上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 旧キュアに比べれば、保障内容が向上しています。そこは間違いありません。

 特に、皆が恐れる3大疾病に対しては、無制限の入院保障まで付いています。

 でも、惜しくもダメ保険なのです。


◆保障内容と保険料
 被保険者:30歳男性
 月額保険料:2,276円(60歳払済)
 入院給付金:5,000円/日
 1入院の給付限度日数
  下記以外の傷病:60日
  糖尿病、高血圧、肝硬変、腎不全:120日
  がん、心疾患、脳血管疾患:無制限
 手術給付金:入院10万円、外来5万円
 先進医療保障:2000万円


◆60日や120日の保障は要らない

 ダメ保険=旧キュアで述べたように、60日や120日の入院保障なんて不要です。

 60日や120日の入院なんて貯蓄で対応すべきリスクです。

 入院保障が必要なのは、長期間に及ぶ入院であって、60日や120日の入院ではありません。

 万が一、半年や1年間の入院を余儀なくされた場合を考えれば、保険で備えるべき事態が60日の入院なのか、1年の入院なのかは明らかです。


◆3大疾病は無制限だけど…

 それでも、がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾病に無制限の入院保障を付けたことは、一般的な医療保険よりも遥かに良心的です。

 しかし問題は、『無制限の入院保障を付けるべきは3大疾病なのか』ということです。

 仮に、長期入院患者の3人に1人しか、3大疾病で入院していないとしたらどうでしょう。

 新キュアで長期入院患者の約30%しか保障できないなら、新キュアに加入する必要性が極めて高いとは言えないでしょう。


◆『無制限』で保障すべきは3大疾病なのか

 果たして、長期入院患者のうち3大疾病で入院している患者の割合は多いのでしょうか。

 入院1年以上の退院患者を対象とした場合、3大疾病が原因の患者割合は30%です。

 入院3年以上でも同じく30%です。入院5年以上なら28%になります。

 せっかくの『無制限』保障なのに、長期入院患者の3人に1人しか、その恩恵には与れないのです。

 むしろこれなら、『無制限』保障すべきは『3大疾病』ではなく、『3大疾病以外』とすら言えるでしょう。


◆でも、他の医療保険だって最大3年の保障でしょ?

 一般的な医療保険では最大でも1095日、つまり3年間しか入院を保障してくれません。

 ですから、新キュアなら運よく『無制限』保障の恩恵に与れる可能性はあります。ここが新キュアの独特のメリットです。

 ただ個人的には、3年以上の入院を30%の確率で『無制限』保障してくれるよりは、3年未満の入院を100%の確率で保障してくれるほうが、有意義な気がします。

 長期入院の年間退院患者数(全疾病)は、1年以上で14万人、3年以上なら5万人、5年以上なら3万人となっています。

 それでは、新キュアと1095日型を比較しましょう。

 新キュアだと、1095日型なら保障される『入院1年以上3年未満の三大疾病以外の患者6万人』が保障されません。(もちろん入院120日以上1年未満の三大疾病以外の患者19万人などについても、保障されません)

 その代わり、新キュアなら、1095日型では保障されない『入院3年以上の三大疾病患者1.5万人』が保障されます。

 『6万人』と『1.5万人』との単純比較はできませんが、入院期間が1年を超えると、家計はさすがに苦しくなるでしょう。

 そう考えると、1.5万人の三大疾病患者のために、6万人分の保障を棒に振るのは難しい選択ではないでしょうか。

 ただ、上記人数は継続入院患者数なので、再入院・転院も踏まえると、新キュアの魅力は多少高まるでしょう。

 また、長期入院の代名詞『精神疾患』が、今後の政策によって諸外国並みの入院期間に短縮されれば、長期入院患者の3大疾病の割合が高まりますので、更に魅力は高まるでしょう。

