本来保険は、低廉な保険料で高額の保障を買う商品です。ガン保険も、この性質どおりなのか考察します。まずは、ガン保険と生命保険の定期保険について、被保険者は30歳男性、商品は割安を謳うネクスティア生命とし、同程度の月額保険料で比較します。

 商品名:カチッと定期
 保険期間:10年
 月額保険料:1,377円
 保険金:900万円
 40歳までの死亡率:0.86%(厚労省 平成21年 平均余命表)

 商品名:カチッとガン保険
 保険期間:10年
 月額保険料:1,300円
 診断給付金:200万円(1回限り)
 入院日額:2万円
 40歳までの罹患率:0.5%(最新ガン統計の現在年齢別がん罹患リスク)

 さて、万が一の場合にいくら支払われるでしょうか。生命保険は900万円です。ガン保険は給付金200万円と入院日額です。入院日額は、甘めに加味してガンでの平均在院日数の2倍に当たる50日とし、受取総額を200万円+100万円の計300万円とします。

 保険料が同程度にも関わらず、方や900万円、方や300万円です。しかも、ガンに罹患する確率のほうが低いのです。ガン保険の適正保険料を考えた場合、1,300×(300万/900万)×(0.5/0.86)=252円でしょうか。
上記試算を見る限り、少なくとも30歳男性が定期タイプのガン保険に入ることは、保険料として高過ぎるため、馬鹿らしいと言う外ありません。では、60歳男性ならどうでしょうか。

 商品名:カチッと定期
 保険期間:10年
 月額保険料:7,614円
 保険金:600万円
 70歳までの死亡率:11.4%(同上)

 商品名:カチッとガン保険
 保険期間:10年
 月額保険料:7,800円
 診断給付金:200万円(1回限り)
 入院日額:2万円
 70歳までの罹患率:14%(同上)

 さて、ガン保険で幾ら受け取れるでしょうか。高齢になると入院日数が延びますが、そもそもガン患者は高齢者に多く、全体平均も高齢者平均も2、3日しか差がないので、先ほど同様50日間入院したとします。よって給付金と合わせて300万円受け取れます。方や600万円、方や300万円です。

 この場合のガン保険の適正保険料は、7,800×(300万/600万)×(14/11.4)=4,789円でしょうか。30歳で契約するよりはマシですが、それでも生命保険と比べ4割弱も無駄な保険料を支払うことになります。

 10年間で96万円も支払っておきながら、86%の確率で全額が無意味と化し、14%の確率で受け取れても300万円です。一方、アフラックの調査や、がん治療費.comの示すとおり、14%の確率で罹患しても多くの場合、払込保険料と同額の100万円程の治療費で済みます。これをどう捉えるかは人それぞれですが、私は割に合わないと感じます。

 以上を通して考察するに、少なくとも定期タイプのガン保険が、低廉な保険料で高額の保障を備えている商品とは言えません。保険料分を積み立てた方が合理的です。では、終身タイプならどうか。「ガン保険はやや不要(費用対効果が悪い:終身)」へお進み下さい。


スポンサーサイト