です。

 しかし、『1億円』にアップする程度なら、保険会社にもよりますが年間保険料はそこまでアップしません。

 例えば、30歳で初めて自動車保険に加入する場合で、『3,000万円』から『1億円』にアップするのに要する年間保険料は、大人の自動車保険で2,000円、ソニー損保で7,000円です。

 また、『3,000万円』から『無制限』にする場合は、大人の自動車保険で3,500円、ソニー損保17,000円です。

 両保険を比べると、上昇する保険料に大きな差があるため、補償内容に差異があるかもしれませんが、『1億円』までのアップは許容できるのではないでしょうか。

 『1億円』にしておけば、倍額補償で『2億円』まで対応できます。こちら側の過失割合が高めの事故を起こした場合でも、ほどほどに安心です。

 上昇保険料の高いソニー損保で考えてみても、年間7,000円の負担増で、『3,000万円』で契約するよりも最大で1.4億円も多く補償されるのですから、費用対効果は良好です。

 もちろん『無制限』のほうが安心ですし、おススメです。上昇保険料の高いソニー損保では『無制限』にするかどうか悩みますが、大人の自動車保険なら『無制限』を選びたいところです。

 『無制限』なら、こちら側の過失割合が極めて高い事故を起こしても、家族にビル・ゲイツが居ても大丈夫です。

 ちなみに、私が今年契約している保険会社はSBI損保です。別にSBIが最強だと申しているわけではなく、単純にSBIが最安だったに過ぎません。

 (ただ、SBIは例えば上述の慰謝料について、『1,700万円+状況により最大20%増額アリ』と規定しており、変なコストカットに積極的他社より控えめなので、思わぬ落とし穴がないか不安でもあります。約款の精査はさすがに負担ですし。。。)

 自動車保険は、毎年のように約款が変更されますし、条件次第で最安保険会社が変わるので更新のタイミングはホント大変ですよね。毎年のノンフリート等級の変動だけはRPGのレベルアップみたいで好きですが。



参考資料:大人の自動車保険の約款は『2014年6月1日』、ソニー損保の約款は『2014年4月版』、訴訟基準の慰謝料については「希望総合法律事務所
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
損害額3億とかって慰謝料込とかではないんですか?純粋に治療にかかる費用が3億??もし将来性などを含めて3億だとしたら、人身傷害補償額はそこまで加味して支払ってくれるのでしょうか??
2015/01/22(Thu) 00:45 | URL  | サスケ #pQpZY72.[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

サスケ様、コメントありがとうございます。

3億円にはもちろん慰謝料を含みますし、将来的な介護料も、得ていたであろう収入(逸失利益)も含まれます。

また、人身傷害の約款にも、慰謝料、介護料、逸失利益が対象になる旨の記載及び計算方法も載っています。

訴訟基準が認められるかどうかは保険会社によって異なりますが、訴訟基準が認められるならば3億円もあり得る額だと認識しています。
2015/01/22(Thu) 21:17 | URL  | 管理人⇒サスケ様 #-[ 編集]
人身傷害と対人損害の違い
どうもはじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

この記事の中で説明されているおとなの自動車保険の「人身傷害」は3000万〜無制限と選択可能ですが、自分自身と同乗者への保険です。相手方には支払われません。
おとなの自動車保険の「対人賠償」は無制限のみが選択でき、記事の中で説明されているような相手方への賠償となっています。

もちろん人身傷害は有用ですが1億円や無制限が必須かと言われるとはてなが浮かびます。聡明な管理人様に今一度確認をお願い致したく思います。
2015/01/24(Sat) 13:54 | URL  | まと #-[ 編集]
Re: 人身傷害と対人損害の違い
管理人です。

まと様、コメントありがとうございます。聡明になれるよう努力致します。

私の記事の伝えたいことと、まと様のご認識に差異があるので、確認しながら進めていきます。

> 「人身傷害」は3000万〜無制限と選択可能ですが、自分自身と同乗者への保険です。相手方には支払われません。

ご指摘のとおりです。


> 「対人賠償」は無制限のみが選択でき、記事の中で説明されているような相手方への賠償となっています。

本記事の中では、相手方への賠償には触れておりません。自分の過失が60%の事故によって、自分自身に3億円に上る損害が生じた場合、相手が40%の過失分の1.2億円は払ってくれるということで、相手「からの」賠償には触れております。