 でも、楽天の医療保険『ロング』と比べてしまうと、新キュアは2倍の保険料なので、いくら先進医療特約が付いているとは言っても、ロングに分があるように感じます。


◆7大生活習慣病を『無制限』にしたらどうか

 新キュアでは、3大疾病のみならず、7大生活習慣病を『無制限』で入院保障することも可能です。

 7大生活習慣病とは、3大疾病に、糖尿病、高血圧、肝硬変、腎不全を加えたものです。

 7つもの国民的病気を『無制限』で保障するなんて、なんて太っ腹なことでしょう。

 これで長期入院リスクの大半はカバーされたも同然・・・なのでしょうか。

 残念ながら、7大生活習慣病を無制限保障したところで、三大疾病のときと比べて少し多い患者を保障できるだけです。

 入院1年以上の退院患者で言えば、3大疾病の『30%』に対して、7大生活習慣病では『35%』です。

 入院3年以上なら、3大疾病『30%』に対して、7大生活習慣病『32%』です。

 入院5年以上の場合は、3大疾病も7大生活習慣病も同じ『28%』です。

 相変わらず、無制限で保障してくれるなら、『7大生活習慣病』よりも、『それ以外』のほうが良いですね。


◆有名な病気だけを取り上げるな

 新キュアは見せ方が上手です。売り方が上手です。

 広く一般に認知され、皆が恐怖を抱く、3大疾病を含めた7大生活習慣病を前面に出しているところが素晴らしいです。

 誰しも『いずれは何らかの生活習慣病になるだろうなぁ、もしかしたら入院も長引くかもなぁ』という不安を漠然と持っています。

 そこに付け込む!!

 そして、長期入院患者の多くが3大疾病以外で入院しているという事実は明かさない!!

 そりゃあ、発売11日間で1万件も売れますよ。一般的な60日型の医療保険と比べれば、遥かに有意義な保障内容ですから。

 でも、売った1万人の方に適切な情報、判断材料を提供しているかは、怪しいものです。

 最後になりますが、新キュアは及第点に惜しくも届かない医療保険なので『ダメ保険』と言っております。ですから、そこまでダメな保険ではありませんので、斟酌下さい。


参考資料:平成23年患者調査(厚労省)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
一つだけ・・・
はじめまして、ぴよすけさん。
いつもブログを読ませて頂いている、りんたろうと申します。

どの記事も興味深く、賛同する点も多いのですが、一つだけ言いたいことがあります。

それは、長期入院になるほど医療保険による保障は少なくてよいということです。

理由として二つ。

一つ目は、長期入院になりがちな統合失調症などの精神疾患や、パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経系疾患は、障害年金が給付される可能性が高いから。

二つ目は、ぴよすけさんも取り上げていましたが、直近12ヶ月の間、高額療養費制度の上限額に達した月が3回あれば、その後の上限額は4万5千円程度まで減額されるからです。

もちろん、人それぞれ考え方は違いますので、ぴよすけさんの考えを否定するつもりはありません。
ただ、私の考えも聞いて頂きたかったので、今回コメントさせて頂きました^^

ちなみに、新キュアはかなりの優良保険だと思います^^入ろうかどうしようか悩み中・・・
2013/09/26(Thu) 00:05 | URL  | りんたろう #-[ 編集]
医療保険+がん保険のご相談
管理人様

ブログでは、毎回有益な情報を記載頂き、
本当にありがとうございます。

28歳のsyouと申します。

管理人様のアドバイスを頂きたく、初めて書き込みさせて頂きます。


今現在、医療保険の加入を検討しており、こちらのブログと、医療保険に関する本数冊(後田亨様の著書「生命保険の罠」・「生命保険のウラ側」など)で勉強しております。

私自身、”医療保険は不要で貯蓄で対応”するのがあるべき姿だと実感いたしました。

しかしながら今現在、まとまった額の貯蓄はなく、これから結婚も予定しているため、この先当面は、「医療保険の代わりとなる貯蓄」をするのが難しいのが現状です。

月々5,000円ずつでも医療保険の代わりとなる貯蓄をしたいのですが、100万円貯まるまでに200ヶ月掛かるため、医療保険の加入を真剣に検討し始めた次第です。。



なお、私の家系は、「糖尿病&ガン家系」です。

そのため、糖尿病とガンの長期入院に対するリスクを回避する目的で
保険選びを行ないました。

※先進医療特約をつけたいので、楽天生命ロングは外して検討しました。


①新CURE120日型 七大疾病無制限プラン(入院日額5,000円)単体

②新CURE120日型 七大疾病無制限プラン(入院日額5,000円)+がんベストゴールド(がん診断給付金のみ100万円)

