○名前:ぴよすけ
○性別:男
○年齢:20代
○職業:公務員
○ページを立ち上げた理由:無駄な保険料を払っていないか今一度確認してもらいたいため。

 私の家計は正直厳しいです。若手の公務員の給料は、皆様の想像以上に厳しいのです。そんな中、娘の誕生をきっかけに「保険に加入しなければ!」と、思い立ちました。

 しかし、生命保険、医療保険、学資保険に加入しようとしたら、毎月2~3万円の支出になり、家計が著しく厳しい状態となるのは明白でした。

 そこで、保険料の節約を図るため、「なぜ保険に入るのか」、「私の家庭で必要な保険は何か」、「保障額はいくら必要か」などなど保険の問題を半年以上にわたって調べました。

 その結果、保険は、相互扶助以前に保険会社が儲かるように仕組まれており、私達にとっては無駄の多い商品であることに気付くことができました。なお、私が最終的に選んだ保険は「私の選んだ保険」カテゴリに記載致しました。

 私は、必要な保険に必要な額で加入できたと思います。しかし、「他の人達はどうであろうか?」と思いを馳せたとき、「多くの人は保険について詳しく理解しないまま、代理店の言うがままに契約してしまっているのではないか」と、他人事とは思えない気持ちに駆られました。

 そこで、保険について調査して得た情報を多くの人に知ってもらいたいと考え、本ブログを開設することにしました。年収が低めの方は、特に共感を得られるかと思います。
 
 このブログを通して、保険について納得・理解した上で契約する人、見直す人が1人でも多く増えてくれれば良いなと思っております。

○保険を理解するために参照したもの
・保険を必要と説くもの-各種保険のパンフレット、保険会社のHP、その他ネット情報等
・保険を不要と説くもの-「医療保険なんていりません!」(荻原博子著、2009年10月、洋泉社)、「医療保険は入ってはいけない!」(内藤眞弓著、2010年1月、ダイヤモンド社)、「生命保険の闇:今すぐできる!生命・医療保険の入り方・やめ方」(藤原龍雄著、2008年3月、フォレスト出版)、「生命保険はだれのものか:消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと」(出口治明著、2008年11月、ダイヤモンド社)、「生命保険のウラ側」(後田亨著、2010年2月、朝日新聞出版)、その他ネット情報等



スポンサーサイト