念のためですが、相手が対人賠償無制限に加入していても、こちらの受けた損害の100%は補償してくれません。相手は、相手の過失割合に基づく損害額を負担するだけです。

従って、この例の場合、自分の過失割合に基づく1.8億円は、自分自身への補償、即ち搭乗者傷害か人身傷害で補償する必要があると考えます。


> もちろん人身傷害は有用ですが1億円や無制限が必須かと言われるとはてなが浮かびます。

仰るとおり、必須ではありません。しかしながら、この例の場合、人身傷害3,000万円で契約した場合、倍額条項があっても6,000万円しか補償されません。

依然として1.2億円の損害は残り、誰からも補償してもらえません。このとき、人身賠償1億円に加入していれば、全ての損害が補償されたことになります。

年間数千円の保険料で、1.2億円も多く補償されるのですから、やはり私は1億円で契約したほうが良いと考えます。
2015/01/25(Sun) 08:26 | URL  | 管理人⇒まと様 #-[ 編集]
我が家も。
我が家も現在、「おとなの自動車保険」で人身1億つけています。
ゴールドだし、保険料がたいして上がらなかったので・・。やはり安心です。
次回は無制限も見積もってみます。。

☆ 追記 ☆(1/28)

契約月は6月なのですが、早速ネットより、無制限に変更致しました。昨日、妹が自転車で走行中、バイクに突っ込まれ、救急車で運ばれたと連絡があり、被害者になるか、加害者になるか・・いつ何が起こるかわからない!6月まで待っているよりすぐ変更しておこうと思いました(ー_ー)!!
個人賠償責任保険はこちらでもご紹介させて頂きましたJCBカードに付けていたのですが、ついでに個賠も自動車保険で追加加入しました。JCBは解約します。
個賠をおとなの自動車につけた方が安いのはわかっていたのですが、車を手放す時期がくるかも・・と思っていて、個賠はあえて単体で持っていました。
クレジットカード付帯のものって、売り止めになったりするので車を手放した時、加入できなかったら嫌だな~と思っていたのです。しかし、個賠も、1億と無制限なら無制限で持っておく方が安心だし、車を手放した時は、家財保険などでまた考えようと思い直し、安い、おとなの自動車保険に付けました。日本も、アメリカのようにすぐ訴え、裁判裁判になってきているので、今の世の中、無制限の方が安心ですね。個賠無制限で年間500円です。
見直すきっかけを作ってくださり、ありがとうございました。
2015/01/25(Sun) 10:29 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
管理人様へ
管理人様、返信が遅くなり申し訳ありません。回答ありがとうございます。

対人賠償と人身傷害を取り違えている可能性があるかと思いましたが、そうではないことの説明ありがとうございます。私の読解力が足りないばかりにお手数をおかけしました。

私は人身傷害の設定について最低限必要な額は一般の方で3000万円程度、それ以上は費用対効果だと考えています。私も1億円以上を設定した方がより良いと思います。

加害者側が無保険などにより損害賠償金を支払わない場合があることを加味した上で、損害賠償から今後稼ぐはずだった収入や精神的苦痛(慰謝料)が加算される前の最低限必要な額は3000万円程度と考えています。

「人身傷害は最低1億円が必要」と言う文章などから、最低限必要な額が1億円と仰っているものだとばかり思ってしまいました。申し訳ありませんでした。
2015/01/27(Tue) 23:02 | URL  | まと #-[ 編集]
Re: 我が家も。
管理人です。

yui様、コメントありがとうございます。

さすがはyui様、迅速なご対応ですね。お役にたてたようで幸いです。私の個賠も1億円までの補償なので、不安です。契約し直しを考えねばなりませんね。。。
2015/01/28(Wed) 21:19 | URL  | 管理人⇒yui様 #-[ 編集]
参考になります
ぴよすけさん、いつも勉強させていただいてます。私も最近自動車保険を勉強中ですが、さすがに鋭い踏み込みですね(^^)

