相談者:emi様

結婚を機に保険に加入したものの、FPの方の言われるままに加入をし、自分でネットで調べているうちに、こちらへたどり着きました。

不躾ながら、現在加入の保険について、
管理人様のご意見を賜りたく、コメントさせていただきました。

主人(29)収入550万ほど
「医療保険」¥4600
ひまわり生命…日額1万円、60日型、保険料免除特約、先進医療特約、七大生活習慣病追加特約

「収入保障保険」¥6,000
ひまわり生命…無解約返戻型、65歳まで、月額20万円、年金支払保証期間2年、特定疾病診断保険料免除特約、非喫煙者健康体特約

私(31)専業主婦
「医療保険」¥6000
ひまわり生命…日額1万円、60日型、保険料免除特約、先進医療特約、七大生活習慣病追加特約

子供は今はおりませんが、近いうちに一人目を、将来的には2人くらいと考えております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


ご相談ありがとうございます。保険は難しいですし、「専門家のFPが言う設計なんだから間違いないだろう」と考えてしまうんですよね。私もそうでした。なお、ご主人の就業形態が不明ですが、サラリーマンであるとして、回答していきます。

まず、医療保険は両方とも解約したほうが良いと思います。医療保険に加入するならば、長期入院に耐えられる設計でなければなりません。60日入院したところで、医療費と病院での食費の合計は20万円程度です。20万円程度の事態のために保険料を支払うべきではありません。詳しくは「医療保険に入るなら(1入院限度日数)」をご参照下さい。

一方で、長期入院対応を選んだとしても、長期入院患者の多くは5年以上入院しているので、既存の3年程度の入院しか保障されない医療保険では不十分と考えられます。また、3年以上の入院にも対応できる所得補償保険も長期入院の主因である精神疾患をカバーしていないので、不十分と考えられます。よって、入院に対する保険加入は見送るという選択も有りです。現に私は、この理由から医療保険も所得補償保険も「不要」と考えています。詳しくは「医療保険に入るなら(長期入院の確率と原因)」をご参照下さい。

また、保障期間が明記されていませんが、保険料から考えて「終身」保障だと思います。なぜ、終身保障を選んだのですか。もし「何となく終身のほうが安心だから」とう理由ならば、考えてみて下さい。老後の年金生活後に入院したところで、現役時代と違って収入は不変です。しかも、70歳以上は高額療養費制度が手厚くなります。果たして老後の保障も必要でしょうか。必要だとしても、現役時代並に必要でしょうか。

今後医療制度改悪の可能性もあるから「終身保障が必要」という考えも分かりますが、医療技術の進歩、保障の陳腐化、インフレによる貨幣価値の下落、移民受入による医療制度の維持の可能性だってあります。今から30年以上も先のことを不安がり、安易に終身保障を選ばないでほしいと思います。老後は老後で保障額を減らして加入するという選択肢も考えてみてください。詳しくは「医療保険は不要(65歳以上で尚更不要)」をご参照下さい。

次に収入保障保険ですが、こちらは特段コメントすることがありません。住宅ローンを組んだ場合(契約者が死亡した場合にローンがなくなる保険に加入させられる)やお子様の学業が終わりに近づいた場合などには、保障額の減額ないし解約を検討することを忘れないで下さい。

最後に全体を通してですが、医療保険にしても、収入保障保険にしても、保障額が高すぎる気がします。ただ、医療保険なら傷病手当金、収入保障保険なら遺族年金、それぞれの受給額を勘案した結果の保障額設定であるならば、それはそれで結構でございます。

大変、参考になるご意見ありがとうございます。
FPの方からは、加入するときに同意しているのだからとか、今後の医療制度がどうなるかわからないとか、今後はインフレになるからいい保険がもっと出てくるから 見直しを前提とした保険に入るのがいいなど言われ、あと2年くらいは加入してもらわないと困ると引き止められておりますが、管理人様からのコメントで解約に決心がつきました。

収入保障保険は、三井住友あいおい生命のものに変更を検討し、
(60歳払込、80歳まで保障、5年型、保険料13360円、総払込保険料496万9920円、61歳時解約返戻金569万7460円)

医療保険は未加入で、がん保険をとも思ったのですが、主人が不安と言っておりますので、富士生命のがん保険ベストゴールド(給付金200万円、終身払込終身保障、初回診断一時金特約100万円+670円、先進医療特約+75円、総保険料3365円)

もしくは

ソニー生命の総合医療保険
(730日型、日額5000円、60歳払込、終身、先進医療特約+55円、保険料免除特約+373円、総保険料5963円)
に変更を検討することにいたしました。

以上の方向で考えておりますが、
ここをやめた方がよいというような点はございますでしょうか?


参考になったようで幸いです。

それにしても酷いFPですね。「2年くらい加入してもらわないと…」とは、2年以内に解約されると手数料収入を返さないといけないからですよ。そんな私利私欲を第一に考えるFPとは縁を切ってしまいましょう。

ただ、そのFPが言う「見直し前提で保険加入」には私も賛成です。昨今「国債暴落(=金利上昇)」が囁かれていますし、今の低金利時代に金利上昇に耐えられない貯蓄型保険に長期にわたって加入することは危険だと思います。

その観点に立つと、emi様の選択した収入保障保険と医療保険は、利率固定で無配当です。特に収入保障保険に関しては、今後30年間は解約返戻金が0円のため事実上解約できません。市場金利がいくら高くなろうとも、インフレが進もうとも解約できないのです。もちろん、ソニーの医療保険が切れるほどの入院を余儀なくされた場合、リストラにあった場合にも解約は難しいでしょう。

なぜ、あいおいが高額な死亡保障も兼ねながら、返戻率の高い保険を売ることができるのかを考えたとき、それは「解約せざるを得ない状況に陥る人がいる」からに他ならないでしょう。自分が陥らない側の人間である保証は何らありません。ですから短期払の収入保障保険はあまりお勧めできないのです。リスクが高すぎる気がするのです。契約するならば、一度加入したら30年間解約できないので慎重に慎重に判断して下さい。

ソニー生命の医療保険についても、同様の理解から低金利下においてはあまり魅力的ではないというのが私の感想です。また、あいおいの収入保障保険のほうは掛捨保険に入らないで済む分も加味すると実質的な返戻率は結構高く魅力的ですが、ソニー生命の医療保険は掛捨終身医療保険と比べてそこまで魅力的な返戻率ではありません。しかし、ソニー生命の医療保険はいざという時には解約返戻金が終始ありますし、この低金利がまだまだ続く可能性だって否めないので、そこまで慎重になる必要はないのかもしれません。

がん保険については、初回診断給付金の増額は必要でしょうか。初回だけ増額する意義は何でしょうか。がんの問題は治療が長期にわたり、医療費が長期間必要なことだと思います。初回を増額するよりも、額が少なくなってもいいから長期間の治療に耐えうるよう複数回払の給付金を増額したほうが有意義だと思います。ただ、複数回払が既に200万円もあるので、初回の特約を丸々削ってしまってよい気がしますが。ベストゴールド自体は、診断給付金(+先進医療)のみと無駄がない設計なので良いと思います。

そして、医療保険かがん保険、どちらにするか悩んでいらっしゃるようですが、傷病手当金が需給できるなら「がん保険」、受給できないなら「医療保険」が良いと思います。

以上、否定的な意見が多くなってしまいましたが、ご参考いただけると幸いです。


スポンサーサイト