上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 終身生命保険8タイプのうち、死亡保障だけの4タイプは説明しましたので、死亡保障に加えて別の保障がある4タイプを挙げて、説明しましょう。

【5】 生前給付型。 三大疾病も不安な心配性向け

type5.gif

保険例:生前給付保険(終身型)(無配当)
商品名:リビング・ベネフィット=ソニー生命
保障:死亡・三大疾病1000万
月額保険料:29,040円(35歳男性、60歳払込)
総払込保険料:871万円
(保障が500万円なら保険料14,600円、総払込438万円ぐらいか)
返戻率:90%前後(60歳の払込終了直後)
説明:死亡か三大疾病で1度だけ保険金が貰える。

 例えば、ガンで保険金を貰ったら、脳梗塞、心筋梗塞、死亡の保障は無くなる。

 価値観次第だが、決して悪くない保障内容。特定疾病保障保険や三大疾病保障保険とも呼ばれる。


【6】 医療保険型。 医療保険も欲しい欲張りさん向け

type6.gif

保険例:死亡保障付医療保険(無配当)
商品名:リリーフダブル=オリックス生命
保障:死亡500万、入院1日1万円 など
月額保険料:13,924円(35歳男性、60歳払込)
総払込保険料:418万円
返戻率:60歳の払込終了までは0%。以降は少し有り。
説明:終身死亡保険と終身医療保険の合体版。

 解約返戻金が無いか少ない代わりに、別々に加入するよりもかなりリーズナブル。

 医療特約だけの解約が出来ないので、医療保険の乗り換えは実質的に不可能。

 返戻率が低いので、不測の事態において解約返戻金を充てにすることは出来ない。


【7】 介護保険型。 介護も心配な堅実派向け

type7.gif

保険例:低解約返戻金型終身介護保険(無配当)
商品名:長生き支援終身=あんしん生命
保障:死亡・要介護500万
月額保険料:13,840円(35歳男性、60歳払込)
総払込保険料:415万円
返戻率:100%(60歳の払込終了直後)
説明:死亡か要介護2以上で1度だけ保険金が貰える。

 そのため、要介護で保険金を貰ったら、死亡の保障は無くなる。
 

【8】 年金等移行型。 老後に不安を抱える人向け

type8.gif

保険例:低解約返戻金型終身保険(無配当)+各種特約
商品名:WAYS(ウェイズ)=アフラック
保障:死亡500万(将来、年金型などに切替可能)
月額保険料:12,910円(35歳男性、60歳払込)
総払込保険料:387万円
返戻率:102%(60歳の払込終了直後)
説明:初めは死亡保障のみだが、将来的に年金や医療保障に切り替えることが可能な保険。

 現役時代はひとまず死亡だけが心配だが、老後はむしろ入院や介護、年金が不安だという人にピッタリ。


関連記事1:8タイプから選ぶ『終身生命保険』(死亡保障だけの4タイプ)
関連記事2:8タイプから選ぶ『終身生命保険』(死亡保障だけじゃない4タイプ)
関連記事3:8タイプから選ぶ『終身生命保険』(8タイプの選び方)


※画像は、各保険の公式HPのものを使用しております。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。