学資保険の検討に当たって最も重視するものが返戻率でしょう。そこで、今回、学資保険向きで返戻率の高い商品を紹介します。

第1位 日本興亜生命の「新収入保障保険」
 被保険者:24歳男性
 死亡年金月額:5万円
 保険期間:80歳まで
 年金支払満了:100歳まで
 保険料払込期間:15年(7年前納)
 年額保険料:22.7万円
 総払込保険料:339万円
 契約1~7年後の解約返戻金:前納の未経過保険料分
 契約8~15年後の解約返戻金:0円
 契約16年後の解約返戻金:430万円(127%)
 契約30年後の解約返戻金:461万円(136%)
 契約56年後の解約返戻金:0円
 契約1年後の死亡保障:4,560万円、2,486万円(一括受取)
 契約10年後の死亡保障:4,020万円、2,339万円(一括受取)
 契約30年後の死亡保障:2,820万円、1,910万円(一括受取)
 メリット:高額な死亡保障と高い返戻率を兼ね備えた有力保険。通常加入する掛捨ての死亡保険も不要或いは大幅に減額できるので、実質的な返戻率は更に向上。
 デメリット:保険料払込期間の返戻金が0円なことが最大のリスク。そのため、不測の事態が発生しても解約困難。
 コメント:前納なしの年払契約でも返戻率が1%程下がるだけなので、16年目で126%の返戻率を出すためには、年利2.5%の複利運用が必要。現在の低迷した日本の金利を鑑みるに、この利率は素晴らしい。解約返戻金が0の期間があるというデメリットを甘受できれば最高の保険。なお、私の場合、当該デメリットに加え、払込保険料の負担が重いので断念しました。

 募集停止:日本興亜生命とひまわり生命の合併により加入できなくなりました。三井住友海上あいおい生命で同様の保険があるそうなので、後日更新したいと思います。

第2位 アクサ生命の「低払いもどし金型定期保険 フェアウインド
 被保険者:24歳男性
 死亡保険金:300万円
 保険期間:98歳まで
 保険料払込期間:15年
 総払込保険料:128万円(全期前納)
 契約1~15年後の解約返戻金:前納の未経過保険料も含めて約9割
 契約16年後の解約返戻金:160万円(125%)
 契約40年後の解約返戻金:220万円(172%)
 契約60年後の解約返戻金:263万円(205%)
 契約74年後の解約返戻金:0万円
 メリット:保険料払込期間中に不測の事態が生じても、元本は割るものの解約返戻金が受け取れる。
 デメリット:高額な死亡保障が別途必要なので、実質返戻率は低下。
 コメント:128万円を年利1.4%で複利運用すると16年間で150万円になる。

 募集停止:2012年12月を最後に15年払込の募集が停止されたとのことです。10年払込に続き15年払込も募集停止となるとは…不況ですね。各社で低解約返戻金型定期保険は扱っているので、他社のものでご検討下さい。なお、アリコのつづけトク終身の利率が良いとの情報もありました。ちぇる様、情報を下さり大変ありがとうございました。

参考 ソニー生命の「学資保険 スクエア
 被保険者:0歳男性
 契約者:24歳男性
 死亡保障:被保険者の場合は既払込保険料の払い戻し。契約者の場合は通常どおり満期受取金が支払われるのみ。
 総払込保険料:128万円(一時払)
 17年後の満期受取金:160万円(125%)
 解約返戻金:契約後数年で元本以上は戻ってくる。
 メリット:解約し易い。
 デメリット:生命保険料控除が1年目しか行えない。2位と比べて死亡保障が少ない。
 コメント:解約し易い点を除き、全てにおいて2位の商品が勝っているため魅力が乏しい。

 いかがでしょうか。他にも「低解約返戻金型終身保険」がありますが、この低金利時代では利差配当や利率変動の恩恵は受けられそうにありませんから、単純に返戻率を重視して2位のような同定期保険のほうが良いと思います。皆様の保険選びの手助けになっていれば幸いです。


スポンサーサイト