上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 車両保険には「免責額」の設定がありますが、あなたは「免責額」を正しく理解していますか。実は、車対車の比較的大きな事故の場合、「免責額」で自腹を切ることは少ないのです。まずは具体例を挙げて考えてみましょう。

 「A」は免責額10万円の車両保険に加入しています。そんなAの車とBの車が接触事故を起こし、双方の車にそれぞれ30万円の損害が生じたとします。過失割合は50:50です。この場合において、Aは車両保険の免責額10万円を負担する必要はありません。それは何故か。まずは、各損害に対して支払われる保険金を確認しましょう。

Ⅰ Aの保険によるA車の車両保障 ⇒ Aに20万円
(A車修理費用30万円-免責額10万円)

Ⅱ Bの保険によるA車への対物賠償 ⇒ Aに15万円
(A車損害額30万円×Bの過失割合50%)

 このままでは、Aは修理費用の30万円をも超える35万を受取ってしまいますので、調整が入ります。この調整こそが、「免責額」によって自腹を切る事態が回避されるキモの部分です。車両保険の約款には概ね次のような記述がなされています。

 『相手からの賠償金が自己負担額を超えるときは、その超過分を差し引いた保険金を支払います。』
 ※「自己負担額」とは、免責額で自腹を切る額はもちろんのこと、車両保険の諸費用保障額(レッカー移動その他事故に付随して発生する費用。車両保障額の10%か15万円のどちらか高いほうが上限)を超えて自腹を切った額も含まれます。


 これを踏まえ、再度保険金の受取額を確認すると、次のようになります。

Ⅰ Aの保険によるA車の車両保障 ⇒ Aに15万円
(A車修理費用30万円-免責額10万円-(Ⅱの賠償金15万円-免責額10万円))

Ⅱ Bの保険によるA車への対物賠償 ⇒ Aに15万円
(A車損害額30万円×Bの過失割合50%)

ご覧のとおり、Aは免責額10万円の設定がありながら、実際は自己負担0円で車両損害額と同額の30万円を受取ることができるのです。このように実は「免責額」は、車対車の場合は自腹を切らないで済むことが多いのです。免責額を設けたとしても、事故の度に免責額分の自腹を切るということではないのです。もし車両保険の免責額を「0円」で契約しているなら、免責金額を設けて保険料の節約を図るべきだと私は思います。

 ちなみに、免責額10万円の場合に、自腹を切らないで済む車両損害額の下限は次のようになります。もっとも、下限を下回っても、相手からの賠償金があるので全額自己負担となることは殆どありません。

◆過失割合が『自分20:80相手』の場合
 ⇒ 自分の車に12.5万円以上の損害があれば、自己負担0円
◆過失割合が『自分50:50相手』の場合
 ⇒ 自分の車に20万円以上の損害があれば、自己負担0円
◆過失割合が『自分80:20相手』の場合
 ⇒ 自分の車に50万円以上の損害があれば、自己負担0円


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。