③新CURE120日型 七大疾病無制限プラン(入院日額5,000円)+じぶんへの保険プラス

※保険料を比較したところ、新CURE60日型と120日型では、120日型のほうが月々の保険料が「40円高くなる」だけなので、120日型にしてあります。


保険料は、
◆新CURE120日型 七大疾病無制限プラン(入院日額5,000円)=2,361円/月(65歳払込)
◆がんベストゴールド(がん診断給付金のみ100万円)=1,440円/月(65歳払込)
◆じぶんへの保険プラス=1,403円/月(10年定期)

#じぶんへの保険プラスには、がん診断給付金100万円も含まれており、現在の保険料を比較すると、がんベストゴールドより割安なところに魅力を感じております。
#並行して「医療保険の代わりとなる貯蓄」も、月々5,000円ずつ行ないます。


個人的には、糖尿病&ガン家系ということで、これらのリスクを終身に渡ってカバーできる「②」のプランが現実的かなと考えております。

上記以外でも管理人様のお薦めできるプランがございましたら、ご教授頂きたく思います。

よろしくお願いいたします。
2013/09/26(Thu) 21:44 | URL  | syou #-[ 編集]
Re: 一つだけ・・・
管理人です。

りんたろう様、ご意見ありがとうございます。

> 長期入院になるほど医療保険による保障は少なくてよいということです。
> 理由として二つ。
> 一つ目は、長期入院になりがちな統合失調症などの精神疾患や、パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経系疾患は、障害年金が給付される可能性が高いから。
> 二つ目は、ぴよすけさんも取り上げていましたが、直近12ヶ月の間、高額療養費制度の上限額に達した月が3回あれば、その後の上限額は4万5千円程度まで減額されるからです。

仰ることよく分かります。

障害年金と仰っていることから、現役時代の長期入院のお話かと存じます。

そうすると、まず、収入は障害年金に置き換わり、減収となります。

一方、支出は、ローンの減免もなく、教育費の減免もなく、普段の生活費に入院費用、つまりご指摘の高額療養費と食事料金で約6万円必要です。

つまり、減収、かつ、6万円の支出増ということです。

少なくとも私の家庭に当てはめた場合を考えますと、保険がないと死活問題となります。

また、老齢年金受給後であれば、減収を考慮しないで済む分、現役時代よりも長期入院保障の必要性は低いと思います。
2013/09/28(Sat) 08:50 | URL  | 管理人⇒りんたろう様 #-[ 編集]
医療保険不要論者ですが
お守り代りに入りたい、迷える仔羊には、この新キュアはベストです。

何せ保険料が安い。

老若男女、どこの会社と較べてもほぼ負け知らず。

お守りと信じて捨てる金なら、日額5000円を少しでも安く買えるという消費者側のメリットがあります。

でも医療保険不要論者ですが。
2013/09/28(Sat) 09:45 | URL  | 保険屋です #nxzuATHA[ 編集]
一つだけ・・・追記
ぴよすけさん、返信ありがとうございます。

>>長期入院になるほど医療保険による保障は少なくてよいということです。

自分が書いた文章ですが、言葉足らずで言いたいことが伝わらなかったので、
「あえて長期入院だけ保障する必要はないと思います。」
と訂正させて頂きます。

ぴよすけさんは、貯金で医療費は賄うべきと医療保険不要を唱えてられますが、長期入院だけ保険を使う理由が分からないのです・・・。

1年の入院であっても、貯金が100万円あれば足りますし(高額療養費制度利用による自己負担 9万×3ヶ月、4.4万円×9ヶ月、病院内食事料が、260円×3食×30日間×12ヶ月で約95万円)、1年も入院する傷病ですと、障害年金やら自治体の補助金やら出る可能性も高いので・・・。

3年を超える入院が必要な傷病ですと、楽天ロングでは不足してしまいますし・・・。


他の記事で書かれていましたら、すみません。一つだけお伺いしたいです。
なぜ、長期入院だけは特別なんでしょうか?
(と、いいますか、なぜ楽天ロングなんでしょうか)
お忙しいところすみませんが、教えて頂けますか。


