上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 結論としては「2,200+α+β円」です。

 まず、「2,200円」は「入院費」です。前回お話したとおり短期入院で試算する意味はないので、長期入院で試算します。医療費は高額療養費制度を踏まえ一般所得者の4.4万円/月、病院食事代は2.3万円/月(260円×3食×30日)です。よって、入院費は月額6.7万円、日額で「2,200円」です。

 次に「+α」は生活支出で、毎月の家族の生活費、学費、ローンや家賃等々です。御自身の家庭事情を考慮して設定して下さい。入院者の食費や被服代が不要になる点、入院から1年半の間は傷病手当金として給料の6.6割が支給される点も考慮して下さい。

 最後に「+β」は不確定要素に備える額で、高額療養費制度の上限が将来アップした場合、差額ベッド代、インフレ等々です。ちなみに、私でしたら「0円」で設定します。差額ベッド代は、差額ベッド代を徴収しない全日本民医連の病院に入院するなり、大部屋への移動を熱望するなどで回避し、医療制度改悪やインフレなどの不確定要素は貯金で対応します。過度な保障額の設定は今の生活を圧迫します。

 なお、老後の入院はあまり気にしないで良いと思います。入院中も年金は支給され続けますし、学費やローン等の重い支出負担も済んでおり、賃貸住まいでなければ過度の負担はないでしょう。次回は、「医療保険に入るなら(先進医療)」です。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。