自分側に補償してもらいたい損額が1億円を超えるケースというのは、自分や家族の死亡・高度障害のみにほぼ限られると思います(友人を乗せて死傷させたとしても対人賠償保険の対象ですし)。

そうしたケースは生命保険でもカバーされますので、私は人身傷害保険については基本的にケガへの補償として3000万円でも十分と考えています。

ただおっしゃる通りコストパフォーマンスの良さや、同乗する家族の高度障害時の保障まで踏まえて考えるなら増額もありかもしれませんね。
2015/01/28(Wed) 21:32 | URL  | どんきほーて #-[ 編集]
管理人さま。契約し直し・・・(個人賠償責任保険)
神戸の高校生の自転車事故では9500万の賠償命令が出ましたものね。
訴えは1億590万でした。
http://cyclist.sanspo.com/83116
これがもし我が家に、1億1千万の命令が出たとすると、保険外の残り1千万の支払いでも我が家の生活は狂ってしまいます・・・。

神戸の賠償金内訳は
 (1)将来の介護費約3940万円
(2)事故で得ることのできなかった逸失利益約2190万円
(3)けがの後遺症に対する慰謝料2800万円

・・・だそうですが、被害者は67歳の女性でした。
もし、被害者がもっと若ければ、将来的な介護費用もさらにかかり、賠償金はもっと跳ね上がるという事ですよね・・。

やはり、無制限の個賠の方が安心できます。
管理人さまもご不安であるならば、変更はなるべく早い方がいいですね(笑)
事故なんていつ起こるかわかりませんもの。
隣町で、40代男性の運転する自転車と60代の自転車とがぶつかり、頭を強く打った60代が亡くなるという事故がありました・・。自転車も恐いですね・・。

おとなの自動車保険の人身傷害ですが、
搭乗中の事故だけでなく、歩行中など車に搭乗していないときに遭った自動車事故も補償するタイプ(「車内・車外ともに補償」)の方が安心です。
ちなみに、自転車傷害特約も付けました。入院保障とかいらなかったけど後遺障害が欲しくて。小中学生になった子供の自転車運転は心配です・・・
同居家族全員補償で年間2000円ほど。他で自転車保険に加入するより安かったです。
自転車の事故で相手側が個賠等無保険って悲惨。対車の方が補償の意味ではまだマシかな。
2015/01/29(Thu) 10:32 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: 参考になります
管理人です。

どんきほーて様、コメントありがとうございます。

実は、全く同感です。人身傷害は、生命保険と医療保険の保障範囲と重なる部分が多いので、3,000万円で十分だと思います。

例えば病死も交通事故死も家計に与える損害に大差はないのですから、究極的には死亡保険金だけあれば良いとすら思います。

しかし、やはり費用対効果ですよね。年間数千円の人身傷害保険料をケチったばかりに、数億円の保険金を受け取れない事態は、やはり至極悲惨だと思います。

そして、家族以外の同乗者を乗せて事故った場合は、対人賠償で同乗者は補償されるのですね。勘違いしておりました。ありがとうございます。
2015/01/29(Thu) 22:34 | URL  | 管理人⇒どんきほーて様 #-[ 編集]
Re: 管理人さま。契約し直し・・・(個人賠償責任保険)
管理人です。

yui様、コメントありがとうございます。

仰るとおりだと思います。どんな不慮の事故が起きるか分かったものではありませんよね。やはり私も『無制限』の個賠に加入し直そうと思います。

おとなの自動車保険に乗り換えれば楽なのですが、SBIより年間2万円も高いんです。悩ましい。

いずれにしても、他の保険も物色しながら『無制限』に加入しようと思います。ご指摘下さり、まことにありがとうございました。
2015/01/29(Thu) 22:37 | URL  | 管理人⇒yui様 #-[ 編集]
管理人さま
我が家も、更新の度に見積もりをして最安値の会社で契約しています。
ソニー損保、三井ダイレクト、おとなの自動車と変わってきました。
また変更になった時、個賠が困りそうです(^_^;)