(あと、「様」付けは止めてください^^;そんな大層な人間でないので^^;)
2013/09/28(Sat) 17:24 | URL  | りんたろう #-[ 編集]
Re: 医療保険+がん保険のご相談
管理人です。

syou様、コメントありがとうございます。

なるほど。医療保険の終身保障を不要とお考えなら、新CUREを選ぶ必要がないと思いましたが、がん、糖尿病、先進医療となると、新CUREしかないと思います。

そして、お示しの選択肢に沿えば、個人的には、
>③新CURE120日型 七大疾病無制限プラン(入院日額5,000円)+じぶんへの保険プラス
が良いと思います。

がんで最も辛いのは、現役時代に減収と支出増のダブルパンチを受けることだと思うので、現役時の保障が手厚い③の選択肢が良いように思えます。

じぶんへの保険プラスのがん保障はよく出来ていると思いますし。

老後のがん保障を重視するなら、新CURE日額3,000円、じぶんへの保険プラス、がんベスト50万円(契約後に50万円に減額できるかは要確認)と言った案も考えられますね。
2013/09/30(Mon) 20:20 | URL  | 管理人⇒syou様 #-[ 編集]
Re: 医療保険不要論者ですが
管理人です。

保険屋です様、コメントありがとうございます。

> お守り代りに入りたい、迷える仔羊には、この新キュアはベストです。
> お守りと信じて捨てる金なら、日額5000円を少しでも安く買えるという消費者側のメリットがあります。
> でも医療保険不要論者ですが。

何て正直な保険屋さんなんでしょう。確かに、新キュアは一般ウケするようにできてますよね。

それでも、医療保険不要論者ということで、何故か安心しました。
2013/09/30(Mon) 20:21 | URL  | 管理人⇒保険屋です様 #-[ 編集]
Re: 一つだけ・・・追記
管理人です。

りんたろうさん、コメントありがとうございます。

> ぴよすけさんは、貯金で医療費は賄うべきと医療保険不要を唱えてられますが、長期入院だけ保険を使う理由が分からないのです・・・。
> 3年を超える入院が必要な傷病ですと、楽天ロングでは不足してしまいますし・・・。
なぜ、長期入院だけは特別なんでしょうか?
> (と、いいますか、なぜ楽天ロングなんでしょうか)

基本的には、既にお読みと思いますが『最終的結論』と題した記事のとおりです。http://hokenno3704.blog60.fc2.com/blog-entry-38.html

ですから、長期入院を保険で賄うことには懐疑的です。もちろん3年間の保障では足りないとも思います。

あくまで、医療保険に加入するなら、長期入院を保障しなければ意味がないということで記事を書いている次第です。

ですから、楽天ロングが『すごい良いから加入しなさい』と言っているわけでもございませんでして。そんなに良ければ、迷わず私も加入していますし。

既存の医療保険の中では、長期入院に備えるには最も適しているので、度々名前が出るだけでございます。
2013/09/30(Mon) 20:22 | URL  | 管理人⇒りんたろうさん #-[ 編集]
ぴよすけさん、お忙しい中 返信ありがとうございます。

>ですから、楽天ロングが『すごい良いから加入しなさい』と言っているわけでもございませんでして。そんなに良ければ、迷わず私も加入していますし。

なるほど

>少なくとも私の家庭に当てはめた場合を考えますと、保険がないと死活問題となります。
このコメントと、良質保険で楽天のロングを挙げられていたので、てっきり加入されているのかと思ってしまいました^^;すみません。

>あくまで、医療保険に加入するなら、長期入院を保障しなければ意味がないということで記事を書いている次第です。

前にも書きましたが、長期入院は国や自治体から補助が出る可能性が高いです。また、日額5千円の60日型の保険でも30万円は貰えますし、不安な人は120日型にすれば60万円貰えます。

また、ご存じだと思いますが、勤労期(20歳から59歳まで)の入院日数はそこまで長くないです。
患者調査23年度の「推計退院患者数,在院期間×性・年齢階級×病院-一般診療所・病床の種類別」と「人口動向調査 平成23年9月のデータ」を参照したところ、入院患者(20歳から59歳)が1年半以上入院する割合は、0.08%でした。(計算間違えがあったらごめんなさい^^;)
患者調査23年度の「退院患者平均在院日数,性・年齢階級×傷病大分類×病院-一般診療所別」をざっと見ても、在院日数の平均が、1年半を超すものは見つからなかったので正しいかと・・・。
また、入院日数が長いと言われている、統合失調症の在院平均日数を引き上げているのは高齢者で、若年者(20歳から39歳)の在院平均日数は114日です。これだったら120日型でも対応できますよね。
50歳から59歳の方は在院平均日数が444日と長くなってきますが、その頃は子供の世話も住宅ローンも終りが見えて来ますし、貯金も十分できていると思うので、長期入院に対抗できると思いますが、どうでしょうか?
長期入院だと国や自治体から補助が出る可能性もありますし(くどくてすみません)

