ソニー損保の入院実費型の医療保険「ZiPPi<ジッピ>」について、りあむ様から私の見解を求められたので、考察してみます。

 結論としては、長期入院に耐えられないため、ダメ保険です。


◆まずは保障内容を確認

入院基本保障:診療報酬点数×3円(1カ月20万円、1入院120万円限度)
差額ベッド代特約:6,000円・12,000円/日
入院諸費用特約:1,000円/日
先進医療特約:実費補償(2,000万円まで)
保険タイプ:5年更新型
月額保険料(30歳男性):1,065円(入院基本保障のみ)
月額保険料(40歳男性):1,574円(入院基本保障のみ)
月額保険料(50歳男性):2,837円(入院基本保障のみ)


◆ソニー損保が掲げるZiPPiの強み

 さて、このZiPPiの強みとしてソニー損保が挙げるのは、「自己負担0円で入院できます」ということです。

 3日間の入院で治療費が10万円かかったとして考えてみます。この場合、従来の日額保障型の医療保険では、日額保障1万円だとしても3万円しか貰えません。

 しかし、ZiPPiなら10万円保障してくれるので、負担が遥かに軽いのです。


◆管理人の意見「ZiPPi加入余地は皆無」

 ソニー損保はこんなことを言っていますが、私には「弱み」にしか映りません。なぜそんな短期入院のために保険料を払わねばならないのか理解できません。

 短期入院は預貯金で対応すべきリスクです。この程度の損失・リスクに保険なんて不要です。年単位の長期入院など家計が著しく困窮するような事態に限って保険で備えるべきです。

 それでもZiPPiの保障内容が、「毎月20万円までなら入院する限り無期限保障してあげる」、という性質のものであったのならば、まだ検討余地はありました。

 しかし、1入院で120万円までしか保障してくれません。しかも長期療養を要するような傷病の場合、退院後180日以内の入院は継続入院としてカウントするという設計です。

 そして、差額ベッド代保障などの特約達も同様に上限が設けてあり、もはやZiPPiの加入余地は皆無です。


スポンサーサイト