個賠に加入していなかった妹の為に昨日見積もりを取りましたので参考に。
広さや耐震物件等でも変わるとは思いますが・・。

東京海上日動

2DK 賃貸 マンション(古いので耐震割引きはナシ)
①家財200万 個賠無制限 年間2280円

②家財200万 個賠無制限 借家人賠償500万 年間3340円

③家財300万 個賠無制限 借家人賠償1000万 年間4460円

示談交渉付です。②で検討中。

管理人さまも良い契約が出来ますように☆


2015/01/29(Thu) 23:03 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: 管理人さま
管理人です。

yui様、何度もありがとうございます。

ご提案の保険はかなり良さそうですね。私も、東京海上日動の家財保険で検討してみます!!
2015/01/30(Fri) 22:21 | URL  | 管理人⇒yui様 #-[ 編集]
自動車保険について
以前は医療保険の方で多くの質問に丁寧にお答えいただきありがとうございました。

今回は自動車保険に関してお聞きしたいのですが、現在SBI損保の自動車保険に加入しており、3ヶ月後に満期日を迎えるため、見直しを含めて一括見積りをしようと思っています。
そこで補償内容で必要な金額や必要な特約、不要な特約についてお聞きしたくコメントさせて頂きました。
現在の保険の内容は以下です。

契約自動車:ハイラックスサーフ TRN210W(事故なし) 初年度登録:H21.4

基本補償内容
車両保険種類:一般車両 車両保険金額:205万円 車両自己負担額:5-10万円
対人賠償保険金額:無制限 自損事故保険金額:1500万円 
対物賠償保険金額:無制限 対物自己負担額:0円
人身傷害補償保険種類:自動車事故補償 人身傷害補償保険金額:5000万円
無保険車傷害保険金額:2億円 搭乗者傷害保険金額:1000万円

その他の補償・特約
他の自動車運転危険補償特約 家族運転者等の年齢条件に関する特約 弁護士費用等補償特約 全損時諸費用保険金特約 新規運転免許取得者に対する自動補償特約(対人、対物事故)

①車両保険に関して車両自己負担額の設定は5-10万というのが一般的のようですが、どうお考えでしょうか?
②車両保険は一般型と限定型がありますが、結構保険料が違いますが一般型を選ぶべきでしょうか?
③人身傷害補償保険種類が「自動車事故補償」と「契約自動車搭乗中のみ補償」を選べるのですが、どちらが良いのでしょうか?
④人身傷害補償保険に入っていれば搭乗者傷害保険は必要ない(内容が重複するので)と書いてある書き込みもあったのですが、必要ないのでしょうか?
⑤ネットでは弁護士費用等補償特約、対物差額(超過)修理費用補償特約(50万限度)、個人賠償責任特約の3つは必要な特約で、全損時諸費用保険金特約はそこまで必要ないと書いてある書き込みが全体的に多いと感じたのですが、いかがでしょうか?(当方の考えでは弁護士、対物差額の特約は金額的な面より、後々のトラブルの煩わしさや精神的疲労の回避のために必要で、個人賠償は家族(子供)がいるので、何かとつけておいた方が安心かと思い、全損時の特約は上限が20万ということで特になくても死活問題にはならないのでそこまで必要はないかと考え、概ねネットの書き込みの内容に納得はしていますが。)
⑥個人賠償責任については「おとなの自動車保険」で年額約1500円で補償額無制限、示談代行サービス有りで付けれますが、いかがでしょうか?(ただ現在加入しているSBIのプランとほとんど同内容のもので契約する場合、おとなの自動車保険の保険料は約47000円(個人賠償保険込)でSBIの保険料は約37000円と約1万円の差が出てしまうため、結局個人賠償としての費用対効果はあまりよくないように感じますが。)
あとクレジットカードに付帯できるものとして管理人様が書かれている「JCBのEITカード」以外に三井住友VISAカード(エブリプラスカード)のポケット保険 自由設計コースで示談交渉付きで補償額1億円で月額140円、2億円で150円、3億円で160円となっており、カードの入会費、年会費は永年無料のようですが、こちらの3億円のプランはEITカードのプランより費用対効果が高いと思うのですがいかがでしょうか?(EITカードは3月から月額120円→150円に値上がりするとHPに書いてありました)
⑦JAFに入っていないのでロードサービスが必要ですが、ここの会社のサービスは費用対効果が高くおすすめとかはありますか?
⑧他にこちらの契約内容でここをこうした方がいいとか、他の会社でここに書いていない特約でこの特約は付けた方がいいなどありましたら教えて頂けると助かります。(おとなの自動車保険:人身家族おもいやり特約、チューリッヒ:対物超過特約(無制限)など)
(人身傷害補償保険金額に関してはネットだと3000万で加入している人が一番多く、それで事足りると書いてあったりしますが、管理人様のブログの内容を見ると費用対効果を考え、1億円以上付けた方が保険として理にかなっていると感じました。)