突っかかるような言い方してしまい、すみません・・・^^;
2013/10/01(Tue) 13:44 | URL  | りんたろう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人です。

りんたろうさん、コメントありがとうございます。

> 前にも書きましたが、長期入院は国や自治体から補助が出る可能性が高いです。

補助が出る可能性は高いですが、減収は避けられず、入院医療費という支出が増えますので、それらの手当てができない限りにおいて、長期入院保障の必要性が低いとは言えないと思います。

> 勤労期(20歳から59歳まで)の入院日数はそこまで長くないです。
> 入院患者(20歳から59歳)が1年半以上入院する割合は、0.08%でした。

ご指摘のとおりです。私も『長期入院の確率と原因』ということで記事を書きまして、同じように低い割合でした。http://hokenno3704.blog60.fc2.com/blog-entry-39.html

ですから、一ヶ月当たり0.08%の退院患者をピンポイントに保障できる医療保険があるならば、保険料はとても安くなりますし、加入する余地はあると思います。イメージ的には先進医療保障特約みたいな感じですね。入退院や一時退院も考慮する必要はありますが。

> 若年者(20歳から39歳)の在院平均日数は114日です。これだったら120日型でも対応できますよね。

『平均』ではなく『割合』で捉える必要があると思います。1年以上が何%、3年以上が何%などです。『平均』で捉えるなら、医療保険は30日型で十分ということになってしまいます。

> 50歳から59歳の方は在院平均日数が444日と長くなってきますが、その頃は子供の世話も住宅ローンも終りが見えて来ますし、貯金も十分できていると思うので、長期入院に対抗できると思いますが、どうでしょうか?

ご指摘のとおりだと思います。必要保障額は少なくて良いと思います。

なんだか私も突っかかるような返信になってしまいました。申し訳ございません。
2013/10/05(Sat) 18:14 | URL  | 管理人⇒りんたろうさん #-[ 編集]
私もりんたろうさんと全く同じ意見です。
テレビCMを見てもわかるように、医療保険のCMばかりですよね?
それはやはり保険会社が儲かるからなんです。

日額5000円受け取れる医療保険に一体いくら毎月支払いをするんですか?
50年も続けた時には一体何日このご時世で入院すれば元が取れるでしょうか。
長期の保障が欲しければ勿論保険料が高くなります。
家族をもつ人ならわかりますが、保険以外にも必要なお金はいっぱいあります。
住宅ローンの繰上げ返済にまわしてみてもいいでしょう。
ある程度まとまったおかねがあれば、その数倍の効果がえられます。
あくまでも保険です。
社会保障は意外と充実していますから、無闇に長期の保険を進める人は危険だと思います。
もう一度健康保険制度や、高額療養費制度、または地方自治体に存在する制度をしっかり見直して見ましょう。
本当にお金が困るようでしたら、若ければ親族に頼ることも出来るでしょう。
また、年配であれば、他のところで必要資金を貯めるための努力ができるはずです。

管理人さん、もう一度社会保険制度について見直してみてはいかがでしょうか。
保険はあくまでも保険です。
貯金があれば保険は必要ありません。
2013/10/23(Wed) 18:23 | URL  | 保険男子 #mQop/nM.[ 編集]
難しいですね。。
結局、長期の減収が不安なら、特に育児期だけでも長期所得補償保険が良いのかな・・と思うのは私だけでしょうか?
入院しなくても出るわけですし・・・。
あぁ、精神疾患を補償してくれる長期所得補償保険が少ないとおっしゃってましたね。。

貯金があればほんと、保険はいらない訳ですが、長期に耐えれる貯金がある人の方が少ないでしょうし・・
不安を解消する為に、どこに妥協点を置くかも人それぞれですし、難しいですね。。
2013/10/24(Thu) 09:53 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
横から失礼します
保険男子さん
横から失礼します。

管理人の方は>無闇に長期の保険を進める人とは違うと思いますよ^ ^

ここの管理人さまに対して
なぜ保険男子さんのようなコメントになるのか
私には分かりませんでした。
誤解が生じているのではないですか?