以上質問が多くなり申し訳ございませんが、ご回答宜しくお願い致します。
2017/02/05(Sun) 16:40 | URL  | ノリ #-[ 編集]
Re: 自動車保険について
管理人です。

ノリ様、コメントありがとうございます。お久しぶりです。

自動車保険については皆様とのコメントでのやり取りも少なくブラッシュアップ出来ていない感がありますが、出来る限り頑張ってみます。私の自動車保険の更新も近いことですので。


> ①車両保険に関して車両自己負担額の設定は5-10万というのが一般的のようですが、どうお考えでしょうか?

試算したところ初回が5万円か10万円かで7,000円も違うのですね。差額5万円ということは保険料7年分ですか。

個人的には10-10万円が好みです。5万円の補償のために7千円も支払うのは私の価値観には合いません。年間保険料1000円当たり100万円が私の基準です。ノンフリート等級への影響を考えると軽々には利用できませんし。

なお、私が数年前に軽自動車を新車で購入したときは10-10で付けていた記憶があります。(年間保険料1000円当たり100万円が私の基準と言っておきながら、軽自動車ごときに車両保険を付加していた理由は、新車購入早々大破したら悲しみに暮れてしまい立ち直れないからです。)

今はキズも多くつき、ただの移動手段と化しましたので車両保険は不加入です。


> ②車両保険は一般型と限定型がありますが、結構保険料が違いますが一般型を選ぶべきでしょうか?

保険料は17,000円の違いですか。これはつまり、単独事故と当て逃げが意外に多いということですよね。思い起こせば私の車のキズや凹みも単独事故と、知らぬ間についていたもの(当て逃げなのか不明)です。

当時私がどちらに加入していたか記憶にございませんが、最大でも205万円の補償を年間17,000円で買うかと問われれば、私の基準からすると答えは「ノー」です。

しかしながら、私は車をステイタスとしてではなく移動手段としてしか見ようとしていないため万が一大破したとしても中古で安価に再購入すれば良いと考えております故に「ノー」なのです。従って、愛着のある車ならば17,000円を支払う価値は当然あると考えます。(移動手段と言っておきながら「ハイラックスサーフ」を画像検索してみて「カッコいい、乗ってみたい」と思う心はありますので、恐らく行き過ぎた倹約精神が脳に悪影響を与えているものと推察されます。)


> ③人身傷害補償保険種類が「自動車事故補償」と「契約自動車搭乗中のみ補償」を選べるのですが、どちらが良いのでしょうか?

保険料は500円の差ですか。ならば迷わず「自動車事故補償」です。年間500円の負担で数千万円の補償が買えるなら私は「自動車事故補償」です。そして実際、「自動車事故補償」で契約しています。


> ④人身傷害補償保険に入っていれば搭乗者傷害保険は必要ない(内容が重複するので)と書いてある書き込みもあったのですが、必要ないのでしょうか?

内容の重複という意見に賛成で、必要ないと思います。私も付けていません。


> ⑤ネットでは弁護士費用等補償特約、対物差額(超過)修理費用補償特約(50万限度)、個人賠償責任特約の3つは必要な特約で、全損時諸費用保険金特約はそこまで必要ないと書いてある書き込みが全体的に多いと感じたのですが、いかがでしょうか?