りんたろうさん含めお三方のやりとりを見ている私には
基本的な考え方は3人とも同じじゃないかな〜と思えます。

(1)保障と(2)保険料と(3)保険事故の発生確率
この3つのバランスを考えた時に
費用対効果の面で加入者にとってメリットがある可能性があるのは
長期保障くらいのもの、というご意見です(よね?管理人さま)

(3)保険事故の発生確率
ここの部分の考え方の少しの違いな気がするので
保険男子さまの注意喚起は管理人さまには心配無用だと思います^ ^
2013/10/24(Thu) 10:09 | URL  | haruna #-[ 編集]
管理人です。

保険男子様、yui様、haruna様、コメントありがとうございます。

まずはharuna様、まさしく『我が意を得たり』といった心境です。

私の主張が少なくともharuna様には伝わっていたようで感無量です。

ですから、保険男子様への回答はharuna様のコメントに代えさせていただきます。私の考えどおりのコメントでしたので。

そしてyui様、多くの記事にコメント下さり大変ありがとうございます。

入院しか保障できない点が医療保険の難点ですよね。私も所得補償保険のほうが絶対に良いと思います。

終身保障が好まれる時代ですが、お金が一番必要な育児期に限って保険に加入することが最も利に適いますよね。
2013/10/24(Thu) 22:57 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
保険男子さんへ:りんたろう
はじめまして、りんたろうです。
私の意見に賛同頂きましてありがとうございます。
ただ、私はどちらかといえば保険推進派です^^;ごめんなさい。

しかし、とにかく保険に入れ!!というわけではなく、社会保険や入院・手術の実態を十分理解した上で、それでもまだ不安が残るなら不安がなくなるまで保険に入りなさいという考えです。

保険は胴元である保険会社が儲かるように作られています。慈善事業ではないので当然ですが。
ただ、保険に入ることが損かどうかというと、確率論では確かに損ですが、結果論ではそうとも言い切れません。(金銭的な話です)

また、金銭的な部分で考えられないところもあります。
病気になった方は分かると思いますが、入院や手術をするとなったら、どうしても心配事がでてきます。
そんな中で、とりあえず経済的な心配事だけでも解決できたらいいと思いませんか?
保険ならそれができます。

もちろん、社会保険だけで心配ない人は保険はいらないですね。
貯蓄のある方は必要のない人が多いと思います。

私が楽天ロングについてぴよすけさんに意見したのは、保険反対派のぴよすけさんがなぜ長期入院だけ保障?と疑問を持ったからです。

ただ、人それぞれ考え方が違うからこそ面白いんですけどね保険は。
とりあえず、私は保険推進派ということで^^
2013/10/27(Sun) 23:24 | URL  | りんたろう #-[ 編集]
新CUREでの保障範囲
ぴよすけ様

 お久しぶりです。以前、保険の相談をさせていだたいたtokeiです。 
 本ブログおよびコメントにはすべて読み、興味のある記事は何度も読み返している次第です。
 そこで新CUREに興味があり質問をさせていただきます。
 本ブログでは1年半以上の入院は1.2%以上の確率であり、長期入院患者の75%は精神疾患ということでした。
 新CUREの守備範囲は全体の何%程度になるのでしょうか?
 精神疾患を除けばおおむね全ての入院に対応可能な保険ということでしょうか?

 短期入院は貯蓄で賄い、長期入院という生活基盤が揺らぐリスクこそ保険で賄うべきという考えに賛同しますが・・・。
 逆に、起きる可能性が低いリスクに備えるよりも、確率が高いものに備えるほうが合理的かとも思います。

 よろしくお願いいたします。
 乱文長文にて失礼いたします。
2013/10/29(Tue) 13:32 | URL  | tokei #-[ 編集]
Re: 新CUREでの保障範囲
管理人です。

tokei様、何度もお読み下さりありがとうございます。

>  新CUREの守備範囲は全体の何%程度になるのでしょうか?

1年半超の入院ということで問われているのなら、概ね10~20%程だと思います。

脳血管疾患や心疾患は長期入院の可能性が高いですからね。がんは、入退院を加味してみないことには、入院日数の把握が難しいです。

なぜ、精神疾患75%を除いて、25%でないかと申しますと、アルツハイマーなどの神経疾患も多かったと思うからです。

>  逆に、起きる可能性が低いリスクに備えるよりも、確率が高いものに備えるほうが合理的かとも思います。

確率が高かろうが低かろうが、起きたときに家計が破綻するような事態に備えること重要だと私は思います。
2013/11/08(Fri) 20:45 | URL  | 管理人⇒tokei様 #-[ 編集]
ありがとうございます。
ぴよすけ様

 返信ありがとうございます。
 とても参考になりました。
 
 確かに、起きた時に家計が破綻しないように備えるべきと得心いたしました。

 いつもブログ楽しみにしております。
 無理せずブログを更新していただけたら幸いです。
 寒くなってまいりました、ご自愛くださいませ。
2013/11/10(Sun) 17:58 | URL  | tokei #-[ 編集]
本当にあなたオリックスが嫌いなんですね(笑)
そもそも「もし入院が長引いても大丈夫なように」という理由で選人もいて
それでいて他社の60日型と料金がさほど変わらないんだから別にいいと思うが?
いちいち難癖付けてたらキリがない。
どの保険も一長一短。
それともおたくさんは他保険会社の工作員か?
2014/02/11(Tue) 17:34 | URL  | 保険屋 #-[ 編集]
FP
別に3大疾病ばかり煽ってるわけではないですけど・・
なんというか、本当に一部分を取り上げて難癖付けてるようにしか見えません。
統計に基づいた上で設計されており、
ただ他社の60日型と料金がさほど変わらない点がメリットです。
同じ料金で、一律60日型の保険と3大疾病無制限ならあなたはどちらを選びますか?もっとシンプルに考えて頂きたいものですが。
ハッキリいいますが、あなたの狭い視野と判断力で決め付けたような言い方をしないでください。
もしくは。「この保険は世間ではこういわれてるけど、自分はこう思う」という書き方にした方がいいですよ。
いきなり「ダメ保険」だとか「入るべきではない」とか書かない方があなたのためです。
もう少し言い回しに気をつけましょうね。
2014/02/11(Tue) 18:02 | URL  |  #-[ 編集]
やれやれ
他人のホームページにやってきて面倒な方ですね。
コメントの印象、最悪ですよ。

ご丁寧に他の閲覧者の心配をして下さいますが、
ここに来るような人間は無知ではないでしょう。
2014/02/11(Tue) 22:52 | URL  | 横ヤリ #-[ 編集]
必要
こちらのサイトは、非常に丁寧に作られていて、参考にされている方も多いと思います。
私も、こちらのお蔭で、沢山の方とお話し出来、楽しい時間を過ごさせてもらい感謝しております。

ただ、決め付けたような言い方、書き方、言い回しには
私も残念に思う部分があります。

人様が作っているホームページなのだから、ほっとけばいいじゃないか、嫌ならのぞかなければいい、参考にしている方も最後は自己責任なのだからほっとけば・・・と言われるかもしれません。
ですが、あえて書かせて頂くのは、大事な部分を失ってしまう読者が出るのが嫌だからです。

無駄な保険を省けて助かる方も出るでしょう。
ですが、地獄のような生活に追いやられる方が出ることも。
それでも最後は、「自己責任」・・・ですもんね。


保険屋さまやFPさまのようなコメントをくださる方もココの読者にとっては必要だと思います。


読者のみなさまも、こちらの管理人さまは公務員であること。
基本的に、付加給付対象者向けという事を忘れないで欲しいです。
http://hokenno3704.blog60.fc2.com/blog-entry-90.html

記事が充実しすぎて、その点を見落としている方も多いかと思います。

2014/02/12(Wed) 12:05 | URL  | yui #MF8IyTP2[ 編集]
Re: 必要
管理人です。

◆保険屋様
オリックスの保険が多々でてくるのは、当時FPの選ぶ保険1位などと言われ、需要が多いと判断したからで、その後姉妹商品、新商品に波及しただけです。まったく他意はございません。