私は個人賠償(家財保険に付加)以外は不加入です。個人賠償は必要だと思います。対人対物無制限と同じくらい必要だと思っています。有事の際に家計が破たんしかねません。

弁護士費用は保険料が3,000円で、補償が最大300万円なら悪くないですね。手間も省けますし、弁護士を通せば保険会社基準よりも多くの補償が期待できますし、これは付加しても良さそうですね。次回更新時に付加を検討しようと思います。

対物差額の保険料は1,000円で、得するのは相手方ですか。1,000円程度なら付加しておいて丸く収めたいと思う一方、本来払わなくてもよいとされる差額補償のために毎年1,000円払うのも嫌ですね。年間1,000円使えるなら私は先進医療保障が欲しいですし。。。

しかし、1,000円で相手方の満足が買えるならば、私の中の和をもって貴しとなす日本人精神は1,000円超の価値があるため、次回更新時から付加することを前向きに考えたいと思います。

全損特約の保険料は300円で、最大補償20万円ですか。コスパは悪くないですね。ただ正直、付加してもしなくてもあまり大差ないような感じすら受けてしまいますね。こういった必要性の微妙な保険は加入する必要はないと思います。


> ⑥個人賠償責任については「おとなの自動車保険」で年額約1500円で補償額無制限、示談代行サービス有りで付けれますが、いかがでしょうか?(ただ現在加入しているSBIのプランとほとんど同内容のもので契約する場合、おとなの自動車保険の保険料は約47000円(個人賠償保険込)でSBIの保険料は約37000円と約1万円の差が出てしまうため、結局個人賠償としての費用対効果はあまりよくないように感じますが。)
> あとクレジットカードに付帯できるものとして管理人様が書かれている「JCBのEITカード」以外に三井住友VISAカード(エブリプラスカード)のポケット保険 自由設計コースで示談交渉付きで補償額1億円で月額140円、2億円で150円、3億円で160円となっており、カードの入会費、年会費は永年無料のようですが、こちらの3億円のプランはEITカードのプランより費用対効果が高いと思うのですがいかがでしょうか?(EITカードは3月から月額120円→150円に値上がりするとHPに書いてありました)

個人賠償は必要だと思いますし、年間保険料が仮に1万円でも私は加入しますが、さすがに他所で月額150円程度で加入できるならばそちらを選択すべきだと考えます。年会費無料で3億円が月額160円は加入しやすいですし、素晴らしいですね!


> ⑦JAFに入っていないのでロードサービスが必要ですが、ここの会社のサービスは費用対効果が高くおすすめとかはありますか?

正直分かりません。理由は、ロードサービスで保険会社を選んでいないためです。各社のロードサービスを一度調べましたが、大した差が見受けられませんでしたので、必要な補償をいかに安く備えられるかが重要であって、保険料に大差ないときに初めて「ロードサービスの違い」が検討材料になるやに思います。

明確なお答えが出来ず申し訳ございません。


> ⑧他にこちらの契約内容でここをこうした方がいいとか、他の会社でここに書いていない特約でこの特約は付けた方がいいなどありましたら教えて頂けると助かります。(おとなの自動車保険:人身家族おもいやり特約、チューリッヒ:対物超過特約(無制限)など)

正直申し上げまして、特約に疎いのでよく分かりません。申し訳ございません。

ただ、ご指摘の「人身家族おもいやり特約」は人傷と保障が重複するため、また、対物超過特約(無制限)は活躍の機会が限られていそうで、しかもそれほどまでに相手方を保護する必要性があるのか疑問なため、その特約のためだけに当該損保を選ぶほどの有利さは感じません。コア部分の必須補償で選んだ損保にこういった特殊な特約があった場合に初めて検討すれば足るものだと考えます。

以上、出来る限り頑張りました。ご参考になれば幸いです。
2017/02/06(Mon) 23:28 | URL  | 管理人⇒ノリ様 #-[ 編集]
初めまして。
以前医療保険、がん保険について拝見して、とても参考になりました。
ありがとうございました!

我が家も自動車保険の更新時期で、これまでソニー損保とそんぽ24に行ったり戻ったりで新規契約をしていたのですが、今回ほけんの窓口で朝日火災のASAP(個人用自動車保険)を勧められました。
7年間契約で、一度だけ保険を使っても等級に影響がないとのことでした。一度でも事故で保険を使うと3等級下がり、「事故あり」の等級になるので、優れた保険との説明でした。
値上げ基調の自動車保険の中で、契約時に7年間の保険料が確定する。今はブルー免許証ですが、ゴールドに変わったらその時点で解約(解約返戻金はほぼ加入期間に応じたもの)、ゴールドで再契約すればいいとのことでした。
特にデメリットが見当たらないとういうのが、逆に気になったりして・・・
この保険についてどう思われるか、ご意見をうかがえるとありがたいです。
よろしくお願いします。
2017/02/07(Tue) 19:09 | URL  | まゆみな #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

まゆみな様、コメントありがとうございます。

7年契約の自動車保険があるなんて知りませんでした。早速ウェブ見積もりしてみました。

当方はSBI損保なのですが、対人・対物・人傷無制限、ファミバイ特約(人傷)という同条件で試算したところ保険料が80%も増加してしまいました。

「人傷無制限」が保険会社によっては相当保険料を取るので、1億円程度に変更してみましたが相変わらず割高過ぎて、1回だけ保険使用を無条件に認めてくれるメリットを勘案しても、選ぶ気にはなれませんでした。。。

自動車保険の中心的な補償は各社横並びだと承知しているため、ASAPの保険料に魅力を感じるならば前向きに検討できるものかと存じます。
2017/02/07(Tue) 21:35 | URL  | 管理人⇒まゆみな様 #-[ 編集]
ASAPは保険使用の場合、次契約の事故有係数が0になるだけで等級自体は下がるはずですので、保険使用が無条件で認められるわけでは無いと思います。
(15-3等級の場合3が0になる)
個人的に自動車保険は値段よりも事故対応だと思いますので、信用できる代理店さんを探すのが一番かなと思います。
ロードサービスとJAFの違いの一番大きい部分は、ロードサービスは契約している自動車に付帯したもの、JAFはその契約者個人に付帯しているものであることです。JAFなら他人の車に乗ってても使えるってことですね。あとロードサービスは雪によるスタック等は対象外の場合が多いですがJAFはOKです。JAF加入者に対する優遇があるロードサービスなどもありますのでご自身の運転スタイルに合わせた契約をおすすめします。
2017/02/08(Wed) 11:20 | URL  | HN #k8Q20NhE[ 編集]
管理人様、HN様、コメントありがとうございます。
保険料80%アップでは、ちょっと現実的ではないですね。保険使用が無条件で認められるわけでは無いといのも、もうちょっと調べて勉強してみようと思います。

今までの人傷1億を今回無制限に変更するにあたって、無制限にできるのはダイレクト系ではソニー損保とアクサだけとほけんの窓口では言われましたが、SBIでも扱っているということですよね。
何事も鵜呑みにせず、自分で検証して納得して勧めていかないと・・・と思います。普段馴染みのない分野だと、なかなか難しいですが。
今後も参考にさせてください。
ありがとうございました。
2017/02/08(Wed) 14:16 | URL  | まゆみな #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

HN様、まゆみな様、コメントありがとうございます。

無条件で保険使用できるなどと拙速なコメントをしてしまい、申し訳ないです。ロードサービスとJAFとの根本的な違いも教えてもらえ、大変勉強になりました。

人身傷害無制限設計は、SBIの他にもコメント元記事にあるとおり、おとなの自動車保険でも可能なはずですので、ほけんの窓口の対応はいささか疑問が残りますね。

納得できる保険選び頑張って下さいませ。当ブログが保険選びの一助になれば幸いです。
2017/02/08(Wed) 21:22 | URL  | 管理人⇒HN様、まゆみな様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。