なお、もちろん他社の工作員ではありません。このブログを通して、私の成約件数や給料が増えるでもないので、有り得ません。


◆名無し様
本文にあるとおり、私も一般的な60日型の医療保険よりは有意義だと思います。

書きぶりについてのご指摘は真摯に受け止め、今後改善していけるよう努力いたします。


◆横ヤリ様
こちらでも私を庇って下さり、まことにありがとうございます。嬉しいです。


◆yui様
中立なご意見、ありがとうございます。今後、書きぶりには注意していこうと思います。
2014/02/12(Wed) 21:54 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
僭越ながら申し上げます^^;wife
管理人様、皆様、ごぶさたしております。
保険屋様、過日はお世話になりましてありがとうございました。
(私はベストゴールドに変更したいけれど、ガン経験者ということで
加入できず残念に思っています。)

yui様、読者の広場で、親切にご回答いただきましてありがとうございました。
ちょっと・・・いや、正直かなり体調が悪く(笑)、お礼を申し上げるのが遅くなりましたことお詫びいたします。

「書き方」についてですが、仕事をしながら
管理人さんは精一杯頑張って記事を更新して下さっているのではないでしょうか。
私も、自分の文章を後で読み返してみて顔から火が
出そうに感じることも多々あります。

みんなに気に入ってもらえる文章を書くなんて、きっとプロでも難しいのではないでしょうか?
お互いに、足りないところは優しく指摘しながら、
お互いに高め合って(→偉そうな言葉になっちゃいました!)、
昨日よりも、今日、保険だけでなく、いろんな知識を増やしていきたいと思います。いろんな方の考え方を聴くだけでも勉強になりますよね!

1人で悩むよりも大勢で意見を出し合って
その意見を参考にして、最後は「自己責任で考える」

すごく難しいことですが、せっかくここで出逢ったのですから・・・
皆さん、お互いに仲良く楽しく、
「ああでもない!」「こうでもない!」って、率直に話をしましょうよ。

言い切り口調については、自論を一生懸命展開する時には、どうしてもそうなってしまうものではないかな?
(え?私だけかしら?)

私は、今こうして管理人さんと話している方々が、
読者の広場で悩んで記入している私に対して、『率直に』
どんな風に答えて下さるのか・・・とても興味があります。
もしよろしかったら、ご多忙のところ恐れ入りますが、
読者の広場で助けていただけないでしょうか?
(保険屋さんのようなプロの方に聞くのは失礼だと
承知しておりますが、聴かせていただきたいです♪)
もちろん、最終的には自己責任だと考えております。

生命保険。65歳までしか考えていなかったんですよ。
yuiさんからのコメント拝読して、ない智恵を絞っています。
よろしかったら、辛辣でいいので率直なコメントをお願いいたします。
(傷つきませんので、率直にお願いします。
それを読まれた読者の方のお役には立てるのではないかと思うからです)

2014/02/13(Thu) 22:54 | URL  | Wife #hCMSB6xo[ 編集]
新CUREは公務員にはベストの場合も
管理人様

同業者ですが、自治労共済の団体生命共済や長期共済と相性の良い民間保険とはなにか?という観点から検討したところ、自治労共済と組み合わせるなら、新CUREもなかなか良い保険だと思っております。

まぁ、団体生命共済や長期共済の不足点(主に三大疾病保障)を『不足点と思うような方』にとって、割安な価格で何か一つ民間医療保険に入るとしたら?という前提条件がそもそもあるのですが・・・

団体生命共済や長期共済は、『自治労の保険だから』という理由で何となく信用されているようなのですが
実際、特に退職後医療保障が酷いので、1人でも多くの同業者に正確な知識をもってもらいたいと考えております。

下記のサイトに纏めております。ぜひご意見をいただければ幸いです。

長期共済で得する人損する人 | 長期共済の隠れた欠点
http://xn--b6q614cx1ew97b.com/

自治労共済を徹底比較 | 自治労共済の欠点
http://xn--b6qp4ad58cegbbz8c.com/


2016/02/18(Thu) 00:47 | URL  | 自治労太郎 #yl2HcnkM[ 編集]
Re: 新CUREは公務員にはベストの場合も
管理人です。

自治労太郎様、コメントありがとうございます。

「退職後医療保障」見てみました。ご指摘のように、あまり良い内容ではありませんね。この内容なら民間医療保険のほうに分がありそうです。
2016/02/20(Sat) 03:33 | URL  | 管理人⇒自治労太郎様 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。